【ラブホ遊歩】

2017年05月31日

~【ラブホ遊歩】リネン代大幅カット 全自動洗濯物たたみ機『ランドロイド』登場~

 第4次産業革命といわれる今日、いよいよその波は、我が「レジャー・ラブホテル」業界にも影響を与えそうだ。その商品は、「全自動洗濯物たたみ機」(『ランドロイド』である。以前、当ブログでも触れたが、その全容が昨日の『ライブドアニュース』で明らかになった。

 現在の「レジャー・ラブホテル」業界の一般的な月当たりリネン費は、5~6%。つまり、総売上が1000万円あれば、50万~60万円ということになる。年にすれば600万~700万円だ。もちろん、リネン業者によっては、リース代を含める場合もあるため、さらに経費は増額となる。

 一方、リネン業者の現状は、いわゆる配達担当者はどうにか確保できても、工場の現場要員は人手不足が蔓延。さらに重油の価格変動に苦しめられているという状態だ。

 そこに登場してきたのが『ランドロイド』ということになる。『ライブドアニュース』はいう。

 <全自動衣類折りたたみ機『ランドロイド』が30日、予約販売の受付を開始した。衣類の山を放り込むだけで全自動で折り畳み、仕分けまでしてくれるデバイス。人工知能や画像解析の技術も融合させており、想定価格は185万円>という。

 <ランドロイドは、衣類の山を放り込むだけで全自動で折り畳み、衣服の仕分けまでしてくれるデバイスです。「衣類を折り畳むという非常に複雑なことを、シンプルな構造で実現している」というロボティクスのほか、衣類の認識と畳み方の判断には人工知能や画像解析の技術も融合させている>という。

 <開発元のセブンドリーマーズには、パナソニックと大和ハウスが出資し、製造はパナソニックが担当><開発には国立研究開発法人新エネルギー・産業技術開発機構(NEDO)による助成も受けている>という。

 このマシンの販売先は、一般の消費者ということになろうが、価格想定が185万円。いかがだろうか。そんなことより、出資の一方であり、ホテル経営の経験もある大和ハウスが参加しているのなら、ホテル・旅館をターゲットにした、業務用「全自動洗濯物機たたみ機」の開発を急ぐ必要があろう。「レジャー・ラブホテル」業界は大いに、期待したいものである。

*関東では、今日も暑くなりそうです。東京予想は29°、我がさいたまは30°。お大事に。

≪ラブホ専用・当日予約サービス「Buona notte」≫
当日予約に加え、事前予約も開始。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2905.pdf

≫≫『新ラブホテル経営論』の内容と購入申し込みはこちら

≫≫テイダン・ホームページトップ画面はこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!






teidan at 11:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

~【ラブホ遊歩】宿泊統計調査にラブホ・民泊追加検討・観光庁&旅館業法改正か~

 <観光庁は、国内のホテルや旅館の延べ宿泊者数を集計する「宿泊旅行統計調査」の対象に、新たに住宅に泊まる「民泊」を来年1月にも加える方針を固めた。あわせてラブホテルの追加も検討する>としている。『朝日新聞デジタル』が報じた。

 <訪日外国人客の利用が増えている施設を調査対象に含め、より実態に近づける>狙いがあるものと、みられる。

 <宿泊旅行統計は、1万8千軒前後のホテル・旅館へのアンケートをもとに毎月末に公表している。最近の調査では外国人の宿泊者数が伸び悩んでおり、高い伸びが続く訪日数とのずれが指摘されていた>

 <観光庁は、無届けの違法な民泊の広がりの影響が大きいとみている。民泊仲介サイト「Airbnb(エアビーアンドビー)」の昨年の延べ利用者数は370万人超で、外国人延べ宿泊者数の5%に相当する。26日に衆院国土交通委員会で審議入りした住宅宿泊事業法(民泊新法)案が成立すれば、民泊事業をする施設は自治体への登録が義務づけられ、自治体を通して利用者数をつかめる。日本人の利用者も集計対象にする予定>としている。

 <ラブホテルは、旅行客の利用や出張時の利用の広がり具合を踏まえ、集計対象にするかどうか決める>とし、<船内に泊まれるクルーズ船も訪日客に人気があるため、利用者数を参考値として示し、訪日客数とのずれを説明できるようにする構想がある>としている。

