2017年07月05日

~【ラブホ遊歩】人手不足は「宿泊・飲食」が最大・日本商工会議所調査~

「レジャー・ラブホテル」業界の人手不足は、業界人達の最大の話題だ。そのため、あるホテルでは清掃が間に合わず、お客さんを逃している場合もママあるという。その実態を裏付けるかの如き調査結果が、日本商工会議所から発表された。『キャリコネニュース』が5日伝えた。

 <日本商工会議所は7月3日、全国の中小企業を対象に行った「人手不足等への対応に関する調査」の結果を発表した。約6割の企業が「人員が不足している」と回答した>としている。

 <調査は今年3月24日~4月28日の間、全国の中小企業4072社を対象に実施。うち2776社から回答>

 <人員の過不足状況について聞くと、60.6%の企業が「不足している」と回答。「過不足はない」(35.8%)が続いた>という。

 <「不足している」と回答した企業を業種別で見ると、「宿泊・飲食」(83.8%)、「運輸業」(74.1%)が上位についている。「介護・看護」(70.0%)は不足感が高いものの、前年比では若干和らいでいる>

 <反対に「金融・保険・不動産業」(50.0%)、「製造業」(55.3%)ではまだ人手不足がそこまで深刻ではない。従業員規模別では、「101人」を超える企業で「不足している」の回答が7割を上回る>としている。

 <求める人材には、「即戦力となる中堅層、専門家」(62.0%)、「一定の経験を有した若手社員(第二新卒等)」(60.3%)の回答率が高い。新規学卒者では、「大学卒、院卒」(37.9%)、「高卒」(40.3%)と高卒者の需要が高い>

 <人員が充足できない理由には、「募集をしても応募が無かった」(63.4%)、「自社が求めた人材ではなかった」(48.0%)が挙がる。中には「内定を出し、入社したものの、定着しなかった」(27.5%)という回答もある。企業は募集だけでなく、従業員の定着についての課題を抱えている>といえよう。

 <人員不足が企業経営に与える影響については、「影響が出ている」は24.0%と、4社に1社がすでに人手不足の影響を受けていることがわかった>

 悲痛な思いの企業側の声として、<「仕事に慣れた頃、辞めてしまう社員が多い」(青森県 製造業)。「募集しても全然応募がなく、費用のみが嵩んでいる」(神奈川県 卸売・小売業>と、結んでいる。

 あるラブホテルのオーナーは、募集に際して年間、1000万円かかるという。多くは、残念ながら無駄金とみるべきであろう。

 この「レジャー・ラブホテル」の人手不足、新規の募集に力を注ぐよりも、定着率を考えるべきと説くのは、先日、弊社から発行となった『地方発 ラブホテル繁盛考』の著者・久保田正義氏だ。ご参照にあれ。
≫≫『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著)の内容と購入申し込みはこちら

*先日、人待ちで車の窓を開け、煙草を吹かしていたら、いきなり見たこともない小鳥が。右腕に止まって、やがて左膝の上に。窓を開けても出て行こうともせず、仕方なく、我が家にご招待。ワインのツマミを肴に、彼(彼女?)の鳴き声を聞いていた。変な休日となった。
*この夏は猛暑とか、お大事に。

≪ラブホ専用・当日予約サービス「Buona notte」≫
当日予約に加え、事前予約も開始。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2905.pdf

≫≫『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

≫≫テイダン・ホームページトップ画面はこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 14:09│Comments(0)【ラブホ遊歩】 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字