【ラブホ遊歩】

2017年10月25日

~【ラブホ遊歩】あの頃を懐かしむ 「変えずに変える」老舗も哲学~

 かつて、多くの「レジャー・ラブホテル」は、“そうであった”。それは、1980年代のことだったろうか。

 この年、既に「モーテル」は全国で、6,931店舗を数え、あの「目黒エンペラー」がオープンしたのは、1973年2月であった。当時、1973年7月「社団法人 日本自動車旅行ホテル協会(現・一般社団法人 日本レジャーホテル協会)」が設立されている。これは、社会の動きに連動し(1980年代から、山本晋也監督の深夜のテレビ放映が話題をさらった。さらに、この2年前から、ノーパン喫茶が関西から現われてくる。ちなみに、マイカーは2,000万台の時代である)、この年、1973年8月・歌手の五月みどりが、「ホテル 日本」を次に「ホテル ニッポン」を渋谷・円山にオープンしている。また、1978年には、あの「KOGA設計」が福岡で、産声を上げている。

 この様な時代背景に<船型のベッド、ローマ風呂、中華風の客室・・・。大阪・京橋の老舗ラブホテル「富貴」が、昭和の情緒を色濃く残した個性的な内装で人気を集めている。インスタ世代から年配の常連客まで、老若男女を惹きつける魅力の秘密を保った>『BuzzFeed news』(神庭亮介)。<9月下旬、富貴の102号室「舟」に男1人で宿泊した。その名の通り、部屋の奥にでんと鎮座した舟型のベッドに度肝を抜かれる><かつては船の周りに水が張られ、鯉まで泳いでいたそうだ。水漏れなどの問題もあり、現在は板張りになっている>

 <壁に掲げられた日本画や、日本庭園のように玉砂利が敷き詰められた空間、年代物の三面鏡など、一部屋のなかにも見どころが盛りたくさんで飽きさせない>

 <室内は清掃が行き届き、日本製だという畳からはほのかにイグサの香りが漂う。歴史を感じさせる建物とは裏腹に、隅々まで清潔が保たれている印象だ>

 <富貴の開業は1977年。2代目の野村和美さんは1997年、亡くなった父の跡を継いで経営に携わるようになった>

 <大規模なリニューアルを勧める人もいたが、「古いものには重みがある」と小規模な修繕にとどめ、創業当初の雰囲気を守り通してきた>

 <「おじいちゃん、おばあちゃんが来られる場所を残しておかなあかん」。そんな思いが芽生えた>

 <「みんながみんな、オシャレでカッコウイイところへ行きたい訳じゃない。泥くさくて垢抜けない路地裏のホテルですが、ほっこりできて落ち着くという常連さんもいらっしゃいますから」>

 <全23室のうち、15室はビジネスホテルと変わらないベーシックなしつらえ。だが、残りの8室はそれぞれに趣向がこらされている>

 <古代ローマを思わせる浴槽が印象深い「ローマ」。赤い格子戸が目を引く「中華」。天井に春画がある「江戸」など、異世界にワープしたような気分を堪能できる>

 <ローマ風呂の形状が前方後円墳のようだったり、中華の部屋なのに壁にヨーロッパ風の紋章が掲げられていたり・・・>

 <海外旅行がそこまで一般的ではなく、ネットもなかった時代、デザイナーが懸命に頭をひねって考えだしたのだろうか。昭和レトロと異国情緒が奇妙に交錯した「昭和2.0」の世界に引き込まれる>

*只今、「LH-NEXT」vol.34 鋭意編集中です。もう、しばらくのお待ちを。
そろそろ、草臥れました。
当時の『人、旅に暮らす』(足立倫行・現代教養文庫)のなかには、まだ、いわゆる設計事務所というものが出現せず、もっぱらベッドやさんが、設計をしていたという。これも、時の流れか。

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著/6月30日発刊)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

