【ホテル遊歩】

2016年11月04日

~【ホテル遊歩】ますます変化する「変なホテル」の変でないところ~

 あれは、昨年の9月だったか、長崎「ハウステンボス」場外に「変なホテル」(144室)がオープンした。どこが“変”なのかといえば、このホテル、人間がおらず、すべて“ロボット”が対応するという。エントランス・フロント・ルームキー渡し・ポーター、すべてロボットだ。さらには、ベッド脇には可愛いロボットが控えているという。そんな「変なホテル」を『デジモノステーション』が潜入取材(11月号・関口裕一氏)をしている。

 <2015年、長崎・ハウステンボスにオープンした「変なホテル」。果してロボットがメインで働くホテルの泊まり心地とはいかがなものであろうか? 外からみえるだけじゃわからないということで、実際に宿泊、体験レポートをお届けする>としている。

 <あれから1年あまりが過ぎ、2017年3月には千葉県浦安市に2号棟がオープンするという話題も聞こえてきた昨今――以前の報道では、世界に100店舗創ると発表している――いま長崎の「変なホテル」はどうなっているのかを明らかにするべく、実際に宿泊してきた様子を改めてレポート>するとしている。

 <パワードスーツが違和感ありすぎ! エントランスからロボだらけ><入り口で悠然と立ち尽くすパワードスーツは、このホテルのオープン前にテーマパークで活躍していたものとのこと。入り口のドアの向こうにはちゅーりーちゃん(後述)を始めとしたロボットが大勢でお出迎え!>

<16:10 チェックイン>

 <簡単すぎるチェックインも・・・正直、こっちみられると・・・怖いっす>

 <いよいよチェックイン。恐竜の言う通りにタブレットに名前を入力して、カードキーを受け取るだけ。こんなに簡単でいいのかと思うくらいスムーズ。>

<16:15 荷物預け>

 <ロボットアームの素早く精密な動作に驚愕!>

 <簡単な入力で、直ちにロボットアームが起動。このアームが結構巨大で存在感ありまくりなので、一連の動きをみていてもかなりの迫力を楽しめる>

<16:20 ポーターと客室へ>

 <実は相当賢いポーターロボット! 安全第一運転で部屋の前まで荷物を運ぶ>

 <液晶画面に部屋番号を入力するとフルオートで目的地へ出発。盗難防止のため、ポータ―の真後ろを歩かないと、すぐ停止。もちろん、正面から何かとぶつかることなく止まる安全仕様。運び終えると評価を求めてくるのはご愛敬>

<16:23 客室到着>

 <部屋に入る前に顔認証の登録をしておく!>
 <カードキーなしで部屋の出入りができる顔認証システム。どこまで認識できるか試してみたところ、自撮り写真をタブレットに表示しても反応せず。お見事です>

 <自撮り写真では開錠せず。セキュリティーバッチリ>

 <部屋に入ってみたところ・・・あら意外と普通? 見た目は普通のホテルですが、幅射パネルや人感センサーを備えた照明など、宿泊客が快適に過ごすための仕組みが多数存在。おや、ベッドサイドに何かいるぞ・・・。そう、このロボットこそ「ちゅーりーちゃん」なのです!>

 <バイリンガルな可愛いコンシェルジュちゅーりーちゃん>

 <音声を認識して、天気や温度をお知らせしてくれたり、照明の操作、館内のガイドなど身の回りのことを手助けしてくれるちゅーりーちゃん。つい用事がなくても話かけてしまい、そして反応がないとこっちがヤキモキさせられる。かと思えば、「可愛いね」と喋りかける声には敏感に反応し、多くのリアクションをする小悪魔っぷりを発揮。彼女をいかに攻略し関係性を密にするかが、ホテル滞在をより快適にするための重要な要素なのです>という。

<17:00 ホテル内散歩>

 <様々なロボットと触れ合えるロビー、ピアノの演奏ももちろんロボットが、ロビーにはpalmi やRobiなど、コミュニケーションロボットと自然に触れ合える空間が。可愛くて、思わず話しかけちゃうお客さん多数>

