2017年05月16日

~【ホテル遊歩】加速する「変なホテル」どうなる「ラブホ」~

 2015年、「変なホテル」は、長崎「ハウステンボス」(HTB)で第1号が開業した。いうなれば、“ロボット”ホテルでもあるが、世の第4次産業革命ともいわれる、AIやらIoT等と相まって、絶大なる注目。この3月には、東京デズニー近隣に第2号店がオープンしている。

 このロボットホテルの今後の展開をH.I.Sの代表でもある沢田秀雄氏は<「変なホテル」の出店を加速する方針であることを明らかにした>と『朝日新聞デジタル』が伝えた。

 <沢田氏によると、大阪と東京では100~200室規模を想定している。具体的な立地は明かさなかったが、「ビジネス街のど真ん中につくる可能性がある」>とし、<台湾でも計画を進めている>としている。

 現在、「レジャー・ラブホテル」業界は、他のサービス産業同様、“人手不足”に悩まされている。AI・IoTの導入によって、「変なホテル」の如く、“人型ロボット”の導入は時間の問題となろう。ある情報によれば、Panasonicは洗濯からアイロンまでの業務用全自動洗濯機を開発中とのこと、また先日、トヨタ自動車は2020年までに“空を飛ぶ”自動車を開発とか。

 これらの背景にあるのは、4月10日に発表になった、国勢調査結果(国立社会保障・人口問題研究所)によろうか。この調査によれば、<2065年には総人口が8808万人と3割減少し、15歳から65歳の生産年齢人口は4529万人と4割以上低下する>としている――まぁ、50年も先には、小欄はオサラバしているが――。

 <「人口統計」をみると、50年前の高齢化率は6.3%、2015年現在26.6%になり、50年後には38.4%に達する>としている。

 しかし、2065年の日本の総人口が、8808万人になったとしても、現在のフランス(6699万人・2017年)、ドイツ(8280万人・2016年)よりも多いわけで、それほどの問題ではなかろう。

 人口減は、単にデメリットばかりではなく、我々の生活のなかには、メリットも少なからず、発生することにもなろうか。

 それにしても、AIとIoTの進化によって、どこまで社会が変化するのか、見たい気もする。50年先はトホホの気分だが・・・。

*このGW。4月末に『季刊LH-NEXT』vol.32 が予定通り、お陰さまで発刊。久しぶりにノンビリユッタリ。本屋さん回りと読書に明け暮れる――テレビを観ても、タレントやら芸人がわからず、野球を観ても、かつての選手が居らず、まったく面白くない。まぁ、女子ゴルフは名前がわからなくも、膝上2・30センチのミニスカートには、なかなかのものではあるが――。GW明け、業界人と夜な夜なアルコールを手にしたら、この土・日はダウン。このことをある業界人に話したら、一言「飲みすぎ!」と叱られた。反省です。これも、情報集めですがね。そういえば、先日、本屋さんでAIの組み立てATOMを発見。買うべきか否か、未だに悩んでいる。ボケ老人にはいいかも。

≪ラブホ専用・当日予約サービス「Buona notte」≫
当日予約に加え、事前予約も開始。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2905.pdf

≫≫『新ラブホテル経営論』の内容と購入申し込みはこちら

≫≫テイダン・ホームページトップ画面はこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 10:27│Comments(0)TrackBack(0)【ホテル遊歩】 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字