【ラブホ遊歩】

2018年02月28日

~【ラブホ遊歩】<死ぬまで死ぬほどSEX>のポストが特集~

 活字離れが著しい昨今、週刊誌も大変だ。<死ぬまで死ぬほどSEX>の週刊誌・ポストがこの月曜日発売の号で、<年金支給日は満室御礼・シニア向けラブホテルは何が違うのか>と年金取得者にスポットをあて、特集している。

 ポストはいう<いまラブホテル業界に大きな変化がおきている。利用客の半数以上をシニア層が占めるホテルが増え、いつまでもセックスしたいというニーズに応えるサービスが続々登場しているのだ>という。そして、都内近郊のホテルの高齢利用者を直撃インタビュー。<年金支給日である偶数月の15日前後はほぼ満室になります。不倫やフーゾク遊びばかりではなく、奥様とゆっくり過ごすためにいらっしゃるお客様も多いようです>と応えるのは、レスティの店長だ。

 さらに、本誌『LH-NEXT』誌で連載を担当し、単行本を刊行している、運営会社・TRUSTARの代表取締役・嶋野宏見氏は、<様々なサービスが登場する背景には、若者のラブホテル利用が減ったことで、相対的にシニア世代の取込みが急務となっていることが大きい。若い男女はセックスに“興奮”を求めるが、シニアはそれだけではなく“肌と肌のふれあいによる心の充足”も重視する。“男女の時間を大切にできるサービス”が求められているのではないでしょうか>と締め括る。
 同氏は、以前からシニア層を重視し、飲食等においても、充分な気配りが必要、と説く。

 いずれにしても、若年層の減少から、高齢者の重視ということが、望まれる昨今ということになろう。

*この3月8日の弊社のセミナー&業界交流会、お陰さまで大盛況。ありがたいことです。お会いできることを楽しみにしております。

★☆2018年「LH-NEXT経営セミナー&業界交流会」、旅館業法改正解説の追加講座を設けました。セミナー内容とお申し込みはこちら

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著/6月30日発刊)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

★ラブホ専用・予約サービス「Buona notte」
スマホ時代の新誘客サービス。掲載ホテル募集中!
≫≫アプリダウンロードはこちら
≫≫詳しくはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!





teidan at 15:51|PermalinkComments(0)

2018年02月20日

~【ラブホ遊歩】中国人が驚くベスト10、ラブホは~

 昨年、2017年の訪日外客数は、2,869万人(推計値)。なかでもベスト1は、中国の735万人であった。このことによって、全世界のベスト10入りするか否かは、微妙なところと言えそうだ。

 その中国で、中国人が驚く10のことについて、<中国のポータルサイト・捜狐に、外国人が初めての日本で大いに驚く事柄を10個紹介する記事が掲載された>と『Record China』が報じた。

 1位は「バイキング料理」、2位「再配達サービス」、3位「自動販売機の種類」、4位「コンビニのサービス」、5位「渋谷のスクランブル交差点」、6位「立ち食いそば」、そして7位に「カプセルホテルとラブホテル」が登場している。ちなみに8位が自転車、9位「スマート便座」、10位に「アイスコーヒー」となっている。

 「カプセルホテルとラブホテル」の解説をみると<カプセルホテルは狭いかわりに値段が安く、思いのほか快適である>とし、<ラブホテルは装飾が非常に凝っていて、恋人と2人だけの世界に入ることができる>としている。

 政府は2020年までに、4,000万人の目標を立てている。まだまだ、その差は小さくないが、現状の伸び率からみれば、無謀とはいい難い。もっともっと多くの広告も必要か。

*3月8日は、年に1度の「経営セミナー」&「業界交流会」。準備万端、お待ちしております。

★☆2018年「LH-NEXT経営セミナー&業界交流会」、旅館業法改正解説の追加講座を設けました。セミナー内容とお申し込みはこちら

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著/6月30日発刊)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

★ラブホ専用・予約サービス「Buona notte」
スマホ時代の新誘客サービス。掲載ホテル募集中!
≫≫アプリダウンロードはこちら
≫≫詳しくはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 16:15|PermalinkComments(0)