<翌朝10:00 朝の散歩>

 <お客さんのために、黙々と働くロボットたちと遭遇>

 <芝刈り、窓拭き、掃除・・・。午前中はちょっとあるくだけで、数多くの働くロボットとすれ違います>

<11:00 チェックアウト>

 <チェックイン同様の簡単な手続きも>ロボットの<夢子さんの美しさに手が止まる>

 <表情筋の細やかな動き微妙に表情を変化し続けているフロントのロボット「夢子さん」をしばらくみつめていたら、正直ドキッとしてしまいました>

 <泊まってみての素直な感想は、いい意味で普通のホテルだったということ。たしかにロボットや最新技術は駆使しているものの、それが前面に出てくることがなく、あくまでもさりげなく宿泊者にとって快適な空間を作り出すために使用されている印象でした。唯一、客室にいるちゅーりーちゃんだけは別だけど>

 <「変なホテル」では、従業員と接する機会がほとんどなく、最低限の事務的なコミ二ケーションを取る必要すらほぼありません。しかしながら、そんな状況に不安を感じることもなく、むしろ心理的にものすごくラクな気持ちになったことが個人的に大きな発見でした>という。

 かつて、「レジャー・ラブホテル」は、一方で“装置産業”ともいわれた。それは、家庭・自宅にはない“装置・物”が存在していたからである。ところが近年、家庭・自宅に劣っているホテルも少なくはない。たとえば、テレビ(その大きさ)、音響装置。これらの家庭・自宅にない空間が「レジャー・ラブホテル」であった。そこに、「レジャーホテル・ラブホテル」の“非日常・異日常”空間としての存在があったわけである。

 近年AI(artificial intelligence)なる言葉が跋扈している。いうなれば、人工知能ということだが、人口減少の日本の中で、人工知能をもったロボットは、ますます必要を増すことになろう。そして、この「変なホテル」のロボットたちは「レジャー・ラブホテル」とは違って、いわゆる“色”はないが、工夫しだいで、いくらでも面白いロボットが「レジャー・ラブホテル」に登場しても不思議ではない。例えば、客室選別機なるものがホテルの入り口に仰々しくあるが、あれほど大きなものは必要なく、ホテルの入り口に女性のロボットを配し、その胸にモニターを組み込んで客室を選ばせたら、もっと安く、もっと面白いものにならないだろうか。
 かつて、映画にもなった作品に、野坂昭如の『エロ事師たち』があった、最後の場面でエロ事師の小沢昭一が小舟の中で、女体の人形の下半身に細工をしている最中に夢中になり、気付いたら、小舟は流され海にでたという話ではなかったか。この人形が人工知能を有していたらどうなのか。しかも、より近い人間の肌であったら。AIの世界はますますおもしろいものになろう。そこにスマホ(スマフォにしたいが)とリンクしたら、途方もない世界となる。

*今朝は、わが通勤線はシステムダウンとかで、不通。しかたなく、別の電車に乗りました。しかし、会社に着いたら8時。どうということもなさそうですが、まだ、不通のようです。さぁ、今夜はどうしようか。寒くなったしね。

≪ラブホ専用・当日予約サービス「Buona notte」≫
当日予約に加え、事前予約も開始。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2905.pdf

≫≫『新ラブホテル経営論』の内容と購入申し込みはこちら

≫≫テイダン・ホームページトップ画面はこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 16:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月28日

~【ホテル遊歩】“民泊”規制改革会議について「全旅連」は~

 昨日、当ブログで≪“民泊”優位にするための規制改革会議 どうする“全旅連”≫として伝えたが、今朝、全旅連関係の某氏から、「全旅連事務通信」として「各都道府県組合理事長」宛てに送られた内部資料が寄せられた。以下に、その要点を伝える。

 <「国家戦略特別区域法」による外国人滞在施設経営事業についての、政令改正が10月21日の閣議で了解されました。つきましては、添付ファイルにて関係資料を送付いたします。

【政令改正ポイント】
政令で定める事項の概要として、一定期間以上使用させること等の政令で定める要件。

宿泊日数について、現在「7日から10日までの範囲内で自治体の条例で定める期間」
→「3日から10日までの範囲内において施設の所在地を管轄する自治体の条例で定める期間」
と、閣議決定され10月31日より施行されます。

