【ホテル遊歩】

2019年05月28日

~【ホテル遊歩】特定技能、宿泊業で280人合格~

 宿泊業界の人手不足が叫ばれて久しい。そんな中、『共同通信』(5月25日)が、<外国人労働者の新たな在留資格「特定技能」のうち、宿泊業分野の初の試験結果が25日発表され、280人が合格した>と報じた。

<別の試験で日本語能力の基準を満たし、ホテルや旅館と雇用契約を結べば在留資格を申請できる。夏以降、接客や企画広報などの担当として働き始める見通しだ。特定技能の対象14業種のうち、試験結果の発表は外食、介護に続き3例目>

<宿泊業分野の試験は4月に国内7都市で行われ、391人が受験。合格率は71.6%となった。業界団体でつくる宿泊業技能試験センターは秋をめどに2回目を行うほか、ベトナムやミャンマーでの実施も調整している>

 しかし、4号営業は、対象外でもあるが・・・。

*小欄の気に入りの作家に、堂場瞬一がいる。彼は、既に100冊の作品を発表している。その70~80冊は文庫であるが、我が家の本棚には、その出版順に並べられている。先日の10日連休、『時限捜査』(集英社文庫)を読み返していたら、500ページあたりか、なぜか涙が・・・。これまでこんなことは考えられなかったが、堂場にも、涙を誘う場面があったとは。知らなかった。

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 09:31|PermalinkComments(0)

2019年05月23日

~【ホテル遊歩】アルメックス、マレーシアのホテルに自動チェックイン機納入~

 USEN‐NEXT GROUPである(株)アルメックスのマレーシア法人ALMEX System Technology Asia(通称ASTA)は、5月4日にマレーシアのペナン州にある「IXORAホテル」に自動チェックイン機を納入した、という。『JIJI.COM』が報じた。

◎チェックインからチェックアウトまでストレスなく可能
<本機は、チェックイン業務に関わる受付処理やルームカード発行だけではなく、チェックアウト業務やクレジットカードによる宿泊費清算の機能も有しているため、ホテルユーザーは受付カウンターで待つことなく、チェックイン・チェックアウトをスムーズかつストレスなく行うことができる>としている。

◎ウォークインのお客様やプラン変更にも対応できる柔軟性
<予約済みのお客様に限らず、事前予約のないウォークインのお客様にも対応し、その場で自由に滞在条件やお部屋を選び、ホテルをご利用いただくことができます。また、予約時の内容には含まれていなかった朝食券等の追加機能や喫煙部屋等への変更など、プラン変更にも対応します>という。

◎東南アジア特有の対応
<チェックイン時のパスポートスキャンだけではなく、マレーシアのIDカード読取りもできることや、東南アジアで一般的なデポジット決算にも対応したクレジット端末とシステムを搭載することで、チェックアウト時の追加清算まで含めたクレジット決算を、受付カウンターに寄らずに完結できる仕組みを搭載しており、マレーシアのホテル運用に合った画面フローおよび機能を実現した>という。

<当機の導入により、ホテルからは混雑時のユーザーの受付時間短縮およびストレス解消、受付業務の軽減によるスタッフおよびホテルの生産性向上を期待されている>としている。

*同ホテルは、326室、納入された台数は1台。対応言語は、英語、中国語、マレー語、日本語だそうだが、もう少し言語のハバを広げてもいいように思える。そのことによって、日本のレジャー・ラブホテルにおいても、インバウンド用に使用することは、可能となろう。期待したいものである。

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 13:53|PermalinkComments(0)

2019年05月22日

【ホテル遊歩】~ホテルラッシュの京都・10年後の稼働予想は・・・~

 訪日外客数が増加する中、来年の五輪にむかって、ホテルラッシュが続いている。ちなみに、昨日公表されたこの4月の訪日外客数は、2,926,700人(推計値)。来年の目標である、年間4,000万人ということからみれば、そろそろ月間300万人超えも、もう一歩ということになろうか。

 そんな中、「ニッセイ基礎研究所」は、2019年2月、2020年および2030年における宿泊施設の客室稼働率を都道府県別に試算して公表した(『ライブドアニュース』)。

<ホテル、旅館、簡易宿所の利用客数は、20年と30年の両方で17年を上回る見込みだ。ニッセイ基礎研究所の白波瀬康雄氏は「国内旅行客は人口減少や80歳以上の高齢者の増加によって減っていきますが、訪日外国人の増加分がそれを上回ります」と説明する>

<ただし、「国内旅行客の減少を訪日外国人の増加でカバーできない県が徐々に増えていき、地域による差が広がりそうです」。20年には利用客室数が12県で、30年には20県で減少するという予想だ。特に秋田、福井、高知は大きな減少が予想される>という。

<ホテルの客室稼働率で比較した場合、総客室数を17年の数字で固定すると、20年には大阪で、30年には東京、京都、大阪で稼働率が100%を超える見込みだ。これに宿泊施設のオープン計画を照らしあわせると、「東京、大阪は20年から30年に稼働率が80%前後になる妥当な計画です。一方で京都は20年までに客室数が17年から41%増える予定ですが、稼働率は67.9%となり供給過剰に陥る可能性が高い」という。奈良、島根は30年で稼働率が6割を切る厳しい結果となった>という。

