2017年08月23日

~【ラブホ遊歩】旅館の低稼働率はなぜ、<伝統文化は変化に対応してこそ長く生き残ることができる>~

 訪日外客数の急増は、シティ・ビジネスホテルの稼働率を押し上げている(この7月の訪日客数は単月最高で268万2000人・推計値)が、一人取り残されているのが「旅館」である。先日(18日)、当ブログでレポートした、旅館における“泊食”分離でもわかるように、2016年の旅館の稼働率は、37.1%だ。一方、シテイホテルは78.7%、ビジネスホテルは74.4%となっている。

 このような状況の中、『THE PAGE』が≪旅館を外国人が敬遠する理由≫をレポートした。

 <訪日客の増加で宿泊施設はどこも満員かというと必ずしもそうではない>

 <温泉旅館の中には、あえて不便なところに立地しているところや、地方には零細旅館も多いことから、一概に比較はできませんが、リゾートホテルでも6割近い稼働率があることを考えると、やはり旅館の稼働率は低いといってよいでしょう>

 <観光庁ではこうした低稼働率の原因のひとつとして、食事の提供形態があると考えています。日本の旅館は「1泊2食付き」が基準となっていることが多く、食事と宿泊が分離されていません。これは短期の宿泊が中心となっている日本人旅行者を想定したパッケージです。しかし、訪日外国人の中には長期滞在をする人も多く、同じような食事が続く日本の旅館は敬遠されがちといわれています>

 <食事の時間について指摘する声もあります。日本の旅館は、食事の時間が決まっており、それ以外の時間には対応しないというところも少なくありません。外国人観光客は、時差がある状態で深夜や早朝に到着するケースも多く、初日はちょっとだけ軽食を食べたいといったニーズが存在しますが、こうした部分で旅館が避けられている可能性は否定できません>

 <この話はわたしたちが外国に旅行した時のことを考えれば分かりやすいでしょう。確かに現地のスタイルで現地の料理を食べることはよい体験ではありますが、あまり慣れていない食事を何日も提供されてしまうと、さすがに少々飽きてしまうというのが現実でしょう。ご飯や蕎麦、ラーメンなどが食べたくなるはずですが、これは外国人にとっても同じことです>

 <観光立国に関する書籍も執筆しているデービッド・アトキンソン氏(『新・観光立国論』/東洋経済新報社)は、多くの人が伝統的な日本文化だと信じている「旅館」のスタイルについて、「戦後、国内で増加した『団体旅行』をさばくために発展したものにすぎない」と鋭い指摘>をしている。

 <伝統文化は変化に対応してこそ長く生き残ることができます。日本旅館のあり方についても、もっと柔軟になった方がよいでしょう>という。

*予てより、一度は訪ねたいラブホテルに「ホテルA」がある。そのAからオファーがあり、過日、訪問が実現した。この「ホテルA」小欄の取材MEMOによれば、オープンは1966年(昭和41年)。今から51年前だ。40前後(?)の男3人が郊外の雑木林を切り拓き、12棟(当日確認したら7棟だった)の戸建てモーテルを開業したという。当時の建設(建築)費は、1棟・50万円とある。そのことが頭の隅にあったからか、建物・設備のイタミ具合は、想像するのに難しいものではなかった。さらにMEMOには、当時の利用料金が記されていた。宿泊・2400円、休憩・1200円だ。こうみると、現在の利用料金の有様が、問われそうでもある。この「ホテルA」を1号店としたK氏は、その後、次々と全国でオープンさせ、全盛期には140店舗の「レジャー・ラブホテル」を展開した。そうです。この3人男の1人が、2011年9月25日に85歳で世を去られた、アイネシステムの会長・小山立雄氏だ。そのホテルA、「レジャーホテル(旧名・レジャーハウス)美松(みまつ)」(埼玉・熊谷)は、現在、2000坪の敷地に23棟の戸建て。かつて、ルーム当たり(1か月)70万~80万円の売上があり、車が列をなしていたというが、当日は閑散と、蝉の鳴き声が響く。各部屋を案内されたが、50年の古さは微塵もなく、小奇麗な今風なもの。ただ、各部屋とも歴史の重みは、飾り・置物に、その栄華はあった。恐らく、テレビのお宝番組に出展すれば、高値が付きそうな品々がそこここに。さり気なく置かれている。これが歴史なのかと思わせる、品々だ。訪問の思いが叶い、帰りの電車の中では、小山会長とゴルフ場のクラブハウスで、ビールの大ジョッキを傾けていた。

≫≫6月30日発刊『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著)の内容と購入申し込みはこちら

≫≫『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

≪ラブホ専用・当日予約サービス「Buona notte」≫
当日予約に加え、事前予約も開始。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2905.pdf

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 11:22│Comments(0)【ラブホ遊歩】 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字