~【風俗遊歩】パチンコ終焉の時か、ラブホに注目~~【訪日外客遊歩】10月の訪日外客数、1.8%増の264万人。前年を4万人上回る~

2018年11月15日

~【ラブホ事件】ホテルで男が大暴れ、そして死亡・熊本~

 熊本のラブホテルで男が大暴れ、警察が取り押さえるも、男は死亡。いったい何が。『読売新聞』が、13日報じた。

<12日午後11時頃、熊本市北区のラブホテルの従業員から「客が暴れている」と110番>

<駆けつけた熊本県警熊本北合志署員が男性客を取り押さえたが、13日午前0時45分頃に搬送先の病院で死亡が確認された。男性は40歳代とみられ、同署が死因を調べている>

 発表では<同署員2人が通報から約10分後にホテルに到着。客室に1人でいた全裸の男性に声をかけたところ、うめき声を上げて暴れたため、手錠をかけて両手足を押さえた。その後も抵抗を続けたことから、応援の署員と計4人で男性を床に押さえつけると、意識を失った>という。

 まぁ、クスリでもやっていたか。

*昨日、ポストに手書きのハガキが。何かとみれば、「喪中につき年末年始の・・・」となり、差出人の名をみれば、女性名。「えぇ、彼が・・・」。それからというもの、晩飯もノドを通らず、ひたすら酒を飲んでいた。彼との出会いは、カラオケがブームになる、1993年頃か。彼は中央大卒で日本ビクターに、その後、ビクターがカラオケを立ち上げる時の社長でもある。そして、酒を飲み、ゴルフにお伴をした仲でもあった。実に爽やかな男、といったところか。今は、ご冥福を祈りたい。

*先日、『日本国紀』が発売された。いうまでもなく、百田尚樹(幻冬舎)の著書だ。同書は、発売前にべストセラーに、さらに発売前に2刷りが決定という、異色づくめ、総部数は30万部だという。小欄は、12日発売前の10日に入手。前半は飛ばし、江戸時代から読むことに。なかなか、面白い。「私たちは何者なのか――」とは、編集担当の有本香のヘッドコピーのようだが、これが素晴らしい。秋の夜長、お薦め本でもある。

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 10:03│Comments(0) 【ラブホ事件】 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
~【風俗遊歩】パチンコ終焉の時か、ラブホに注目~~【訪日外客遊歩】10月の訪日外客数、1.8%増の264万人。前年を4万人上回る~