2017年08月18日

~【ラブホ遊歩】最賃 都道府県別概要決まる 橋を渡れば給料3万円増?~

 先月25日、<厚生労働相の諮問機関・中央最低賃金審議会の小委員会は25日夜、地域別最低賃金(時給)の今年度の改正について、全国平均で25円引上げ、848円とする目安をまとめた>としたが、昨日17日、<各都道府県の審議会が取りまとめた今年度の最低賃金の改定額を発表した>と『YOMIURI ONLINE』が報じた。

 <引上げ後の全国平均は前年度比25円増の848円。上げ幅は過去最高だった昨年度と同額。上昇率は3%で、政府目標の「3%程度」が今年も達成された>

 <この結果、新潟、鳥取、宮崎、沖縄の4県で中央が示した目安よりも1円上積みされた。新たな最低賃金の最高は東京都の958円、最低は高知、宮崎、沖縄など8県の737円。10月頃から順次、適用される>としている。

 <賃上げに伴い、非正規労働者の待遇改善が進む一方、地域間の格差が広がる>状態となっている。

 <徳島県の駐車場で早朝、約30人の派遣労働者らが4台のバスに次々と乗り込んだ。約40分かけて向かう先は、大鳴門橋(1629メートル)を渡った兵庫県・淡路島の機械部品工場だ>

 <徳島県の現行の最低賃金は全国で3番目に低い716円なのに対し、兵庫県は819円。時給で100~200円、月給では2万~3万円ほどの差が出る>という。

 政府が「最賃全国平均1000円」をいいだしたのは、2年程前か、その目標に向かって、今ジワジワと進んでいるようだ。この最賃額は、いうまでもなく通常昼間の賃金だ。「レジャー・ラブホテル」の場合、ここに夜間の割増料も加算されることになる。

*久しぶりのお盆休みで、どうも、いつものリズムが取り戻せず、脳活動が停止状態。イケません。

≫≫6月30日発刊『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著)の内容と購入申し込みはこちら

≫≫『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

≪ラブホ専用・当日予約サービス「Buona notte」≫
当日予約に加え、事前予約も開始。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2905.pdf

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 09:47│Comments(0)【ラブホ遊歩】 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字