【ラブホ遊歩】

2017年09月22日

~【ラブホ遊歩】進化したBumpTV

 新聞・活字媒体同様、テレビの凋落が始まって久しい。それであっても、テレビの視聴時間は1日平均(平日)3時間強、休日では4時間近く視聴されているという。もちろん、年齢差によって異なり、高齢者になればなるほど、視聴時間は長くなるという。これらテレビの視聴時間の長さは、日本の特異性ともいえようか。

 そんな中、宿泊施設でテレビ視聴の話題になっているのが「Bump TV・バンブ・ティービー」(mediacamp株式会社・代表 寺島伸一)だ。

 同テレビは、いうなれば宿泊施設内テレビ局からの発信ということ。今回、発表された新システムは以下のようになっている。

◎SYSTEM-L
「日英中韓のみならず、ほぼすべての言語に対応したインフォメーションを実現。同軸ケーブルのみの仕様から、LANケーブルを使ったフルスペック仕様まで、要望を満足するシステム構築が可能。

◎SYSTEM-M
5画面のインフォメーション、EPG(電子番組表)に対応した有料自主放送システムの構築ができる。有料放送の決済は、従来通りの権売機とスマートフォンを利用したインターネット決済の2通り。

◎SYSTEM-S
「自主放送を無料化したいけど、家族連れや修学旅行対応で踏み切れない」このような声に応えて、最大8チャンネルまで、自主放送を部屋別に視聴制御できる。これは、今後必要な一歩先行く宿泊者サービスともいえる。

*先日、8月の訪日外客数を発表した。それによると本年度期の累計は、1891万人(推計値)であったが、先日、この15日で2000万人突破と報道された。この8カ月の月平均は約230万人。この状態が続けば、今年度期は、2800万人(前年は2403万人)という予想も立つ。ただし、先月、80万人超えを記録した中国は、外貨流出を防ぐということか、海外旅行の自粛策を発表している。なお、韓国からは、60万人超え(620900人)で、単月最高を記録している。

*それにしても、「このハゲ・・」「週4回の不倫」等々の情報ばかりだといささか「違うだろう――!」といいたくなるのは、視聴者の方だろう。最近、話題になっている言葉に“フェイクニュース”(『フェイクニュースの見分け方』烏賀陽弘道・新潮新書)がある。新聞もテレビも、多くのネタ元は、週刊誌だ。そこから、“カッサラッタ”ネタで番組作り。凋落の象徴といえよう。宿泊施設で、好きな映画でも見た方がいいのかも。

*今年の「秋分の日」は、明日。ずらしてくれたら、もう一日、休みが増えたが・・・。

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著/6月30日発刊)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

★ラブホ専用・予約サービス「Buona notte」
スマホ時代の新誘客サービス。掲載ホテル募集中!
≫≫アプリダウンロードはこちら
≫≫詳しくはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 12:45|PermalinkComments(0)

2017年09月21日

「神田村のベランダから・・・」 ~【ラブホ遊歩】ラブホ街にマリオット 新業態で登場 その背景は~

 宿泊施設が時代・環境と共に大きく変更してきたことは、これまでの歴史が示してきている通りだ。先日も、行政の指導による「旅館の泊食分離」が話題になったが、それも時代の流れといえようか。そんな中、居酒屋から始まって世界のホテル王となり、今やホテル数は世界で、5500余り、部屋数は110万室を数えるという、マリオットが、新業態のホテルを創るという。その場所が、「レジャー・ラブホテル」で高稼働を示す東京・錦糸町。言わずと知れたラブホテル街だ。『週刊ダイヤモンド・オンライン』が報じた。

 <東京・錦糸町の活性化に携わる坂井ユカコ墨田区議会議員は、11月1日、錦糸町にオープンするマリオット・インターナショナルの新ブランド、モクシー・ホテルに期待を寄せる>

 <モクシーは、2014年にイタリアのミラノでスタート。スタイリッシュな雰囲気を売りにし、欧米の主要都市を中心に、現在11店舗を展開している。国内では、錦糸町と同日に、大阪の本町でも開業予定だ。マリオットのブランドだが、経営は不動産投資会社パシフィカ・キャピタルが手掛ける>

 <モクシーでは、スタッフが宿泊者同士の橋渡しをする役割を積極的に担う。モクシー東京錦糸町を統括する生沼久キャプテンは、「ホテル業界での経験より、お客さまに楽しい時間を過ごしてもらえるコミュニケーション能力を重視し、キャラクターの濃いスタッフを集めている」と明かす。100人ほどを収容できる共用のラウンジでは、DJパーティーなどさまざまなイベントを企画している>という。