★ラブホ専用・予約サービス「Buona notte」
スマホ時代の新誘客サービス。掲載ホテル募集中!
≫≫アプリダウンロードはこちら
≫≫詳しくはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 13:43|PermalinkComments(0)

2017年10月05日

~【ラブホ遊歩】新宿歌舞伎町 ラブホ街に書店開業 経営者は元ホスト?~

 全国の街で書店が激減していることは、ご存じの通りだ。この7月、大手取次の調べによると、<全国の自治体・行政区(1896)の2割強>の420区域で、書店がないという。現在の書店数は全国で1万2526店舗。2000年時の書店数は、2万1654店舗。4割強が減っている。

 しかし、この減少傾向も理解できなくもない。なぜなら、多くの書店は、仕入れを取次任せにし、書棚に並べるだけ。価格もかわらない、そして時機が来たら返品だ。さらに気になるのは、どこの書店も、どの書店員も、レジでいうことは「カバーしますか」とくる。瞬時に反応した当方は、「なんで、そんなこと聞くの!」と逆に質問したら、嫌われた。

 そんななか、我がラブホの“聖地”、新宿・歌舞伎町のラブホ街のど真ん中に書店がオープンするという。『ハフポスト日本版』が伝えた。
 <10月7日、新宿・歌舞伎町のラブホテル街のどまんなかで、ホストが書店をオープンさせる。その名も「歌舞伎町ブックセンター」。「愛」をテーマにした約600タイトルの本を扱うという。お店に行くと書店員ならぬ“ホスト書店員”が、オススメの本を紹介してくれる>という。

 小欄は、まだ覗いてはいないが、大いに「いいね」といいたい。600タイトルは、少ないようにも思うが・・・。

 街に本屋さんと珈琲屋さんが無くなったら、終わりですね。

*今月は、『LH-NEXT』(vol.34)の刊行月。そろそろ臨戦態勢ですが、大好きなゴルフコンペがあちらこちらから・・・。これも、“仕事”です。

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著/6月30日発刊)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

★ラブホ専用・予約サービス「Buona notte」
スマホ時代の新誘客サービス。掲載ホテル募集中!
≫≫アプリダウンロードはこちら
≫≫詳しくはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 15:25|PermalinkComments(0)

2017年09月22日

~【ラブホ遊歩】進化したBumpTV

 新聞・活字媒体同様、テレビの凋落が始まって久しい。それであっても、テレビの視聴時間は1日平均(平日)3時間強、休日では4時間近く視聴されているという。もちろん、年齢差によって異なり、高齢者になればなるほど、視聴時間は長くなるという。これらテレビの視聴時間の長さは、日本の特異性ともいえようか。

 そんな中、宿泊施設でテレビ視聴の話題になっているのが「Bump TV・バンブ・ティービー」(mediacamp株式会社・代表 寺島伸一)だ。

 同テレビは、いうなれば宿泊施設内テレビ局からの発信ということ。今回、発表された新システムは以下のようになっている。

◎SYSTEM-L
「日英中韓のみならず、ほぼすべての言語に対応したインフォメーションを実現。同軸ケーブルのみの仕様から、LANケーブルを使ったフルスペック仕様まで、要望を満足するシステム構築が可能。

◎SYSTEM-M
5画面のインフォメーション、EPG(電子番組表)に対応した有料自主放送システムの構築ができる。有料放送の決済は、従来通りの権売機とスマートフォンを利用したインターネット決済の2通り。

◎SYSTEM-S
「自主放送を無料化したいけど、家族連れや修学旅行対応で踏み切れない」このような声に応えて、最大8チャンネルまで、自主放送を部屋別に視聴制御できる。これは、今後必要な一歩先行く宿泊者サービスともいえる。

*先日、8月の訪日外客数を発表した。それによると本年度期の累計は、1891万人(推計値)であったが、先日、この15日で2000万人突破と報道された。この8カ月の月平均は約230万人。この状態が続けば、今年度期は、2800万人(前年は2403万人)という予想も立つ。ただし、先月、80万人超えを記録した中国は、外貨流出を防ぐということか、海外旅行の自粛策を発表している。なお、韓国からは、60万人超え(620900人)で、単月最高を記録している。