「ホテル10室以上、旅館5室以上 下限規制撤廃か」

 <政府の「規制改革推進会議」(議長・大田弘子政策研究大学院大教授)は23日、観光や長時間労働是正などに関する規制緩和策141項目をまとめた答申を安倍首相に提出した>と『YOMIURI ONLINE』は伝えている。

 <観光分野では、2020年東京五輪・パラリンピックに向けた訪日観光客の増加に対応するため、旅館業法施行令で旅館は5室以上、ホテルは10室以上とする客室数の下限規制の撤廃を盛り込んだ>

 <答申は旅館業法について「過剰な規制は事業者の創意工夫を阻む」と指摘。和室は布団、洋室はベッドと定める寝具規制や、「受付台は1.8メートル以上」などとする玄関帳場の数値規制なども撤廃を促した>としている。

*この8月の“猛暑”予想が報じられているが、既にこの5月でも、各地で猛暑。8月になったら、どうなることやら。

≪ラブホ専用・当日予約サービス「Buona notte」≫
当日予約に加え、事前予約も開始。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2905.pdf

≫≫『新ラブホテル経営論』の内容と購入申し込みはこちら

≫≫テイダン・ホームページトップ画面はこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 07:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月22日

~【ラブホ遊歩】人口あたりとラブホ軒数 第1位は・・・

 21日の『NEWSポストセブン』は、<「人口10万人あたりのラブホテル軒数」で1位の宮崎は全国平均の約2.5倍。2位以下は佐賀、福島、熊本、栃木と続く>としている。<このデータは「デキ婚率」や「出産年齢」ランキングとの相関が見られ、ラブホテルが多い県は「デキ婚」が多く「出産年齢が低い」傾向がある>としている。

 そうだろうか。人口と軒数に如何ほどの相関関係があるといえるのか。むしろ、「人口とラブホテルの部屋数」と思えるのは、小欄だけか。ちなみに、引用された『SAPIO』(6月号)をみると、ワーストとしては、埼玉、愛知、東京、神奈川と続き、ワースト1の最後は兵庫県となっている。人口10万人当りのラブホテル数は兵庫県が人口10万人に対して、0.83軒となっている。

「レジャー・ラブホテル」が本格的に動き出したのは、戦後であり、1958年に施行された、いわゆる“赤線廃止”以降ということになろう。やがて経済は右肩上がりとなり、自家用車200万台(1959年)・カラーテレビの出現(1960年)へと続き、“風俗の解放”へと向かう(ピンク映画第1号といわれる「肉体の門」は1962年だ)。そして、1963年には、レジャー・ラブホテルの原型ともいえる「モテル北陸」(モーテルではない。故・中嶋孝司氏)がオープンしている。当時のモーテルの部屋数は10部屋前後(直木賞で話題になった『ホテルローヤル』・桜木紫乃・集英社)も同様であった。

 これらの、いわゆる地方のモーテルの多くは、駆体・設備の不具合が多く見られ、経営の継続が危ぶられているところも、少なくはない。

 業界が急激に拡大していくのは、1970年代後半である。当時の業界の“設計”は、ベッドメーカーであり(『人、旅に暮らす』足立倫行・現代教養文庫)、業界の設計者として登場し注目を集めたのは、亜美伊 新氏(アミ―東京デザインルーム)ではなかろうか。業界の急拡大はやがて、「新風営法」の施行(1985年)となる。当時の店舗数は、モーテル・6800店舗、ラブホテル・3919店舗となっている(当時は、業態分類は3号営業であったが、今日では、4号になっている。この3月に発表になった4号営業店舗数(2016年時)は、5670店舗である。その他にいわゆる類似といわれるのは、約2000店舗弱か)。

 これらの業界の流れには、多くの特性がある。それは、もちろん地域と店舗数でもあるが、地域と部屋数も注目すべきであろう。このデータの中で、愛知がワーストの中に入っているが、業界人の多くは、愛知・中部地方のレジャー・ラブホテルは、部屋数が多いことは了承済みだ。したがって、「人口と店舗数」の対比はあまり意味をなさない、ということになろう。

