~【受動喫煙防止条例】東京都で条例成立、国よりも都が先行~~【訪日外客遊歩】6月期の訪日外客数270万5千人、いよいよ年間3,000万人ペースへ~

2018年07月09日

~【NHK受信料】ソニーがNHKが映らないテレビ?発売~

 かつて、筑波大の教授がNHKが映らない装置を開発した。これは、アンテナに細工、NHKだけをカットしたもの。ところが問題は、チューナーにあった。つまり、チューナー自体にNHKの、いわば“著作権”が存在する、ということか。したがって、こうなると、NHKが映らなくも映っても、テレビがあれば受信料が発生する、ということになる。

 NHKは、宿泊業界に対して、<規約で部屋ごとの受信契約を求めており、これまでにホテルなどの事業所相手に27件の訴訟を起こしてきた><NHK敗訴の確定判決は1つもない。現在4件が係争中で、そのうち1つは、東京地裁が2017年3月、計約19億3000万円の支払いを命じた東横イングループとの訴訟の控訴審>だという(『ライブドア二ユース』)。

 偽装・捏造・フェイクニュースばやりの昨今。新聞・テレビの部数・視聴率は急落。A日新聞などは、かつて750万部を誇っていたというが、「モリカケ」で凋落、いまや300万部前後とか。お陰で、不動産で帳尻をあわせているとの情報も。テレビとて、フェイクの花盛りだ。しかし、なぜ新聞社とテレビ局は同一なのか、もう少し、放送法の実態を知る必要があろう。そんなことなら、YouTubeのニュースのほうが、はるかに有効的といえる。

 そこに出てきたのが、「ソニーのNHKが映らない」テレビということのようだ。

<話題の商品は、ディスプレイ・テレビブランド「ブラビア」から発売される「BZ35F/BZ」シリーズ。チューナーがないのでテレビ番組はみられないが、4Kの高画質に対応している。HP上では「業務用ディスプレイ」と説明されている。通販サイト「価格com」によると、最小の「43インチ」で最安値は9万3000円程度>という(『弁護士ドットコムニュース』)。
<7月6日に発売。民生用からチューナーを削除したモデルなので、地上波・衛星放送は映らないが、OSにAndroidTVを採用しているので、YouTubeやAbemaTV、TVerなどの視聴ができる>(すまほん)。

 自宅で支払、旅先・出帳先のホテル・旅館でも支払う(直接ではないにしても、ホテル所有者が支払うことになる)。しかも、殆ど観ることもなく(あるデーターによれば、その視聴率は1%もいないともいわれている)。むしろ、受益者負担にしては、いかがだろう。

 ともかく、新聞・テレビの時代は終わった、といえよう。テレビは電力の無駄。原発に反対なら、テレビこそ放送を止めるべきとも思うが。注意・先日、関西の某ホテルで、ベトナムからの留学生を週28時間以上働かせたということで、入管難民法違反にとわれ逮捕者が出ている。

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著/6月30日発刊)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

★ラブホ専用・予約サービス「Buona notte」
スマホ時代の新誘客サービス。掲載ホテル募集中!
≫≫アプリダウンロードはこちら
≫≫詳しくはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 11:17│Comments(0) 【NHK受信料】 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
~【受動喫煙防止条例】東京都で条例成立、国よりも都が先行~~【訪日外客遊歩】6月期の訪日外客数270万5千人、いよいよ年間3,000万人ペースへ~