―国家戦略特別区域法施行令の一部を改正する政令の概要―

1.政令案の趣旨
 内外観光客等の宿泊ニーズの急増に対応するため、国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業の要件を見直し、施設の使用期間を短縮するとともに、近隣住民との調整や滞在者名簿の備付け等を追加するため、国家戦略特別区域法施行令(平成26年政令第99号)の一部を改正するもの。

◇政令で定めるべき事項の概要(特区法第13条第1項)
○外国人旅客の滞在に適した施設で、<一定期間以上使用させること等の政令で定める要件>を満たすものについては、旅館業法の適用を除外することとしている。

2.政令案の内容(特区政令第12条)
○現在、特区政令で、「7日から10日までの範囲内で自治体の条例で定める期間以上」と規定している「最低宿泊・利用日数」について、地域の実情により異なる宿泊施設の不足状況等に適切かつ迅速に対応できるよう選択肢の幅を拡げるとの観点から、施設を使用させる期間を、「3日から10日までの範囲内において施設の所在地を管轄する自治体の条例で定める期間以上」であることとする。

○あわせて、現在、通知で措置している近隣住民との調整や宿泊者名簿の設置などの措置を、より効果的かつ透明なものとするため、
・<滞在者名簿>が施設等に備えられ、これに滞在者の氏名、住所、職業その他の厚生労働省令で定める事項が記載されること。
・施設の<周辺地域の住民に対し、>当該施設が国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業の用に供されるものであることについて、<適切な説明>が行われていること。
・施設の周辺地域の<住民からの苦情及び問い合わせ>について、<適切かつ迅速に処理>が行われること。
を政令の事業要件として法令上明記することとする。

3.スケジュール
公布日:平成28年10月28日(金)
施行日:平成28年10月31日(月)
以上

*関東は、昨日の天候から一転。“寒い”ほどです。休日は、某ホテルのオーナーさんに誘われて、大好きな芝刈りですが、どうなることやら。まぁ、ゴルフはヘタでも楽しいものですが・・・。


≪ラブホ専用・当日予約サービス「Buona notte」≫
当日予約に加え、事前予約も開始。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2905.pdf

≫≫『新ラブホテル経営論』の内容と購入申し込みはこちら

≫≫テイダン・ホームページトップ画面はこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 13:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月27日

~【ホテル遊歩】“民泊”優位にするための規制改革会議 どうする“全旅連”~

 <政府は10月24日、規制改革推進会議を開き、ホテルや旅館の営業を柔軟化するため旅館業法の抜本改正に向けた検討に着手した>と、25日の『訪日ビジネスアイ』は伝えた。

 ここでの「規制改革」と言う名の改正案は、現状の「旅館業法」をナシ崩しにし、「民泊を宿泊施設として、どう認めるか」という結論ありきの議論にすぎない。

 そのため<最低客室数やフロント設置義務に関する規制を緩和すべく年内にも意見を>まとめる。<宿泊客の本人確認のため設置が義務づけられていたフロントに関する規制については撤廃を目指す。本人確認はIT技術を使ってできることでフロントのスペースが不要になり、より小規模な設備でも宿泊施設を営める>としている。

 また、<旅館業法については現在、所管の厚生労働省が「ホテル」や「旅館」の区別をなくす法改正などを検討している>という。

 かつて「レジャー・ラブホテル」業界は、幾多の法・条例改正で泣かされてきたか。代表的なのは1985年の「新風営法」改正時であり、さらには1999年の「風営法一部改正」(風俗関連営業3号営業から店舗型性風俗特殊営業4号営業に)だ。霞が関は、業界に対して、明確な説明責任があろう。

 たしかに、いわれるアベノミックスの経済論の一つに、「観光立国論」があることは結構なことではあるが、そのためには、ある一つの国からのパーセンテージが高すぎるのはいかがなものか。2、3日前の韓国の『中央日報』『朝鮮日報』は、中国政府が決定した「韓国には中国人旅行者を前年の20%以上減らせ、買い物は1日1回にしろ」。或いは、台湾において蔡英文総統が誕生した時の措置においても同様であった。いま、台湾では観光業者のデモが盛んだという。