*当ブログも、先日の発信で700回となった。始めたのは、2009年11月20日、とのこと。データをみると年間約90回、週・1.7回だそうだ。お陰さまで、業界の各方面から、情報は入って来る。しかし、その中には、いわゆる“ウラ取り”が難しい場面も少なくはない。先日、あるオーナーさんと喉を潤していたら、ホテルの責任者から電話連絡。どうやら「ホテルに警察が来た」とのこと。同伴のオーナーがスマホでホテルの防犯カメラを覗くと、私服警察が10人程。どうやら、「麻薬常習犯が女連れで入室」とのこと。警察は部屋に踏み込めず、駐車場で待つらしい。まぁ、1時間後にでてきたところをパクられましたが、部屋は鑑識がくるまで使用禁止。オーナーはぶつぶついいながら、ビールから焼酎に代わっていました・・・。今後もあらゆる関係情報を発信していきますので、よろしくお願いします。

*日々、暑さも増しております。ご自愛のほどを。
≪ラブホ専用・当日予約サービス「Buona notte」≫
当日予約に加え、事前予約も開始。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2905.pdf

≫≫『新ラブホテル経営論』の内容と購入申し込みはこちら

≫≫テイダン・ホームページトップ画面はこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 11:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月25日

~【ラブホ遊歩】中国のメディア ラブホ絶賛 インバウンド対策急務か~

 昨年一年間の訪日外客数は、2403万人。うちアジアからは2042万人(約85%)。さらに国・地域別のベスト1は、中国からで637万人を数える。全体に占める割合は約27%だ。今年の3か月間トータルでみても、164万人で韓国(171万人)に次いで、2位の訪日数を誇っている。やはり、人口数――13億7462万人(2015年)・ただし、近年まで続いた「一人っ子政策」によって、無国籍人口が1億人ともいわれている――ということか。

 その中国の大手メディア『今日頭条』が、日本のラブホテルを絶賛する記事を掲げた(4月25日)。

<大きな駅の近く、そして高速道路のインターチェンジ付近でよく見かけるラブホテルの照明は、日本の現代社会におけるシンボルの1つと言えるかもしれない>とし、<日本のラブホテルの利用方法と、その便利さ、快適さについて紹介する記事を掲載した>

 <記事は「日本人のやることは、世界で見ても独特。彼らはさまざまな発明もしてきているが、ラブホテルもその1つだ。このホテルは非常に便利なうえ、利用客のプライバシーも守られている。もし休息する場所を探しているのであれば、ここもいい選択肢の1つになる」と説明したうえで、実際に利用してみた様子を紹介>している。

 <まず、大概のラブホテルには駐車場があり、各駐車スペースには自動車のナンバーを隠すプレートが置いてあり、他人からナンバーを認識されずに済むようになっていると紹介。また、客のプライバシーを保護するため、スタッフと会わずに入室できるシステムが備わっているとし、入口のパネルを操作して好みの部屋を選び、価格を確認するだけでチェックインが完了し、その部屋のロックが解除されて入室できる>としている。

 さらに<「ラブホテルと言えども、部屋の中はとても清潔であり、普通のホテルと何ら変わりない。タオルや洗面用品などのアメニティーが一通り揃っている。異なるのは、コンドームが置いてあったり、成人用品の販売があったりするくらいだ」と説明。備え付けのテレビでは動画やインターネット、カラオケなどを利用することができ、部屋の温度や照明も自由に調整できると紹介している。ルームサービスを頼めば入口のボックスに届けてくれ、浴室は「少なくとも大人2人が入れるほど大きい」と報じた。

 さらに、<チェックアウトや支払いも無人で済ませることができることも紹介し、「本当に便利に感じる。これから、どんどん人間の労力は必要なくなるのではないだろうか」と結んでいる>

 しかし、この記者が今話題の「変なホテル」に行ったら、どう感じるだろうか。腰を抜かす姿が、想像できよう。

 なお、中国の海外旅行デ―タをみると、団体旅行が56.2%。個人旅行は43.8%に止まっている。外客全体では、団体旅行・33.5%、個人旅行・66.5%からみると、中国の個人旅行はまだまだこれからのようだが、アルメックスの海外向けレジャー・ラブホテル専門WEBサイト<Loveinn Japan>の予約機能の一日も早いアップが待たれるところだ。

