~【経済遊歩】最賃違反で女社長“逮捕”~~【訪日外客遊歩】5月の訪日外客数は、277万3千人~

2019年06月13日

【ラブホ遊歩】男と女どちらが支払う、折半か

 レジャー・ラブホテル業界で、男女で使用したホテル代をどちらが支払うか。これは以前、大分話題になったことではあるが、あれは、20年近く前か、フロント前で「折半」している状況をみて、その時代の移り変わりに啞然とした記憶がある。どちらが支払うか、折半なのか、男が払うか。さまざまな男女の状況、関係ということになろう。
 
 ある記述をみると、1975年に「ラブホテルで女性が料金を支払うケースがみられる」とある。前年の大卒の初任給は、8万3138円の時代だ。まぁ、いろいろ想像はしてしまうが・・・。女性の経済・文化はより“欲望”を引き出したものともいえよう。

 そんな中、13日の『朝鮮日報』は、「デ―ト代は、男女どちらが支払うか」ということで、日本と韓国を比較している。

<「デ―ト代は男性が払うべきだ」という言葉に対して、賛成する韓国人女性は10人に1人(10.4%)だけという調査結果が出た。同じ問いに対して日本人女性は4人に1人(24.1%)が賛成だった。これは、韓国女性政策研究院が昨年7月、ソウルと東京に住んでいる25歳から44歳までの男女2000人を対象に、結婚や家族といった両国の女性の価値観などをアンケート調査した結果だ>。
<韓国には男性に経済的負担を負わせようとする女性が多い>とされてきたが、<今回のアンケート調査結果からみると間違った表現ということになる>としている。

*最近、どうも身体が優れない。何やら気候の関係か。ともかく、よろしくない。これも、寄る年並みということか。情けない。先日、免許の書き換え。知らなかったが、ある年齢(70)以上になると、<講習卒業証明>が必要とか。あわてて、講習に。さらに教習所のラインに沿って、実施。まったくもって、アホラシイ。こんなことなら、車の免許、返納するかね。最近、高齢者の事故も増えたようだしね。

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 13:24│Comments(0) 【ラブホ遊歩】 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
~【経済遊歩】最賃違反で女社長“逮捕”~~【訪日外客遊歩】5月の訪日外客数は、277万3千人~