2018年05月09日

~【NHK受信料】最高裁合憲判決後、契約者急増~

 昨年12月、最高裁判決は「NHKの受信料について」合憲とした。17名の判事のうち1名の意見を聞くにとどめ、ほぼ全員一致で決定したという。

 その為か、契約者が急増、その結果をNHKがまとめたという。『朝日新聞デジタル』が報じている。

 <NHKは8日、2017年度決算(単体、速報値)で、受信料収入が過去最高の6914億円だったと発表>した。

 <144億円の増で、過去最高の更新は4年連続。受信料の支払率も初めて80%を超えた。契約数は、昨年12月に受信料の支払いを事実上の義務とする最高裁判決が出た後に急増しており、この影響も大きいとNHKはみている>

 このことにより、事業収入(いわゆる売上)は7204億円となり<2年連続で過去最高を更新。事業収入から事業支出をひいた収支差金は230億円となり、当初予算の2倍以上となった。受信料収入の増加に加え、働き方改革で職員の時間外労働が減ったことが要因>という。

 <収支差金は財政安定のための財源として繰り越す。これにより繰越金は1059億円に達する>という。

 それでなのか、なにやら560億円超えの本社ビルをつくるともいわれている。これほど大きくなる必要があるのだろうか。愚かな番組はすべてやめて、天気予報と緊急時報道のみなら、現在の職員の数は、10分の1以下で十分だろう。フェイクニュース・捏造ニュースなどはいらない。
 そういえば、民放各局に年間電波使用料を現行の3億円から5倍に釣り上げるという案に対して、各テレビ局は大反対とか。何千億円も儲けているテレビ局よ、3億円の10倍は必要と思うが。
 さらに不思議なのは、新聞社とテレビ局が合体していることだ。諸外国では、こんな利権がらみは、ないという。これも、田中角栄の置土産か。そういえば、「モリカケ」騒動でこの連休は17連休だったとか。野党よ、いいかげんにせいよ。その金でNHKに払ってほしいものだ。次に出てくるのは、いよいよA日新聞の築地ビルか。どうして築地のビルを手に入れたのか。杉並の土地と等価交換というが、いささか、怪しい。「モリカケ」よりも面白いかも。

*雑誌『LH-NEXT』vol.36号は届きましたか。いろいろご意見も届いています。ありがとうございました。

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著/6月30日発刊)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

★ラブホ専用・予約サービス「Buona notte」
スマホ時代の新誘客サービス。掲載ホテル募集中!
≫≫アプリダウンロードはこちら
≫≫詳しくはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 15:35|PermalinkComments(0) 【NHK受信料】 

2018年04月26日

「神田村のベランダから・・・」 ~【ホテル遊歩】アルメックス、「変なホテル」にロボット「ユニボ」を納入~

 アルメックス(USEN-NEXTグループ・代表取締役社長・馬淵将平氏)は、AIロボットを話題の「変なホテル」に納入することが決まった。この「変なホテル」は、この27日にオープンが予定されている「変なホテル 浜松町」だ。

 この「変なホテル」浜松町は、銀座に次いで、8店舗目か。納入されるロボットは、AIロボット<unibo(ユニボ)>だ。<本ロボットを納入した背景としては、フロントにおけるエンターテインメント性と効率性の追求ということが挙げられます。アルメックスが取り扱う『ユニボ』は、館内案内や観光案内を表情豊かに行い><宿泊客は、顔の部分の表情に驚かされるだけではなく、タッチすることで周辺の飲食店やコンビニエンスストアなど欲しい情報にたどりつけることになる>という。

<今回の取り込みでは、ホテル宿泊客への接客をより楽しく実現するため、『ユニボ』に多数の顔の表情を備えており、会話の内容に応じて豊かに表現><他にも多数のトークパターンや、周辺データを装備しているのも話題性あるホテルを支える重要なポイント><今後のグローバル展開を見据え、アルメックスでは『ユニボ』の英語対応や中国語対応も検討している>としている。

 いうなれば、多言語にかかわらず、「音声認識」をどの位できるか、ということになろうか。やがて、等身大の美女が登場したら、レジャー・ラブホテルで大いに歓迎されることになろう。期待したいものだ。

*明日、27日、『LH-NEXT』vol.36が納品されます。恐らく、皆様方のホテル・事務所には、GW明けか。ご参照ください。

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著/6月30日発刊)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

★ラブホ専用・予約サービス「Buona notte」
スマホ時代の新誘客サービス。掲載ホテル募集中!
≫≫アプリダウンロードはこちら
≫≫詳しくはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 14:11|PermalinkComments(0) 【ホテル遊歩】 

2018年04月24日

~【訪日外客遊歩】アルメックス、台湾企業と業務提携 ラブホに誘客~

 業界弱電大手のアルメックス(社長・馬淵将平氏)は、台湾の店舗予約サイト「FunNow」と業務提携したと発表した。

 この業務提携は、相互送客に関する業務提携であり、アルメックスが運営する「ハッピー・ホテル」の会員数174万人と「FunNow」の会員数40万人の合計214万人の会員が相互のサイトで予約可能になる、というもの。

 ちなみに、昨年(2017年)の外客数、2,869万人のうち台湾からは、456.4万人。今年に入ってからも、この3カ月で、113万人超えとなり、韓国・中国に次いで、第3位となっている。

 台湾は日本の約10分1の面積。人口数は、2,354万人。外国旅行者数は、1,459万人(2016年)を数える。

 一方、日本からの旅行者は、367万人(2015年)で、台湾にとっては、中国に次ぐ旅行者数となっている。

 台湾からの訪日回数を観光部門でみると、1回目がもっとも多く、19.8%。次いで2回目(18.8%)、3回目(13.1%)の順になっている。また、宿泊日数では、4~6日間がもっとも多く、73.4%。次いで7~13日間が21.6%の順となり、4~13日間で95.0%をしめている。

 これらの状況から、台湾の現状を考えれば、ますます増加傾向にあるといえよう。なお、台湾からの訪日については、電話で申し込む、ウェブサイトで申し込む、店頭で申し込む等の方法があるが、ウェブサイトからの申し込みが、50%以上となっている。

 業界の活性化のためにも、大いに期待したいものだ。

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著/6月30日発刊)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

★ラブホ専用・予約サービス「Buona notte」
スマホ時代の新誘客サービス。掲載ホテル募集中!
≫≫アプリダウンロードはこちら
≫≫詳しくはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 10:04|PermalinkComments(0) 【訪日外客遊歩】