2019年05月27日

~【ラブホ遊歩】中国で訪日の宿泊施設として・・・~

『ニコニコニュース』は、この5月24日、中国のポータルサイト百度は、日本に多数存在するラブホテルが、日本の独特な風俗を体験できる空間であると紹介する文章を掲載した。

 文章は、<ここ数年中国人の間で海外熱が高まり続けている背景には、市民の可処分所得が大幅に増加したことのほかに、さまざまな国や地域の文化、風習を体験したいという欲求が高まったことがある>としている。

 そして、<多くの中国人観光客が旅行に訪れる日本も、中国からとても近い一方で中国とは異なる部分が多く、中国人が不思議に感じる文化や習慣、風俗が存在する>と紹介。その例として日本に多数存在するラブホテルを挙げた。

 この4月、中国からの訪日客は、726,100人で、訪日客数トップとなっている。この1~4月の総訪日客数は、2,895,400人(ともに推計値)で、2位の韓国を25万人弱も上回っている。そもそも、人口、14億とも15億ともいわれるお国。お隣韓国は、5,200万人だ。かつて“爆買い”なる言葉がはやったが、今はない。

 同サイトでは、<ラブホテルについて「多くの人が、入ってみたいけれどちょっと気まずいと感じるかもしれない。しかし、そう感じる必要はない。成人であればたとえ1人であっても入ることができるのだ」と説明。その一方で、通常のホテルとは設備の点で大きく異なるとし、部屋ごとにそれぞれ違う雰囲気や設えになっており、チェックイン時に好みの部屋を選ぶことができる>と伝えた。

 また、<ラブホテルは特にプライバシーへ最新の配慮が図られており、従業員と顔を合わせることは基本的になく、部屋間の防音効果も高い>と紹介している。

 記事は<「ラブホテル」という名前のイメージよりも利用する上で敷居は決して高くはないとする一方で、「部屋の中のものを壊さないようにすることは忘れてはいけない。さもないと、面倒を引き起こすことになる」と注意も喚起。特に海外旅行ではあくまでも現地の習慣を守り、言動にはくれぐれも気を付けるべきだという常識的な心構えを改めて強調>という、なかなかの評価、紹介だ。

 しかし、インバウンド客の多くは、遠方の国からの客の方が、滞在期間も長いというのは、常識。近隣の場合は、宿泊期間は短いという欠点もある。1人当たりの消費額は20数万円というところか。そうであっても、ラブホテルをご利用いただければ、ありがたいことである。

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 11:56|PermalinkComments(0) 【ラブホ遊歩】 

2019年05月23日

~【ホテル遊歩】アルメックス、マレーシアのホテルに自動チェックイン機納入~

 USEN‐NEXT GROUPである(株)アルメックスのマレーシア法人ALMEX System Technology Asia(通称ASTA)は、5月4日にマレーシアのペナン州にある「IXORAホテル」に自動チェックイン機を納入した、という。『JIJI.COM』が報じた。

◎チェックインからチェックアウトまでストレスなく可能
<本機は、チェックイン業務に関わる受付処理やルームカード発行だけではなく、チェックアウト業務やクレジットカードによる宿泊費清算の機能も有しているため、ホテルユーザーは受付カウンターで待つことなく、チェックイン・チェックアウトをスムーズかつストレスなく行うことができる>としている。

◎ウォークインのお客様やプラン変更にも対応できる柔軟性
<予約済みのお客様に限らず、事前予約のないウォークインのお客様にも対応し、その場で自由に滞在条件やお部屋を選び、ホテルをご利用いただくことができます。また、予約時の内容には含まれていなかった朝食券等の追加機能や喫煙部屋等への変更など、プラン変更にも対応します>という。

◎東南アジア特有の対応
<チェックイン時のパスポートスキャンだけではなく、マレーシアのIDカード読取りもできることや、東南アジアで一般的なデポジット決算にも対応したクレジット端末とシステムを搭載することで、チェックアウト時の追加清算まで含めたクレジット決算を、受付カウンターに寄らずに完結できる仕組みを搭載しており、マレーシアのホテル運用に合った画面フローおよび機能を実現した>という。

<当機の導入により、ホテルからは混雑時のユーザーの受付時間短縮およびストレス解消、受付業務の軽減によるスタッフおよびホテルの生産性向上を期待されている>としている。

*同ホテルは、326室、納入された台数は1台。対応言語は、英語、中国語、マレー語、日本語だそうだが、もう少し言語のハバを広げてもいいように思える。そのことによって、日本のレジャー・ラブホテルにおいても、インバウンド用に使用することは、可能となろう。期待したいものである。

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 13:53|PermalinkComments(0) 【ホテル遊歩】 

~【ラブホ事件】客とのトラブル 支配人轢かれ 客逮捕~

 <21日、愛知県内のラブホテルで、部屋の利用をめぐって口論となった男が、支配人の男性を車ではね、逮捕されるという事件が発生>。『ニュースサイトしらべぇ』が報じた。

 報道によると、<殺人容疑で逮捕されたのは一宮市の会社員の男(34)。同日午後9時半頃、支配人の男性(36)から部屋を汚したとして注意され、口論になった>

 <男が乗り込んだ車の前に、支配人が立ちふさがったため、前後進を繰り返して、3回にわたってはねたという。この接触が原因で、男性は全治2週間のケガを負うことになった>という。

 <なお、警察の取り調べに対し、男は「覚えていない」などと供述。容疑を否認している>という。

 この記事の中で、興味を引いたのは、<しらべぇ>らしく、<全国20~60代の性体験のある男女1,284名を対象に調査したところ、「ラブホテルに行ったことがある」と答えたのは全体の66.2%。男性では67.2%、女性65.3%と、男女差はほぼ見られなかった>ということ。
 しかし、この60パーセント代、業界人としてどうみるか。その昔はもっと多かったように思うのだが、小欄だけか。

*先のGW、10連休。各ホテルさんに、その集客状況を聞いてみると、多くのホテルさんの声は、「あまり、芳しくない」というものであった。5月の売上・集客も心配ではある。

★『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著)の内容と購入申し込みはこちら

★『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 09:34|PermalinkComments(0) 【ラブホ事件】