 日本は今期(1~9月)、1,797.7万人の訪日外客がある。しかし、そのうちの9月期を例にとれば、74.6%は東アジア(中国・韓国・台湾・香港)であり、さらにその中でも、中国は37.4%も占めている。これでは、「観光立国」とはいわない。第2、第3の台湾にならないことを祈りたいものである。

*先日の報道によれば、煙草を1箱・1000円にする案があるとか。自民党の愚か者が考えているとのこと。本当にこいつ等バカだね。小欄は10代から煙草を始め、今日では1日3箱。毎日、最寄駅の売店のおばちゃんにおはようの挨拶をすると、何もいわずとも、いつもの煙草と宣伝用のライターが付いてくる。完璧に出来上がった意思の疎通だ。そういえば、疎通がなかったのが、高校生の16歳の時か。忘れもしない、有楽町の改札前の喫茶店で学校帰りに仲間と煙草を吸っていたら、ヤーサマらしき男が近寄ってきて、「君達高校生だろう。ここに、氏名・住所を書け」ときた。まぁ、補導ですね。あの日以降、一週間は眠れなかったが・・・。1000円はないよね。ラーメン・週刊誌・煙草は同一金額であったはずだが、何時から変わったのか。アメリカのドナルド・トランプかフィリピンのドゥテルテ大統領の方が、マシかな。

≪ラブホ専用・当日予約サービス「Buona notte」≫
当日予約に加え、事前予約も開始。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2905.pdf

≫≫『新ラブホテル経営論』の内容と購入申し込みはこちら

≫≫テイダン・ホームページトップ画面はこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 15:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月10日

~【ホテル遊歩】熊本地震で宿泊キャンセル52万泊 ラブホは開店できずも~

 4・14の熊本地震の影響が収まらない。発生から25日を過ぎた昨日までの余震(震度1以上)は、1,300回を超えているとか。想像を絶する日々のようだ。言葉もない。

 そんな中、九州全域でのGWを含めた宿泊施設のキャンセル件数が集計された。2日の『産経ニュース』が伝えた。

≪九州宿泊キャンセル52万超 GW直撃に業界痛手≫

 <熊本地震の影響で、九州各県の宿泊施設が計52万泊を超える予約をキャンセルされたことが2日、分かった。熊本、大分両県でそれぞれ約15万泊と多く、被害が少ない他県も外国人客や修学旅行などの取り消しが広がっている。書き入れ時のゴールデンウィーク(GW)が直撃され、訪日客の増加で好調だった九州の観光業界に大きな痛手となった>

 <最初の揺れがあった4月14日以降の取り消しに関し、各県や観光業界団体の集計を積み上げた。調査結果が非公表の鹿児島県については、主要な観光地を抱える鹿児島、指宿、霧島各市と屋久島町の回答を合計。福岡県は調査していない。熊本県は熊本市と南阿蘇村が集計の対象外となっており、実際の取り消し数はさらに膨らみそうだ>という。

 <熊本県では、県と阿蘇市観光協会の調べで、GW期間終了までに14万6千泊のキャンセルが入った。熊本城や阿蘇山の草千里ケ浜が見物できず、代表的な観光ルートの不全状態が続いている>

 <別府や由布院といった有名温泉地を抱える大分県は、約15万泊がキャンセル。由布院はGW初日の4月29日に再び震度5強の地震に襲われ、復調の兆しに水を差された>

 <長崎県では、113施設を対象に調査した結果、100施設で約7万3千泊の取り消しを確認。うち4泊以上を修学旅行などの団体客が占めた>

 <宮崎県も6月までで4万7千泊が取り消された。佐賀県は嬉野温泉などの主な温泉地で6月までに約1万5千泊。鹿児島県は3市1町の4月末までの分だけで約9万7千泊に上った>

 <交通網は九州新幹線と九州自動車が全区間で復旧し、アクセスは正常化しつつある。GW後半以降に向けて「キャンセルした客が再び予約してくれた」(鹿児島県内の旅館)と、客の戻りに期待がたかまっている>という。

 一方、熊本県内では、180前後のレジャー・ラブホテルがあるが、約10数店舗が開店できずにいるという。さらに、ある情報によれば、九州全域で売上が低下しているともいわれている。早い回復を祈りたいものだ。