*それにしても、「このハゲ・・」「週4回の不倫」等々の情報ばかりだといささか「違うだろう――!」といいたくなるのは、視聴者の方だろう。最近、話題になっている言葉に“フェイクニュース”(『フェイクニュースの見分け方』烏賀陽弘道・新潮新書)がある。新聞もテレビも、多くのネタ元は、週刊誌だ。そこから、“カッサラッタ”ネタで番組作り。凋落の象徴といえよう。宿泊施設で、好きな映画でも見た方がいいのかも。

*今年の「秋分の日」は、明日。ずらしてくれたら、もう一日、休みが増えたが・・・。

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著/6月30日発刊)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

★ラブホ専用・予約サービス「Buona notte」
スマホ時代の新誘客サービス。掲載ホテル募集中!
≫≫アプリダウンロードはこちら
≫≫詳しくはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 12:45|PermalinkComments(0)

2017年09月21日

「神田村のベランダから・・・」 ~【ラブホ遊歩】ラブホ街にマリオット 新業態で登場 その背景は~

 宿泊施設が時代・環境と共に大きく変更してきたことは、これまでの歴史が示してきている通りだ。先日も、行政の指導による「旅館の泊食分離」が話題になったが、それも時代の流れといえようか。そんな中、居酒屋から始まって世界のホテル王となり、今やホテル数は世界で、5500余り、部屋数は110万室を数えるという、マリオットが、新業態のホテルを創るという。その場所が、「レジャー・ラブホテル」で高稼働を示す東京・錦糸町。言わずと知れたラブホテル街だ。『週刊ダイヤモンド・オンライン』が報じた。

 <東京・錦糸町の活性化に携わる坂井ユカコ墨田区議会議員は、11月1日、錦糸町にオープンするマリオット・インターナショナルの新ブランド、モクシー・ホテルに期待を寄せる>

 <モクシーは、2014年にイタリアのミラノでスタート。スタイリッシュな雰囲気を売りにし、欧米の主要都市を中心に、現在11店舗を展開している。国内では、錦糸町と同日に、大阪の本町でも開業予定だ。マリオットのブランドだが、経営は不動産投資会社パシフィカ・キャピタルが手掛ける>

 <モクシーでは、スタッフが宿泊者同士の橋渡しをする役割を積極的に担う。モクシー東京錦糸町を統括する生沼久キャプテンは、「ホテル業界での経験より、お客さまに楽しい時間を過ごしてもらえるコミュニケーション能力を重視し、キャラクターの濃いスタッフを集めている」と明かす。100人ほどを収容できる共用のラウンジでは、DJパーティーなどさまざまなイベントを企画している>という。

 <モクシー東京錦糸町の斬新さは、その立地にもある。錦糸町のラブホテル街に立っていたオフィスビルを改装し、始業する>というもの。

 代表取締役社長は<「ターゲットは訪日外国人。宿泊客の半分以上を狙っている」と語る。訪日外国人に人気の都内エリアは新宿。その理由は、きらびやかな表舞台から混沌とした裏社会まで何でもあるから。錦糸町も似た雰囲気を持っているので、外国人に受けるはず>という。

 <錦糸町は戦後、バラック街として始まり、娯楽外としての歴史を歩んできた。北口では2000年代に再開発が進み、ファミリー層向けの商業施設が並ぶ。一方で南口は、ラブホ街、風俗街などがあり、清濁併せのむ街。モクシー東京錦糸町では地元の居酒屋などと組み、外国人旅行者が街へ出ていく仕掛けも計画>しているという。

 <同ホテルの1室当たりの想定宿泊料金は、税別で1万4500~1万7500円>。同ホテル関係者は<「日本には、快適だけど高いラグジュアリーホテルと、安価だが無味乾燥なビジネスホテルの2種類しかなく、その間がない」と分析する。モクシーはリーズナブルな価格で魅力が詰まった、「ブティックホテル」を目指す>という。