 <モクシー東京錦糸町の斬新さは、その立地にもある。錦糸町のラブホテル街に立っていたオフィスビルを改装し、始業する>というもの。

 代表取締役社長は<「ターゲットは訪日外国人。宿泊客の半分以上を狙っている」と語る。訪日外国人に人気の都内エリアは新宿。その理由は、きらびやかな表舞台から混沌とした裏社会まで何でもあるから。錦糸町も似た雰囲気を持っているので、外国人に受けるはず>という。

 <錦糸町は戦後、バラック街として始まり、娯楽外としての歴史を歩んできた。北口では2000年代に再開発が進み、ファミリー層向けの商業施設が並ぶ。一方で南口は、ラブホ街、風俗街などがあり、清濁併せのむ街。モクシー東京錦糸町では地元の居酒屋などと組み、外国人旅行者が街へ出ていく仕掛けも計画>しているという。

 <同ホテルの1室当たりの想定宿泊料金は、税別で1万4500~1万7500円>。同ホテル関係者は<「日本には、快適だけど高いラグジュアリーホテルと、安価だが無味乾燥なビジネスホテルの2種類しかなく、その間がない」と分析する。モクシーはリーズナブルな価格で魅力が詰まった、「ブティックホテル」を目指す>という。

 <海外では、ブティックホテルとは小規模で個性のある上質なものを指す。しかし、日本では、ブティックホテルは、ラブホのおしゃれな別称でもある。モクシー東京錦糸町は、錦糸町ラブホ街の一味違ったブティックホテルとなりそうだ>と結ぶ。

 この結びは、いささか反論したくなるような上から目線の表現だが、いわゆる「レジャー・ラブホテル」の今後を示唆する一つともいえそうだ。

 その昔、ホテル街にある公園周辺では、ロシア系を始め、多くの女性達がタムロしていた。錦糸町で思い出すのは、1988年にオープンした「メタルウェーブ」(設計・KOGA設計)だ。その社長が、細野誠一氏(1998年1月15日死去)。とても遊び上手な洒落者でもあった。彼が考案した一つに「忘れな箱」がある。これは、弁当箱のフタほどの大きさに赤いラシャ(?)を張り、テーブルの上にさり気なく置くもの。この箱に客室利用者が身につける、時計・イヤリング・ネックレス等々を置き、忘れ物をなくそうというもの。この箱を見た時、随分感心したものである。

*本日の関東は、まさに秋晴れ。朝から気持ちのよい風が。まぁ、ゴルフ日和でもありますが、会社です。


★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著/6月30日発刊)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

★ラブホ専用・予約サービス「Buona notte」
スマホ時代の新誘客サービス。掲載ホテル募集中!
≫≫アプリダウンロードはこちら
≫≫詳しくはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 12:26|PermalinkComments(0)

2017年09月19日

~【ラブホ遊歩】2020に向け遂に始まった“風俗取締”~

 過去の事例が示すように、大きなイベントが開催される前に行われるのが、“風俗の取締まり”だ。直近の大きなイベントといえば、いうまでもなく2020年に開催が決定されている「東京オリンピック・パラリンピック」ということになる。この「2020年東京」が決定された時に、業界で囁かれたのは、「デリの存在」だ。

 先日、16日『テレ朝news』は、<東京五輪に向け 六本木で風俗店などに立ち入り検査>の状況を報じた。

 <15日午後9時半ごろ、六本木で、警視庁や消防などが合同で約50人態勢で風俗店などへの立ち入り検査を行いました。六本木周辺には風俗営業などを行う店が2000以上あり、都内でも違法薬物や暴行などの外国人による犯罪が多くなっています。警視庁は東京オリンピック・パラリンピックに向けて盛り場対策を強化していて、今後も繁華街での大規模な立ち入り検査を行う方針>としている。

「レジャー・ラブホテル」業界の場合、風俗取締に注意しなければならないのは、4号営業店における外国人の雇用であり、デリ事務所とホテルの関係だ。いうまでもなく、4号営業店の外国人雇用は禁止されている。そのために、行政は“従業者名簿”“住民票”の提出を求める。また、デリ事務所との賃貸契約等は、店舗型性風俗営業2号営業(ファッションヘルス等)の無届営業となり、風営法違反の対象となる。

