2017年05月23日

~【訪日外客遊歩】韓国の海外旅行一番人気は日本~

 訪日外客数が、2020年の4000万人目標に向かって、着実な動きを示していることは、この4月(257.8万人)の単月過去最高数をみれば理解できようか。もちろん、中韓の如く政治的思惑、或いは自然・人的災害も目標を変更させる要因であることは、疑う余地もないが。

 この4月の結果については、この19日の当ブログで報告済みであるが、訪日数257.8万人中、地域・国別では、韓国は55.4万人で22%を占め、ダントツの1位となっている(2位/中国・52.8万人、3位/台湾・41.3万人、4位/香港・20.9万人)。ここで、今後のテーマとなってくるのが、1位の韓国から4位の香港までが、東アジア地域ということである。もちろん、地政学的なことはあるが、“観光立国”論的にいえば、より遠方からの訪日の方が、宿泊日数が増えることは、論を待たない。この東アジアからの訪日割合は、この4月は、66.2%であったが昨年一年間を通してみても、70%前後で推移している状態だ。

 先日、韓国のインターネット旅行大手「インターパークツアー」がある調査結果を発表した。それは、<韓国人が、2回以上訪れた旅行先順位>というもの。その1位は東京であり、2位は大阪、さらに10位に福岡が入っているという。『朝鮮日報』が報じた。

<海外航空チケット予約データベースを分析した結果、日本や中国、東南アジアの都市が上位に入った>という。日本以外では<中国は上海が3位、青島が7位、北京が8位だった。4位はタイ・バンコック、5位は香港、6位はフィリピン・マニラだった>

<昨年、旅行先として人気が高かったロンドン、パリ、ローマなど欧州地域はそれぞれ16位、21位、44位となり、2回以上訪問する人は少なかった>という。

<同社は欧州の都市は距離が遠く、航空料金が高いためにリピータが少ないとみられると説明>

<同じ地域を再訪問する旅行者を年代別に見ると、30代(42.5%)が最も多く、40代(24.5%)、20代(21%)、50代(9.5%)と続いた>

<同じ地域を再び訪問する場合、観光目的だけでなく、業務や出張なども含まれているため、30~40代の割合が高いと同社は分析した。また、格安航空会社(LCC)の成長や積極的な路線拡大などによりアジア地域へのリピータ客はさらに増加するとの見通しを示した>

 なお、人口は韓国が5062万人(2015年)、中国は13億7462万人(2015年、無国籍含まず)である。


*過日、中国の旅行代理店の某氏と中国海外旅行事情について雑談。某氏曰く「以前よりも、宿泊利用料金が低下。ツアーの場合、1人当たりの料金は3300円ほど」という。この料金はラブホのショートの料金かと驚く。

≪ラブホ専用・当日予約サービス「Buona notte」≫
当日予約に加え、事前予約も開始。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2905.pdf

≫≫『新ラブホテル経営論』の内容と購入申し込みはこちら

≫≫テイダン・ホームページトップ画面はこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 10:44│Comments(0)TrackBack(0)【訪日外客遊歩】 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字