2017年05月22日

~【ラブホ遊歩】人口あたりとラブホ軒数 第1位は・・・

 21日の『NEWSポストセブン』は、<「人口10万人あたりのラブホテル軒数」で1位の宮崎は全国平均の約2.5倍。2位以下は佐賀、福島、熊本、栃木と続く>としている。<このデータは「デキ婚率」や「出産年齢」ランキングとの相関が見られ、ラブホテルが多い県は「デキ婚」が多く「出産年齢が低い」傾向がある>としている。

 そうだろうか。人口と軒数に如何ほどの相関関係があるといえるのか。むしろ、「人口とラブホテルの部屋数」と思えるのは、小欄だけか。ちなみに、引用された『SAPIO』(6月号)をみると、ワーストとしては、埼玉、愛知、東京、神奈川と続き、ワースト1の最後は兵庫県となっている。人口10万人当りのラブホテル数は兵庫県が人口10万人に対して、0.83軒となっている。

「レジャー・ラブホテル」が本格的に動き出したのは、戦後であり、1958年に施行された、いわゆる“赤線廃止”以降ということになろう。やがて経済は右肩上がりとなり、自家用車200万台(1959年)・カラーテレビの出現(1960年)へと続き、“風俗の解放”へと向かう(ピンク映画第1号といわれる「肉体の門」は1962年だ)。そして、1963年には、レジャー・ラブホテルの原型ともいえる「モテル北陸」(モーテルではない。故・中嶋孝司氏)がオープンしている。当時のモーテルの部屋数は10部屋前後(直木賞で話題になった『ホテルローヤル』・桜木紫乃・集英社)も同様であった。

 これらの、いわゆる地方のモーテルの多くは、駆体・設備の不具合が多く見られ、経営の継続が危ぶられているところも、少なくはない。

 業界が急激に拡大していくのは、1970年代後半である。当時の業界の“設計”は、ベッドメーカーであり(『人、旅に暮らす』足立倫行・現代教養文庫)、業界の設計者として登場し注目を集めたのは、亜美伊 新氏(アミ―東京デザインルーム)ではなかろうか。業界の急拡大はやがて、「新風営法」の施行(1985年)となる。当時の店舗数は、モーテル・6800店舗、ラブホテル・3919店舗となっている(当時は、業態分類は3号営業であったが、今日では、4号になっている。この3月に発表になった4号営業店舗数(2016年時)は、5670店舗である。その他にいわゆる類似といわれるのは、約2000店舗弱か)。

 これらの業界の流れには、多くの特性がある。それは、もちろん地域と店舗数でもあるが、地域と部屋数も注目すべきであろう。このデータの中で、愛知がワーストの中に入っているが、業界人の多くは、愛知・中部地方のレジャー・ラブホテルは、部屋数が多いことは了承済みだ。したがって、「人口と店舗数」の対比はあまり意味をなさない、ということになろう。

*当ブログも、先日の発信で700回となった。始めたのは、2009年11月20日、とのこと。データをみると年間約90回、週・1.7回だそうだ。お陰さまで、業界の各方面から、情報は入って来る。しかし、その中には、いわゆる“ウラ取り”が難しい場面も少なくはない。先日、あるオーナーさんと喉を潤していたら、ホテルの責任者から電話連絡。どうやら「ホテルに警察が来た」とのこと。同伴のオーナーがスマホでホテルの防犯カメラを覗くと、私服警察が10人程。どうやら、「麻薬常習犯が女連れで入室」とのこと。警察は部屋に踏み込めず、駐車場で待つらしい。まぁ、1時間後にでてきたところをパクられましたが、部屋は鑑識がくるまで使用禁止。オーナーはぶつぶついいながら、ビールから焼酎に代わっていました・・・。今後もあらゆる関係情報を発信していきますので、よろしくお願いします。

*日々、暑さも増しております。ご自愛のほどを。
≪ラブホ専用・当日予約サービス「Buona notte」≫
当日予約に加え、事前予約も開始。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2905.pdf

≫≫『新ラブホテル経営論』の内容と購入申し込みはこちら

≫≫テイダン・ホームページトップ画面はこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 11:12│Comments(0)TrackBack(0)【ラブホ遊歩】 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字