2017年06月07日

~【ホテル遊歩】「客室備え付けスマホ」登場 600ホテルで導入~

 あれは、1985年ころだったか。既に30年以上前だ。スマホの原型ともいえる、「携帯電話・ショルダーフォン」が登場した。なぜ、記憶にあるかといえば、あるオーナーさんが、秘書という名の女性の肩に弁当箱(しかも、厚みがあるから、ドカ弁?・既に死語だ)のようなものを掛けさせ、歩きながらの通話が、どうも“異常な光景”に映ったからのようだ。今日でいえば、歩きながらのスマホだが。それにしても、イイおっさんが電車の中で、スマホでゲーム。大馬鹿ものですね。

 そんなことを想いつつ、ネット検索していたら、「ホテルの客室に備え付けスマホ」が、ときた。『ライブドアニュース』が伝えた。

≪宿泊客が無料で使えるスマホレンタルサービス「handy」7月1日開始≫

 <宿泊客が無料で使えるスマホレンタルサービスが、7月1日から始まる。「handy」は、シャープが出資した合弁会社handy japanがサービスを提供。海外の有名ホテルを中心に600ホテル、11万客室で稼働している>という。

 <ホテルの宿泊客が無料で使えるスマートフォンレンタルサービスがスタート><handyはベンチャー企業のTink Labs(ティンク・ラボ)が2012年に香港で始めたサービスで、日本ではこのTink Labsとシャープが出資した合弁会社handy japanがサービスを提供>するという。

 <handyは、ホテルの宿泊客が、客室に備え付けのスマホで国際・国内電話、データ通信を無料・無制限で利用できるサービス><すでに世界17か国で、ザ・リッツ・カールトンやヒルトン、ハイアットなど、海外の有名ホテルを中心に600ホテル・11万客室で稼働。特に、香港やシンガポールでは客室の5割以上に導入されている>という。

 <handyでは通話やデータ通信のほか、地図アプリと連動したトラベル情報をチェックすることができ、近くにあるレストランや観光情報、施設のクーポンなども提供>され、<また、handyは外に持ち出して使うことができ、日本語、英語、中国語にも対応。外出先からホテルのコンシェルジュに簡単につながるので、いざというときにも安心>だという。

 <Androidスマホであるhandyは、自分でGoogleアカウントを設定してアプリをダウンロードして使ったり、カメラで写真を撮ったりすることも可能。外部メモリーカードは搭載していないが、Googleフォトなどのクラウドサービスにバックアップして思い出を残すことができる>という。<もちろん、チェックアウト時に端末は初期化され、個人情報はすべて削除>されるという。

 その昔、自画録なる機器? システム? があった。カラーテレビが登場する前だ。これは、自分達のベッドの上の行為を自動撮影。録画を再生して観るもの。そして最後は、自動的に消去するというシステムだが、当時の録画はテープだ。このテープ、どういうわけかよく絡む、つまりは消去できずにそのマンマ。弱電業者がテープを持ち帰り、原因究明だが、まァ、画像が画像だけに、時間がかかったと聞く。このシステム、白黒で100万円、カラーで120万円したと、目黒エンペラーの里見会長から聞いた記憶がある。消去しないと犯罪に使われそうだ。

 <どの事業者の通信サービスを利用するかは公表されていないが、日本ではドコモのネットワークを利用し、You Tubeの動画をスムースに見られる速度は確保している>とのこと。<データ通信をどれだけ使っても速度制限はなく、テザリングはオプション契約となっており、テザリングが使えるhandyを設置しているかどうかはホテルによって異なる>とのこと。

 導入するホテル側のメリットは<宿泊客とのコミュニケーションがしやすくなること><ホテル側からhandyにプッシュメッセージを送れる><クーポンや割引情報などを組み合わせることでイベントやレストランに宿泊客を誘導しやすくなる>としている。

 <なお、handyの導入にかかる費用は1台あたり月額980円。これは端末代や導入教育、端末が故障などで交換になる場合の補償、コールセンターサポートも含まれて>いるという。<初期費用は無料で、1日あたりにすると、33円>とのことであった。