◎主な都道府県の客室稼働率の変化予測

     2017年  20年  30年
北海道   71.7   70.2  75.8
千葉    78.0   76.0  76.8
東京    83.9   80.3  85.1
京都    81.7   67.9  71.3
大阪    86.5   78.5  83.8
福岡    79.0   77.6  83.0
沖縄    76.9   71.4  77.7


★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 14:32|PermalinkComments(0)

2019年03月25日

【ホテル事件】韓国で30施設・42部屋に盗撮装置。1,600人が被害。

 韓国の『BBCニュース』は、<ホテルの客室で1,600人を盗撮し、ウェブサイト上で動画を販売していたとして、4人の男が逮捕された>と報じた。

<盗撮用の小型カメラは客室のテレビやドライヤーホルダー、コンセントなどに隠されていた。男らは約68万円を稼いだとみられている>

<有罪となれば、最大10年の禁錮刑と3,000万ウォン(約300万円)の罰金が科せられる><韓国では裸や性行為を盗撮する盗撮ポルノがまん延しており、抗議運動が相次いでいる>

 これは、韓国だけの問題ではなく、レジャー・ラブホテル業界をはじめとした、全ての宿泊施設にいえる、最低限の大切な問題といえよう。
 この2月、訪日外客数は、260万4,000人(推計値)を数えている。しかし、そんなところで「客室内に盗撮」装置があれば、全て終わってしまう。盗撮防止のシステム・発見器が欲しいところだ。

*4月15日の当社主催の「セミナー」&「交流会」。お陰さまで大盛況。昨日も小欄にご参加のメールが。嬉しい限りです。ありがとうございます。

★「テイダン10周年記念:LH-NEXT経営セミナー&業界交流会」(4月15日)の内容と購入申し込みはこちら

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 10:59|PermalinkComments(0)

2019年01月24日

~【ホテル遊歩】ロボットが“解雇”・変なホテルで~

 一躍脚光を浴びたロボットホテルの「変なホテル」(HISの澤田秀雄会長)。今や全国に16店舗。当初<80台のロボットからスタートした変なホテルは、規模拡大によって243台までロボットを増やしていたが><その後ロボットの半数は「解雇」される結果に>と「ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。

 WSJが澤田秀雄会長にインタビュー、その導入者の澤田会長が応えた<ロボットを導入するとなれば、ロボットを使わない時の保管場所が必要に。でないと、人間をイライラさせてしまいますから>

<宿泊客のイライラ回避策として解雇されたロボット。何をしでかしたのでしょうか>

<たとえば、夜中に何度も起こされたという苦情を訴えた宿泊客がいます。理由は、各部屋に設置されているバーチャルアシスタントロボ「チュリー」がいびきに反応して、「すみません、リクエストが聴き取れませんでした」と話しかけてくるから、「Trip Advisor」の口コミを見ると、「ロボットがめちゃくちゃ話しかけてくるけど、何言ってるか理解不能」「部屋のロボがうざい。関係ない会話にはぐいぐい割り込んでくるくせに、ロボに話しかけてリクエスト出した時はぜんぜん助けてくれない」という不評コメントも>

<チュリーは、部屋の電気を消すなど基本的なことを音声コマンドで対応するのが仕事です。が、ときに、この基本的な仕事すらできないことも。2017年に宿泊した人いわくチュリーの仕事のできなさにイライラしてフロントに苦情電話をしたといいます。ちなみに、フロントへの電話は個人の携帯電話を使用、なぜなら本来チュリーがこの窓口になるはずだったから。チュリー、解雇>

<ロビーにいるはずの子犬のダンサーロボット、可愛さが売りです。が、2016年の宿泊客いわく、故障していたのか設置されていた。ロボの半分は動いていませんでした。フロントに設置されたコンシェルジュロボも、宿泊客からの簡単な観光関連の質問に応えられず。あの有名なチェックイン恐竜ロボも、パスポートのコピーや、宿泊客のリクエストにうまく対応できず。2017年に宿泊した人は「パスポートのスキャンがうまくいかず、結局人間がでてきた」とコメント>

 ことほど左様に、稼働しないロボットは、今や置き場にも困るほど。よって、「変なホテル」から半分以上のロボが、解雇らしい。

*あれは、20年ほど前か。音声認識が出来るシステムが完成した。ということで。あるカラオケメーカーの役員と説明を聞きにいった。当時のカラオケ、次々に新曲がでて、カラオケ本は厚くなるばかり。ほとほと困りはてた役員がヒマな小欄を誘った、というわけだ。曲名・歌手名を発せれば指示の曲・歌手名がでてくるというもの。ところが、いまや天下のフェイクニュースの垂れ流し局、NHKのお陰で、全国にいわゆる東京語が十分行き渡っている、と理解するのは、いささか早すぎ。地方にはまだまだ、言葉が通じない地域も、少なくない。例えば東北・例えば九州。まったく通じない。つまり、ズウズウ弁でしゃべると、まったくシステムは反応せず。とんでもない曲・歌手をひろうことになる。当時の成功率は90%ほどだったか。その後、しばらく厚い本をつくり続けたことは、いうまでもない。この「変なホテル」とて、同様だ。解雇されないよう、AIの世界を応援したいものだ。
*現在、今月末発刊の『LH-NEXT』vol.39、でクタクタ。
本年も、よろしくお願い申し上げます。善き年に。

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 09:37|PermalinkComments(0)