2017年10月25日

~【ラブホ遊歩】あの頃を懐かしむ 「変えずに変える」老舗も哲学~

 かつて、多くの「レジャー・ラブホテル」は、“そうであった”。それは、1980年代のことだったろうか。

 この年、既に「モーテル」は全国で、6,931店舗を数え、あの「目黒エンペラー」がオープンしたのは、1973年2月であった。当時、1973年7月「社団法人 日本自動車旅行ホテル協会(現・一般社団法人 日本レジャーホテル協会)」が設立されている。これは、社会の動きに連動し(1980年代から、山本晋也監督の深夜のテレビ放映が話題をさらった。さらに、この2年前から、ノーパン喫茶が関西から現われてくる。ちなみに、マイカーは2,000万台の時代である)、この年、1973年8月・歌手の五月みどりが、「ホテル 日本」を次に「ホテル ニッポン」を渋谷・円山にオープンしている。また、1978年には、あの「KOGA設計」が福岡で、産声を上げている。

 この様な時代背景に<船型のベッド、ローマ風呂、中華風の客室・・・。大阪・京橋の老舗ラブホテル「富貴」が、昭和の情緒を色濃く残した個性的な内装で人気を集めている。インスタ世代から年配の常連客まで、老若男女を惹きつける魅力の秘密を保った>『BuzzFeed news』(神庭亮介)。<9月下旬、富貴の102号室「舟」に男1人で宿泊した。その名の通り、部屋の奥にでんと鎮座した舟型のベッドに度肝を抜かれる><かつては船の周りに水が張られ、鯉まで泳いでいたそうだ。水漏れなどの問題もあり、現在は板張りになっている>

 <壁に掲げられた日本画や、日本庭園のように玉砂利が敷き詰められた空間、年代物の三面鏡など、一部屋のなかにも見どころが盛りたくさんで飽きさせない>

 <室内は清掃が行き届き、日本製だという畳からはほのかにイグサの香りが漂う。歴史を感じさせる建物とは裏腹に、隅々まで清潔が保たれている印象だ>

 <富貴の開業は1977年。2代目の野村和美さんは1997年、亡くなった父の跡を継いで経営に携わるようになった>

 <大規模なリニューアルを勧める人もいたが、「古いものには重みがある」と小規模な修繕にとどめ、創業当初の雰囲気を守り通してきた>

 <「おじいちゃん、おばあちゃんが来られる場所を残しておかなあかん」。そんな思いが芽生えた>

 <「みんながみんな、オシャレでカッコウイイところへ行きたい訳じゃない。泥くさくて垢抜けない路地裏のホテルですが、ほっこりできて落ち着くという常連さんもいらっしゃいますから」>

 <全23室のうち、15室はビジネスホテルと変わらないベーシックなしつらえ。だが、残りの8室はそれぞれに趣向がこらされている>

 <古代ローマを思わせる浴槽が印象深い「ローマ」。赤い格子戸が目を引く「中華」。天井に春画がある「江戸」など、異世界にワープしたような気分を堪能できる>

 <ローマ風呂の形状が前方後円墳のようだったり、中華の部屋なのに壁にヨーロッパ風の紋章が掲げられていたり・・・>

 <海外旅行がそこまで一般的ではなく、ネットもなかった時代、デザイナーが懸命に頭をひねって考えだしたのだろうか。昭和レトロと異国情緒が奇妙に交錯した「昭和2.0」の世界に引き込まれる>

*只今、「LH-NEXT」vol.34 鋭意編集中です。もう、しばらくのお待ちを。
そろそろ、草臥れました。
当時の『人、旅に暮らす』(足立倫行・現代教養文庫)のなかには、まだ、いわゆる設計事務所というものが出現せず、もっぱらベッドやさんが、設計をしていたという。これも、時の流れか。

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著/6月30日発刊)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

★ラブホ専用・予約サービス「Buona notte」
スマホ時代の新誘客サービス。掲載ホテル募集中!
≫≫アプリダウンロードはこちら
≫≫詳しくはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 13:43|PermalinkComments(0)

2017年10月05日

~【ラブホ遊歩】新宿歌舞伎町 ラブホ街に書店開業 経営者は元ホスト?~

 全国の街で書店が激減していることは、ご存じの通りだ。この7月、大手取次の調べによると、<全国の自治体・行政区(1896)の2割強>の420区域で、書店がないという。現在の書店数は全国で1万2526店舗。2000年時の書店数は、2万1654店舗。4割強が減っている。