 現在、ある特定の地域を除けば、「レジャー・ラブホテル」における、いわゆる“デリ”の利用割合は、2、3割といわれている。低い割合ではない。先日、東京・上野のデリ事務所が捜査され、100人からのデリ嬢が摘発されたという。そのことによって、「周辺のホテル」は大きく売上が落ちた、と訊く。2020年に向け、大いに注意する必要があろう。

*この連休は、まさしく台風連休、関東では最終日の昨日は、台風通過晴れとなりましたが、各地で甚大な被害が発生したとか。なにやら、さまざまな“ツケ”が来ている感もする、今日このごろです。日々のチェックが必要ということか。

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著/6月30日発刊)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

★ラブホ専用・予約サービス「Buona notte」
スマホ時代の新誘客サービス。掲載ホテル募集中!
≫≫アプリダウンロードはこちら
≫≫詳しくはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 10:51|PermalinkComments(0)

2017年09月11日

~【ラブホ遊歩】旅館の「泊食分離」がもたらす伝統の重さ~

 観光庁は先月、旅館業界において「泊食分離」を推進する改造案を提案した。この背景となっているのは、外客訪日数が急増しているのにも関わらず、旅館業界の稼働率が低迷している現実がある。ちなみに、2016年の業態別稼働率をみると、シティホテルが78.7%、ビジネスホテルが74.4%であるのに対し、旅館は37.1%という具合だ。『YOMIURI ONLINE』が9日、高崎経済大学准教授・井門隆夫氏のレポートを掲載した。

 <旅館といえば、「1泊2食付き」のプランで、ひと風呂浴びて、浴衣姿でそのまま夕食というのが醍醐味だ。なのに、なぜ国は「泊食分離」を進めようとしているのか。旅館業に詳しい井門隆夫氏に解説してもらった>

 <泊食分離とは、夕食と朝食が宿泊料に含まれる「1泊2食付き料金」が主流となっている旅館業で、ホテルのような「食事なしの素泊まり」の利用を可能にする取り組みだ>

 <泊食分離が実現すると、日本ならではの宿泊体験ができる旅館と、街中で味わえる多彩な食文化の両方を楽しみたいという外国人旅行者らのニーズに対応できると見込まれている>

 <都市部だけでなく、地方の温泉部などにも足を向け始めている外国人旅行者は、連泊するケースも多く、連日の旅館の夕食に飽きてしまうといった懸念の払拭にもつながる>としている。

 <2食付きの宿泊客に加えて、素泊まり客や連泊客が増えれば、稼働率の改善とともに旅館業の経営改善にも役立つのではないかと期待される>

 <しかし、旅館業の現場の声を聞くと、必ずしも泊食分離の導入には積極的ではない>ともいう。

 <「1泊2食付きは旅館の伝統文化」という声に代表されるように、長年続く商習慣を重んじる考え方も根強く、そればかりか、泊食分離を導入すれば、旅館の売り上げに響くという不安もある。確かに、調理場を抱える旅館の利用が、素泊まり客ばかりになってしまえば、収益を悪化させる恐れもある>と不安感は拭えない。

 <国と旅館の思惑の差はどこから生じているのか。泊食分離の目的とは何なのだろうか>長い伝統文化の重しは、一朝一夕には外せない、といったところのようだ。

 「レジャー・ラブホテル」の場合、「食」はそれほど重要ではないが、宿泊客を増加させるうえからは、一考の余地はあろう。この場合、旅館業の如く、大きな利益を求めることは、禁物だ。

*このところ、猛暑も和らいだためか、ゴルフのお誘いも少なくはない――まぁ、こちらからお誘いしている場合もあるが――。ゴルフは、小欄のもっとも好きな“遊び”。プレーも観戦も。しかし、先日の「フジサンケイクラッシック」(?)、一日中テレビ放映。そこに、小欄のとても嫌いな解説者(?)、戸張某。彼がいなければ、もっと面白くなったと思うが・・・。

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著/6月30日発刊)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

★ラブホ専用・予約サービス「Buona notte」
スマホ時代の新誘客サービス。掲載ホテル募集中!
≫≫アプリダウンロードはこちら
≫≫詳しくはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 10:52|PermalinkComments(0)

2017年08月23日

~【ラブホ遊歩】旅館の低稼働率はなぜ、<伝統文化は変化に対応してこそ長く生き残ることができる>~

 訪日外客数の急増は、シティ・ビジネスホテルの稼働率を押し上げている(この7月の訪日客数は単月最高で268万2000人・推計値)が、一人取り残されているのが「旅館」である。先日(18日)、当ブログでレポートした、旅館における“泊食”分離でもわかるように、2016年の旅館の稼働率は、37.1%だ。一方、シテイホテルは78.7%、ビジネスホテルは74.4%となっている。

