2018年04月11日

~「風俗遊歩」今、パチンコ屋がピンチとか~

 業界内の女性パート・アルバイトのなかには、このパチンコに熱心な方々も少なくない、と聞く。そのパチンコ業界に暗雲が立ち込めているという。『Yahoo!ニュース』で、矢野経済研究所が報じた。

 <2017年12月末の全国パチンコホール経営企業数は、前年12月末比で177社減少し3244社、店舗数は420店舗減少し1万258店舗となった>という。

 <娯楽の多様化と、ここ数年のパチンコ産業に対する規制の強化などが影響し、同産業の事業環境の厳しさが分かった。今後もその傾向は、継続すると見られる>

 <駅前の好立地でにぎわっていたホールも、いつの間にか閉店しており、業界環境の厳しさがうかがえる。こうしたなか、パチンコホール経営業者の倒産件数も増加に転じた>

 <東京商工リサーチによると、2017年の「パチンコホール」倒産は29件(前年比141.6%増)で、前年の2.4倍増と急増した。倒産が前年を上回ったのは3年ぶり>

 <16年12月は非適合機種の撤去期限とされたほか、17年9月は5・9号機への切り替えが義務付けられた。余力があれば問題にならないのだが、現在のパチンコ業界にそこまでの余力はない>

 <18年2月には、出玉規制が導入された。平均の遊戯時間を4時間と想定して、1日の出玉上限を従来の3分の2の5万円分とするものだ。射幸性の低下でさらなる集客力の低下が懸念されている>としている。

 かつて、ガソリンスタンドは2000年に5万3,704店舗を数えたが、とりわけ若者の車離れが激しく、2016年では、3万1,467店舗となっている。また、ある作家は、「本屋さんと喫茶店が存在しない街には住みたくない」といっていたが、この本屋さん、2006年には1万8,000店舗であったが、2000年から2010年の10年間で、約3割、6,000店舗が減少している。時代は大きな曲がり角にきているといえよう。

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著/6月30日発刊)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

★ラブホ専用・予約サービス「Buona notte」
スマホ時代の新誘客サービス。掲載ホテル募集中!
≫≫アプリダウンロードはこちら
≫≫詳しくはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 09:58|PermalinkComments(0) 【風俗遊歩】 

2018年04月10日

~【ホテル遊歩】海上に浮かぶ球体、ツリーハウス、ユニークな宿泊施設が相次いで誕生する~

「変なホテル」で一躍業界を驚かせ、ハウステンボスを再生させた、その代表は澤田秀雄氏だ。澤田氏は、いう。「変なホテルには、300~500のロボットがいる(ある)。一体当たりは、300万から500万円。しかし、これを2年、3年と使用すれば、2分の1、3分の1という具合だ」(『変な経営論 澤田秀雄インタビュー』・講談社現代新書)。しかも、宿泊業界は、人手不足ときている。第4次産業革命の柱、AIの登場は、ロボットAIをますます向上させることになろう。

 そんな折、今度は海上(湖)に浮かぶ宿泊施設をオープンするという。『YAHOO!ニュース』が伝えた。

 <球体、ツリーハウス、旧監獄――。ユニークな宿泊施設が相次いで誕生する>。2020年のオリパラと増え続ける訪日外国人をにらんでホテルは新設ラッシュ。<この6月(15日)には民泊も全国で解禁>、しかし、簡易宿所の方が問題はあるが。<ハウステンボスは球状で水上に浮かぶ移動式ホテルを開発した。2艇あり、一方は和式、もう片方は洋式だ。直径6.4メートルの球体の中にある客室は28平方メートルで宿泊定員は2~3人。ベッドになるソファを置き、浴室や手洗い、小型甲板を備える。ボートでけん引して進む>――前回、当ブログでも、オリパラ開催時、東京湾に5隻の大型客船が、宿泊施設代りに停泊するとレポート――。

 <沖合の無人島での探検ツアーに参加する来園者が泊まれる。ハウステンボスの桟橋から夜に客を乗せ、停泊と航行を交え翌朝に島に到着、朝食を出す。春の大型連休で体験搭乗会を開き、夏にも本格運航する。本格運航時の価格は1室5万~10万円で検討する>

 <ユニーク宿泊施設では、樹木の上に設ける小屋「ツリーハウス」型も全国のキャンプ場などで新設が相次ぐ。高知県須崎市の温泉宿「そうだ山温泉『和(やわらぎ)』」は17年春に4畳半のツリーハウスを併設した離れを開いた。1日1組(2人以上)限定で、大人1人あたり2万1800円から。最近、親子連れの予約が増えている>という。

