2017年08月17日

~【ラブホ遊歩】アルメックス 楽天トラベルとの提携 遂に開始~

 昨年より、アルメックスと楽天トラベルとの提携が話題になっていた当業界。遂に始まったようだ。情報によるとここまで時間が延びた主な理由は、楽天による“ラブホテル”というカテゴリーにあるとか。なかなか難しい面もあるようだ。しかし、業界にとってみれば、あらゆる方法で集客を図ることは、急務ということであろう。「レジャー・ラブホテル」にとってみれば、NET社会の今日、間口を大きく広げ、一組でも多くの集客は必須である。「トラベルボイス」の『観光産業ニュース』も伝えた。

≪楽天トラベル、ラブホテルなど「レジャーホテル」の予約開始へ、専用サイトと業務提携で約300件を掲載≫

 <旅行予約「楽天トラベル」はこのほど、いわゆるラブホテルなどが含まれるレジャーホテル分野の宿泊予約でUSENグループのアルメックス社と業務提携を締結した。アルメックスが手掛けるレジャーホテル検索サービス「ハッピー・ホテル」掲載のレジャーホテル約300施設を楽天トラベルに掲載するもの。9月上旬より順次、予約受付を開始する>という。
 ここでいう300店舗とは、既に楽天トラベルとの提携を承知して申し込まれている「レジャー・ラブホテル」数であり、「ハッピー・ホテル」に加入している全「レジャー・ラブホテル」ではない。

 楽天トラベルのHPをみると、ホテル・ビジネスホテル・旅館などの区分はあるが、「レジャー・ラブホテル」がどの分野に入るのか、または独自の項目を設けるかは、今のところ定かではない。  
 
 今朝のメルマガで配信したが、昨日発表された7月の訪日数268万2000人は、単月で過去最高数を誇っている。このことにより、今年期は、対昨年累計(7カ月)を240万人超えとなった(推計値含む)。政府は2020年までに4000万人としているが、いよいよ現実味は増してきている、ということか。そうなれば、更なる「宿泊施設不足」は鮮明になろう。そこに「レジャー・ラブホテル」の“変革”の意味もあるようだ。売上・組数の右下がり傾向の中、業界が問われている一つである。

≫≫6月30日発刊『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著)の内容と購入申し込みはこちら

≪ラブホ専用・当日予約サービス「Buona notte」≫
当日予約に加え、事前予約も開始。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2905.pdf

≫≫『新ラブホテル経営論』の内容と購入申し込みはこちら

≫≫テイダン・ホームページトップ画面はこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 10:30│Comments(0)【ラブホ遊歩】 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字