 このような状況の中、『THE PAGE』が≪旅館を外国人が敬遠する理由≫をレポートした。

 <訪日客の増加で宿泊施設はどこも満員かというと必ずしもそうではない>

 <温泉旅館の中には、あえて不便なところに立地しているところや、地方には零細旅館も多いことから、一概に比較はできませんが、リゾートホテルでも6割近い稼働率があることを考えると、やはり旅館の稼働率は低いといってよいでしょう>

 <観光庁ではこうした低稼働率の原因のひとつとして、食事の提供形態があると考えています。日本の旅館は「1泊2食付き」が基準となっていることが多く、食事と宿泊が分離されていません。これは短期の宿泊が中心となっている日本人旅行者を想定したパッケージです。しかし、訪日外国人の中には長期滞在をする人も多く、同じような食事が続く日本の旅館は敬遠されがちといわれています>

 <食事の時間について指摘する声もあります。日本の旅館は、食事の時間が決まっており、それ以外の時間には対応しないというところも少なくありません。外国人観光客は、時差がある状態で深夜や早朝に到着するケースも多く、初日はちょっとだけ軽食を食べたいといったニーズが存在しますが、こうした部分で旅館が避けられている可能性は否定できません>

 <この話はわたしたちが外国に旅行した時のことを考えれば分かりやすいでしょう。確かに現地のスタイルで現地の料理を食べることはよい体験ではありますが、あまり慣れていない食事を何日も提供されてしまうと、さすがに少々飽きてしまうというのが現実でしょう。ご飯や蕎麦、ラーメンなどが食べたくなるはずですが、これは外国人にとっても同じことです>

 <観光立国に関する書籍も執筆しているデービッド・アトキンソン氏(『新・観光立国論』/東洋経済新報社)は、多くの人が伝統的な日本文化だと信じている「旅館」のスタイルについて、「戦後、国内で増加した『団体旅行』をさばくために発展したものにすぎない」と鋭い指摘>をしている。

 <伝統文化は変化に対応してこそ長く生き残ることができます。日本旅館のあり方についても、もっと柔軟になった方がよいでしょう>という。

*予てより、一度は訪ねたいラブホテルに「ホテルA」がある。そのAからオファーがあり、過日、訪問が実現した。この「ホテルA」小欄の取材MEMOによれば、オープンは1966年(昭和41年)。今から51年前だ。40前後(?)の男3人が郊外の雑木林を切り拓き、12棟(当日確認したら7棟だった)の戸建てモーテルを開業したという。当時の建設(建築)費は、1棟・50万円とある。そのことが頭の隅にあったからか、建物・設備のイタミ具合は、想像するのに難しいものではなかった。さらにMEMOには、当時の利用料金が記されていた。宿泊・2400円、休憩・1200円だ。こうみると、現在の利用料金の有様が、問われそうでもある。この「ホテルA」を1号店としたK氏は、その後、次々と全国でオープンさせ、全盛期には140店舗の「レジャー・ラブホテル」を展開した。そうです。この3人男の1人が、2011年9月25日に85歳で世を去られた、アイネシステムの会長・小山立雄氏だ。そのホテルA、「レジャーホテル(旧名・レジャーハウス)美松(みまつ)」(埼玉・熊谷)は、現在、2000坪の敷地に23棟の戸建て。かつて、ルーム当たり(1か月)70万~80万円の売上があり、車が列をなしていたというが、当日は閑散と、蝉の鳴き声が響く。各部屋を案内されたが、50年の古さは微塵もなく、小奇麗な今風なもの。ただ、各部屋とも歴史の重みは、飾り・置物に、その栄華はあった。恐らく、テレビのお宝番組に出展すれば、高値が付きそうな品々がそこここに。さり気なく置かれている。これが歴史なのかと思わせる、品々だ。訪問の思いが叶い、帰りの電車の中では、小山会長とゴルフ場のクラブハウスで、ビールの大ジョッキを傾けていた。

≫≫6月30日発刊『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著)の内容と購入申し込みはこちら

≫≫『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

≪ラブホ専用・当日予約サービス「Buona notte」≫
当日予約に加え、事前予約も開始。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2905.pdf

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 11:22|PermalinkComments(0)