 また、<不動産サイト「東京R不動産」を運営するオープン・エー(東京・中央)は静岡県沼津市の野外活動施設跡地に17年秋、「イン・ザ・パーク」を開いた。「泊まれる公園」と銘打ち森に4つの球状テント(定員2人、1泊1室で税別1万6千円など)や宿泊棟を置いた>

 さらには<通常ならあり得ない風変わりな宿もお目見えする。ソラーレホテルズアンドリゾート(東京・港)を核とする企業連合は、20年度をめどに旧奈良監獄(奈良市)をホテルに転用する。法務省が運営権を売却した>。<旧監獄棟を改修するほか、新設のホテル、簡易宿泊型ドミトリーを合わせて約290室を整備する。ネットなどで早くも話題だ>

 <不動産サービス大手のCBRE(東京・千代田)によると、東京や大阪など主要8都市のホテル客室数は20年末までに8万室増える見込み。競争が激しさを増すなかでも、特色のある施設は集客力がたえにくい>

 <「ホテル ザ グランデ心斎橋」(大阪)はアーティストやデザイナーと組み、壁を植物で覆うなど全45室を異なるデザインにした。宿泊客がSNS(交流サイト)に写真を投稿して話題が高まり続け、16年の開業当初に90%前後だった平均客室稼働率は95%強に上昇している>という。

*この休日は、テレビ観戦でマスターズばかり。TBSも松山に賭けたのか、深夜・朝方・夜まで、マスターズ。たしかに楽しいが、同じシーンが・・・。ホトホト覚えました。只今、次号、今月末発刊(LH36号)に向けて、編集作業中。

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著/6月30日発刊)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

★ラブホ専用・予約サービス「Buona notte」
スマホ時代の新誘客サービス。掲載ホテル募集中!
≫≫アプリダウンロードはこちら
≫≫詳しくはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 12:47|PermalinkComments(0) 【ホテル遊歩】 

2018年03月20日

~【訪日外客遊歩】2月の外客数、250.9万人~

 本日(20日)・16時、2月の訪日外客数が発表になった。それによると、2月の訪日外客数は250万9千人。前年同月を47万人上回り、2月としては過去最高。ただ、昨年は1月末だった中国の春節(旧正月)休暇が、今年は2月だったことを考えると、いささか物足らなさを感じなくもない。

◎2018年・月別集計(単位:人/前年同月数・伸率%)
(*推計値・以下同)
1月:*2,501,500(2,295,668・9.0)
2月:*2,509,300(2,035,771・23.3)

計:*5,010,800(4,331,439・15.7)

◎出国日本人数(単位:人/前年同月・伸率%)
1月:1,423,727(1,295,059・9.9)
2月:*1,390,500(1,493,399・-6.9)

計:*2,814,200(2,788,458・0.9)

◎旅行収支:+2,196,600(5,010,800-2,814,200)

◎2月期国・地域別訪日ベスト10(前年同月・伸率%)
中国:716,400(509,090・40.7)
韓国:708,300(599,745・18.1)
台湾:400,900(342,951・16.9)
香港:178,500(140,622・26.9)
タイ:82,000(75,098・9.2)
米国:81,900(73,774・11.3)
豪州:45,200(40,690・11.1)
マレーシア:35,300(26,667・32.4)
フィリピン:27,500(25,795・6.6)
シンガポール:23,300(17,643・33.2)

※某雑誌で、NHKの現状を報告――その雑誌とは、対モリカケ問題でブレークした『Hanada』4月号だ。
 その中で、経済評論家の上念司氏は「純資産8,300億円 金満NHKの実態」としてレポート。その実態とは、「最近のテレビ報道において、偏向した内容の報道がふえていると思うか」と問う。多くの国民は、その報道において、「すごく増えている」・25.7%。「増えていると思う」・42.1%で、67.8%の多くの国民は、増えているとしている。
 また、純資産でみると、マツダ・富士重工業を抜き、富士通に匹敵する8,340億円となっている。さらに資産内訳では、有価証券・2,461億円、長期保有証券・946億円。特定資産・1,707億円、現預金・901億円、有形固定資産・4,279億円という具合だ。
 なお、全従業員の平均年収は、1,200万円となっている、という。どこに、どのようなビルを建てようとかってだが、国民から吸い上げた税金類の資金で4,000億円のビルとは、如何なものか。愚かな番組はやめて、天気予報・ニュースだけにしたらいかがだろう。番組・チャンネルが多すぎると思うが。フェイクニュースはいらない。

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著/6月30日発刊)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

★ラブホ専用・予約サービス「Buona notte」
スマホ時代の新誘客サービス。掲載ホテル募集中!
≫≫アプリダウンロードはこちら
≫≫詳しくはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 18:14|PermalinkComments(0) 【訪日外客遊歩】