*昨日の当ブログで大阪の「女性全裸遺体」記事を伝えたが、その後の情報によれば、当該のホテルは「R」で、主な客筋は“デリ系”ともいわれている。系列店に「K」があるという。また、別の情報によれば、本来の所有者は、関西お笑い芸人のS.Sという噂もあるという。

*昨日9日、注目のインバウンドホテル「ホテルWILL浦和」が一部オープン(新館・32ルーム)。中国からの客37人が到着した。グランドオープンは6月1日の予定で、現在進行中である。
≫≫リアルタイムレポート「業態変革!ラブホテルからインバウンドホテルへ」浦和篇はこちら。沼津篇はこちら

≪ラブホ専用・当日予約サービス「notte」≫
当日の空室のみを予約販売。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/27-01.pdf

≫≫『新ラブホテル経営論』の内容と購入申し込みはこちら

≫≫テイダン・ホームページトップ画面はこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 10:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月28日

~【ホテル遊歩】アルメ「Loveinn Japan」リリース ラブホを世界に発信~

 この25日、「レジャー・ラブホテル」業界の弱電最大手、(株)アルメックス(代表・馬淵将平)は、業界の新たなページを開くために、世界に向かって業界情報を発信、開始した。

 業界は、近年の売上・利用組数は一部を除いてますます低下傾向にある。殊に今年に入ってからの1~4月の利用状況は、明らかに予想外の数字を示している。関東のある郊外の「レジャー・ラブホテル」の集積地では、1カ月1ルーム、30万円前後がザラ。あるホテルでは、10万円にも達していない。そうなると、借入がないとはいうものの、運営上は“赤字”ということになる。赤字ということになれば、新規に改装資金の調達は不可能だろう。ますます“負のスパイラル”に埋没する。

 一方、宿泊施設を必要とする訪日外客数は、増加の一途を辿り、先月の「観光ビジョン構想会議」(議長・安倍普三)では、昨年の実績(訪日数・1、973万人)を基に、大幅に目標修正を発表している。それは、かつて2020年に2,000万人であったものが、4,000万人に、2030年では6,000万人という訪日目標数だ。しかし、2015年の1,973万人であっても、既にホテル・旅館などの宿泊施設は、現状で飽和状態。殊に、東京・大阪を始めとした大都市圏の宿泊施設は、その稼働率、90%前後に達している。

 いよいよ、「レジャー・ラブホテル」の“業態変革”の時ということか。

 このタイミングで登場したのが、アルメックスの「Loveinn Japan」だ。
 
 同サイトの特徴を、同社は、
(1)レジャーホテルとは何か。そのサービスの内容・文化・歴史等を紹介。
(2)チェックイン・チェックアウトの方法、外室する際の手順等、レジャーホテル独特のルールについて動画等で詳しく解説
(3)外国人へのヒアリングをもとに、外国人旅行者のニーズが高い項目をピックアップして掲載
(4)外国人ライター自身がレジャーホテルを取材し、印象や直接感じれてたこと等、リアルなレポートをネイティブの言葉そのままに発信
 としている。

 現在、同サイトでは、英語のみだが、訪日外客人の72%が東アジア(中国・韓国・台湾・香港)ということからみれば、早急に多言語化を急ぐ必要があろう。(「Loveinn Japan」はこちら

 先日、訪日外客対象の「ライブ・ジャパン・パーフェクト・ガイド・トーキョー」が立ち上がった。これは、飲食・交通・物販など、旅の総合案内版だ。ここでは、8言語を提供するという。

 アルメックスは、創立50周年を迎えるという。新たな挑戦のスタートともいえそうだが、今必要なのは、業界挙げての再生へのチャレンジだろう。その突破口になることを、期待したい。

 なお、弊社発行の『季刊LH-NEXT』vol.28は、本日発刊予定です。その特集の1つに、「業態変革・インバウンドホテル」を取材しておりますので、ご覧ください。

*よいGWを。

≪ラブホ専用・当日予約サービス「notte」≫
当日の空室のみを予約販売。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/27-01.pdf

≫≫『新ラブホテル経営論』の内容と購入申し込みはこちら

≫≫テイダン・ホームページトップ画面はこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 11:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)