*過日、業界の某氏の誕生会。「飲みすぎるな」と注意を受けながらも、途中からワインになり、誕生会はどうでもよく、業界人10数人でワイワイガヤガヤ。それは、楽しい一夜であったが、完璧な二日酔い。なぁ、気をつけよう。

≪ラブホ専用・当日予約サービス「Buona notte」≫
当日予約に加え、事前予約も開始。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2905.pdf

≫≫『新ラブホテル経営論』の内容と購入申し込みはこちら

≫≫テイダン・ホームページトップ画面はこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 13:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)【ホテル遊歩】 

2017年06月02日

~【ラブホ事件】20代女性、血を流して死亡 殺人事件か・長野~

 ホテル展開をしているPの「ホテルG」か、2日午前1時45分ごろ、「女性が血を流して倒れている」と女性の知人男性から110番があったという。場所は、長野県御代田町。
『YOMIURI ONLINE』が報じた。

 <女性は所持品から20歳代とみられ、心肺停止状態で病院に搬送されたが、約1時間後に死亡が確認された。女性の全身に複数の外傷があることから、県警は殺人事件とみて捜査している>という。

 <県警佐久署の発表などによると、女性はホテル2階の客室の浴室の床で倒れていた。室内には荒された形跡がなかった。現場はJR佐久平駅から北東に約3キロで周囲に工場などが点在>している所だという。

≪ラブホ専用・当日予約サービス「Buona notte」≫
当日予約に加え、事前予約も開始。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2905.pdf

≫≫『新ラブホテル経営論』の内容と購入申し込みはこちら

≫≫テイダン・ホームページトップ画面はこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 12:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)【ラブホ事件】 

2017年05月31日

~【ラブホ遊歩】リネン代大幅カット 全自動洗濯物たたみ機『ランドロイド』登場~

 第4次産業革命といわれる今日、いよいよその波は、我が「レジャー・ラブホテル」業界にも影響を与えそうだ。その商品は、「全自動洗濯物たたみ機」(『ランドロイド』である。以前、当ブログでも触れたが、その全容が昨日の『ライブドアニュース』で明らかになった。

 現在の「レジャー・ラブホテル」業界の一般的な月当たりリネン費は、5~6%。つまり、総売上が1000万円あれば、50万~60万円ということになる。年にすれば600万~700万円だ。もちろん、リネン業者によっては、リース代を含める場合もあるため、さらに経費は増額となる。

 一方、リネン業者の現状は、いわゆる配達担当者はどうにか確保できても、工場の現場要員は人手不足が蔓延。さらに重油の価格変動に苦しめられているという状態だ。

 そこに登場してきたのが『ランドロイド』ということになる。『ライブドアニュース』はいう。

 <全自動衣類折りたたみ機『ランドロイド』が30日、予約販売の受付を開始した。衣類の山を放り込むだけで全自動で折り畳み、仕分けまでしてくれるデバイス。人工知能や画像解析の技術も融合させており、想定価格は185万円>という。

 <ランドロイドは、衣類の山を放り込むだけで全自動で折り畳み、衣服の仕分けまでしてくれるデバイスです。「衣類を折り畳むという非常に複雑なことを、シンプルな構造で実現している」というロボティクスのほか、衣類の認識と畳み方の判断には人工知能や画像解析の技術も融合させている>という。

 <開発元のセブンドリーマーズには、パナソニックと大和ハウスが出資し、製造はパナソニックが担当><開発には国立研究開発法人新エネルギー・産業技術開発機構(NEDO)による助成も受けている>という。

 このマシンの販売先は、一般の消費者ということになろうが、価格想定が185万円。いかがだろうか。そんなことより、出資の一方であり、ホテル経営の経験もある大和ハウスが参加しているのなら、ホテル・旅館をターゲットにした、業務用「全自動洗濯物機たたみ機」の開発を急ぐ必要があろう。「レジャー・ラブホテル」業界は大いに、期待したいものである。

*関東では、今日も暑くなりそうです。東京予想は29°、我がさいたまは30°。お大事に。

≪ラブホ専用・当日予約サービス「Buona notte」≫
当日予約に加え、事前予約も開始。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2905.pdf

≫≫『新ラブホテル経営論』の内容と購入申し込みはこちら

≫≫テイダン・ホームページトップ画面はこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!






teidan at 11:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)【ラブホ遊歩】