「神田村のベランダから・・・」 ~【訪日外客遊歩】6月の訪日外客数288万人、対前年同月比6.5%増~~【新・最賃遊歩】どこまで伸びる最低賃金・2019年~

2019年07月29日

~【ラブホ遊歩】未婚の男性は女性より340万人多い・・その理由~

 なにやら、最近ますます“独身男性”を目にする。いわば、“いい年をして未だに一人”という塩梅だ。
 しかし、その理由が解った。『東洋経済』が6月17日に報じたところによると、20~50代で男女比では、未婚女性よりも未婚男性は、340万人も多い、とのこと。

<日本全国の未婚女性がすべて結婚したとしても300万人の未婚男性には相手がいない>という計算になるという。もちろん、<未婚女性全員が結婚するわけではありませんから、実際にはもっと多くの男性が余るという計算になる>。これが、<「男余り現象」というもの>とか。

<15歳から74歳まで、すべて未婚男性人口のほうが多い>状況であり、<75歳以上で男女逆転しますが、それは悲しいかな、未婚男性が生涯未婚のまま寿命が尽きてしまった>からだという。

 男余りがもっとも多い県は何処かといえば、茨城県だそうだ。これは、『「ニッポン男余り現象」の正体』で、都道府県別の男余り率ランキングで発表。

 この現象は、レジャー・ラブホテルの利用頻度になにやら一致するところともなろうか。

 これは<明治時代からの統計を見ても、ほぼ出生時男女比は1.05で、男児のほうが多く産れます。1年間5%ずつ男が多く産まれ、それが40~50年継続すれば、それくらいの差分となって表れます>という。したがって、今日の男余り340万人は、しごく自然なこととも、いえそうだ。しかし、都道府県別に人口をみると、静岡が367万5000人、京都が259万9000人(2019年時)ということで、340万人の多さがどうしても目立つ。

 これらの現象は、日本のみならず、<国連の「人口統計年鑑」によれば、アメリカでも592万人(2012年)、中国では3350万人が男余りだそうだ。

 男女の数、それは即、レジャー・ラブホテル集客に影響するものと考えるが、いかがなものだろうか。

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!





teidan at 13:49│Comments(0) 【ラブホ遊歩】 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「神田村のベランダから・・・」 ~【訪日外客遊歩】6月の訪日外客数288万人、対前年同月比6.5%増~~【新・最賃遊歩】どこまで伸びる最低賃金・2019年~