*どうも、最近の本屋さんはおかしい。もちろん、年間500店舗も閉店しているという、情けない事情は知っているが、それにしても、仕入れは取次任せすぎないか。先日もある単行本を求めて本屋さん回り、3軒目の大型店でやっと購入。“本屋大賞”の時間があるなら、もっと消費者の品揃えに時間を割いてほしいものだ。購入した本ですか。『血と肉』(中山咲・河出書房新社)。その帯に曰く「不倫相手の子どもをひとりで産むと決意し、古ぼけた海辺のラブホテル『コート・ダジュール』に住み込みで働くことになった光海(みつみ)。オーナーの老婆・頼子さんは上品で優しいが、ある日、ホテルの一室で行っているという怪しげなミサに光海を誘う。子どもの父親の家庭をぶち壊したと告白した光海だが、いっぽう頼子さんにも過去に大きな「罪」を犯していた・・・」というもの。読むのはこれからだが、楽しみが増えた。

≪ラブホ専用・当日予約サービス「Buona notte」≫
当日予約に加え、事前予約も開始。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2905.pdf

≫≫『新ラブホテル経営論』の内容と購入申し込みはこちら

≫≫テイダン・ホームページトップ画面はこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 13:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月13日

~【ラブホ遊歩】日本人のセックス回数と夫婦のセックス回数~

 明治大学・准教授 平山満紀氏は「性文化」研究の第一人者だ。氏は「レジャー・ラブホテル」を愛するが故に、<ラブホテル業界のプラスの材料を提供することを心がけて、状況を伝えてきた>という。しかし、日本人の「性」に対する現状は、まだまだ、捗捗しいものとはいい難いものがある。

 もちろん、どこかの新書本ではないが、<データのウソ>と切り離せない部分もある。

 2014年、英国のガーディアン紙が「なぜ日本の若者はセックスをやめたか」をコラムで発表。その“回数”に多くの日本人は驚愕した。それによると、日本人のセックス回数は、年間・48回(週1にも満たない)、国別・地域別では、世界最下位ランキングというデータもある。ちなみに、1位・ギリシア・164回、2位・ブラジル・145回、3位ロシア・ポーランド・143回だそうだ。日本人からみれば、“オツカレさま”というしかない。

 そんななか、先日「日本家族計画協会」は、<日本人夫婦のセックス回数>について調査発表<「男女の生活と意識に関する調査」>をしたと『時事通信』が報じた。

 <セックスレス夫婦の増加傾向続く 2016年は過去最多>

 <調査は02年から1年おきで8回目。16年10~11月、無作為抽出した16~49歳の男女3000人を対象に実施>したという。

 その結果<セックスレスの夫婦は04年の31.9%から増加が続き、16年は前回(14年)を2.6ポイント上回る47.2%だった>という。また、18~34歳の未婚男女では、男性42%、女性46%が、性交渉経験がないと回答>しているという。
 昨年のある調査では、「彼氏」「彼女」のいない率は、男性70%、女性60%であった。そんな時代のようだ。

 その昔、男も女も“もてる”ために涙ぐましい努力をした。金もないのに、持ち物・着るものに散在。その最たるものが、車か。しかし、街をみれば、今日では軽四が主流となっている。「レジャー・ラブホテル」の調査で、駐車場の車をみれば、そのホテルの売上が読めたのは、遠い過去だ。これも、コスパとやらか。

*先日『夫のちんぽがはいらない』(こだま著・扶桑社)を勇気をもって購入。「私」は1歳先輩の男性と大学近くの安アパートで知り合い、先輩は高校の教師に「私」は小学校の教師になり結婚するも、「ちんぽ」がはいらない(正確には、半分しかはいらない)。夫とは「はいらない」が、「私」はいろいろな男とラブホテルにはいく、一方、男性は風俗に通い、ポイントを貯めている。夫婦の“性”の苦悩の物語だ。遠い昔、“赤線”なるものがあり、“トルコ”(1984年トルコ人の抗議でソープランドに名称変更・1973年雄琴<滋賀県>では37店舗で年間11万人が来場の記録がある)なるものが存在していた。もう少し、“性”の修行も必要ということか。

*この3月1日、恒例となりました弊社主催の「経営セミナー&業界交流会」が開催(HOTEL JAL CITY)されます。その講師の一人が、平山満紀准教授です。「性文化」の現状と今後を探る上からも、大いにご参考にしていただければ幸いです。よろしく。
≫≫「2017年 経営セミナー&業界交流会」の詳細はこちら
http://www.teidan.co.jp/event-seminar/20170126.html

≪ラブホ専用・当日予約サービス「Buona notte」≫
当日予約に加え、事前予約も開始。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2905.pdf

≫≫『新ラブホテル経営論』の内容と購入申し込みはこちら

≫≫テイダン・ホームページトップ画面はこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 12:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)