 <海外では、ブティックホテルとは小規模で個性のある上質なものを指す。しかし、日本では、ブティックホテルは、ラブホのおしゃれな別称でもある。モクシー東京錦糸町は、錦糸町ラブホ街の一味違ったブティックホテルとなりそうだ>と結ぶ。

 この結びは、いささか反論したくなるような上から目線の表現だが、いわゆる「レジャー・ラブホテル」の今後を示唆する一つともいえそうだ。

 その昔、ホテル街にある公園周辺では、ロシア系を始め、多くの女性達がタムロしていた。錦糸町で思い出すのは、1988年にオープンした「メタルウェーブ」(設計・KOGA設計)だ。その社長が、細野誠一氏(1998年1月15日死去)。とても遊び上手な洒落者でもあった。彼が考案した一つに「忘れな箱」がある。これは、弁当箱のフタほどの大きさに赤いラシャ(?)を張り、テーブルの上にさり気なく置くもの。この箱に客室利用者が身につける、時計・イヤリング・ネックレス等々を置き、忘れ物をなくそうというもの。この箱を見た時、随分感心したものである。

*本日の関東は、まさに秋晴れ。朝から気持ちのよい風が。まぁ、ゴルフ日和でもありますが、会社です。


★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著/6月30日発刊)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

★ラブホ専用・予約サービス「Buona notte」
スマホ時代の新誘客サービス。掲載ホテル募集中!
≫≫アプリダウンロードはこちら
≫≫詳しくはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 12:26|PermalinkComments(0)

2017年09月19日

~【ラブホ遊歩】2020に向け遂に始まった“風俗取締”~

 過去の事例が示すように、大きなイベントが開催される前に行われるのが、“風俗の取締まり”だ。直近の大きなイベントといえば、いうまでもなく2020年に開催が決定されている「東京オリンピック・パラリンピック」ということになる。この「2020年東京」が決定された時に、業界で囁かれたのは、「デリの存在」だ。

 先日、16日『テレ朝news』は、<東京五輪に向け 六本木で風俗店などに立ち入り検査>の状況を報じた。

 <15日午後9時半ごろ、六本木で、警視庁や消防などが合同で約50人態勢で風俗店などへの立ち入り検査を行いました。六本木周辺には風俗営業などを行う店が2000以上あり、都内でも違法薬物や暴行などの外国人による犯罪が多くなっています。警視庁は東京オリンピック・パラリンピックに向けて盛り場対策を強化していて、今後も繁華街での大規模な立ち入り検査を行う方針>としている。

「レジャー・ラブホテル」業界の場合、風俗取締に注意しなければならないのは、4号営業店における外国人の雇用であり、デリ事務所とホテルの関係だ。いうまでもなく、4号営業店の外国人雇用は禁止されている。そのために、行政は“従業者名簿”“住民票”の提出を求める。また、デリ事務所との賃貸契約等は、店舗型性風俗営業2号営業(ファッションヘルス等)の無届営業となり、風営法違反の対象となる。

 現在、ある特定の地域を除けば、「レジャー・ラブホテル」における、いわゆる“デリ”の利用割合は、2、3割といわれている。低い割合ではない。先日、東京・上野のデリ事務所が捜査され、100人からのデリ嬢が摘発されたという。そのことによって、「周辺のホテル」は大きく売上が落ちた、と訊く。2020年に向け、大いに注意する必要があろう。

*この連休は、まさしく台風連休、関東では最終日の昨日は、台風通過晴れとなりましたが、各地で甚大な被害が発生したとか。なにやら、さまざまな“ツケ”が来ている感もする、今日このごろです。日々のチェックが必要ということか。

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著/6月30日発刊)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

★ラブホ専用・予約サービス「Buona notte」
スマホ時代の新誘客サービス。掲載ホテル募集中!
≫≫アプリダウンロードはこちら
≫≫詳しくはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 10:51|PermalinkComments(0)