 しかし、この減少傾向も理解できなくもない。なぜなら、多くの書店は、仕入れを取次任せにし、書棚に並べるだけ。価格もかわらない、そして時機が来たら返品だ。さらに気になるのは、どこの書店も、どの書店員も、レジでいうことは「カバーしますか」とくる。瞬時に反応した当方は、「なんで、そんなこと聞くの!」と逆に質問したら、嫌われた。

 そんななか、我がラブホの“聖地”、新宿・歌舞伎町のラブホ街のど真ん中に書店がオープンするという。『ハフポスト日本版』が伝えた。
 <10月7日、新宿・歌舞伎町のラブホテル街のどまんなかで、ホストが書店をオープンさせる。その名も「歌舞伎町ブックセンター」。「愛」をテーマにした約600タイトルの本を扱うという。お店に行くと書店員ならぬ“ホスト書店員”が、オススメの本を紹介してくれる>という。

 小欄は、まだ覗いてはいないが、大いに「いいね」といいたい。600タイトルは、少ないようにも思うが・・・。

 街に本屋さんと珈琲屋さんが無くなったら、終わりですね。

*今月は、『LH-NEXT』(vol.34)の刊行月。そろそろ臨戦態勢ですが、大好きなゴルフコンペがあちらこちらから・・・。これも、“仕事”です。

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著/6月30日発刊)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

★ラブホ専用・予約サービス「Buona notte」
スマホ時代の新誘客サービス。掲載ホテル募集中!
≫≫アプリダウンロードはこちら
≫≫詳しくはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 15:25|PermalinkComments(0)

2017年09月22日

~【ラブホ遊歩】進化したBumpTV

 新聞・活字媒体同様、テレビの凋落が始まって久しい。それであっても、テレビの視聴時間は1日平均(平日)3時間強、休日では4時間近く視聴されているという。もちろん、年齢差によって異なり、高齢者になればなるほど、視聴時間は長くなるという。これらテレビの視聴時間の長さは、日本の特異性ともいえようか。

 そんな中、宿泊施設でテレビ視聴の話題になっているのが「Bump TV・バンブ・ティービー」(mediacamp株式会社・代表 寺島伸一)だ。

 同テレビは、いうなれば宿泊施設内テレビ局からの発信ということ。今回、発表された新システムは以下のようになっている。

◎SYSTEM-L
「日英中韓のみならず、ほぼすべての言語に対応したインフォメーションを実現。同軸ケーブルのみの仕様から、LANケーブルを使ったフルスペック仕様まで、要望を満足するシステム構築が可能。

◎SYSTEM-M
5画面のインフォメーション、EPG(電子番組表)に対応した有料自主放送システムの構築ができる。有料放送の決済は、従来通りの権売機とスマートフォンを利用したインターネット決済の2通り。

◎SYSTEM-S
「自主放送を無料化したいけど、家族連れや修学旅行対応で踏み切れない」このような声に応えて、最大8チャンネルまで、自主放送を部屋別に視聴制御できる。これは、今後必要な一歩先行く宿泊者サービスともいえる。

*先日、8月の訪日外客数を発表した。それによると本年度期の累計は、1891万人(推計値)であったが、先日、この15日で2000万人突破と報道された。この8カ月の月平均は約230万人。この状態が続けば、今年度期は、2800万人(前年は2403万人)という予想も立つ。ただし、先月、80万人超えを記録した中国は、外貨流出を防ぐということか、海外旅行の自粛策を発表している。なお、韓国からは、60万人超え(620900人)で、単月最高を記録している。

*それにしても、「このハゲ・・」「週4回の不倫」等々の情報ばかりだといささか「違うだろう――!」といいたくなるのは、視聴者の方だろう。最近、話題になっている言葉に“フェイクニュース”(『フェイクニュースの見分け方』烏賀陽弘道・新潮新書)がある。新聞もテレビも、多くのネタ元は、週刊誌だ。そこから、“カッサラッタ”ネタで番組作り。凋落の象徴といえよう。宿泊施設で、好きな映画でも見た方がいいのかも。

*今年の「秋分の日」は、明日。ずらしてくれたら、もう一日、休みが増えたが・・・。

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著/6月30日発刊)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

★ラブホ専用・予約サービス「Buona notte」
スマホ時代の新誘客サービス。掲載ホテル募集中!
≫≫アプリダウンロードはこちら
≫≫詳しくはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 12:45|PermalinkComments(0)