2011年01月19日

「政令改正」届出拒否か、その真意は・・・

某月某日

「政令改正」に伴う、“風営4号”への届出期間は、余すところ12日。その間、休日もあるため、実質は10日ほどだ。この1月31日をもって、“既得権”は消滅し、「4号か新法か」という明確に2分化された形態となって、かつてのような、いわゆるグレーゾーンは、なくなる。
ところが、残り日数も少ない今日、“届出を拒否(?)”する警察本部があるという、情報が入ってきた。

 まず、飛び込んできたのは、北海道である。北海道の各所轄の中には、「ビル型は受付けるのですが、モーテル構造はまったく、ダメですね。なぜかと聞くと、『あなた方は、今現在、風営法違反しているわけだから、今回の改正以前の話だ。だから、現状では受付られない』というわけです。これは、穿った見方かもしれませんが、道警は“モーテル”を無くそうとしているようですよ。2、3の事例は確認していますが、道全体のモーテル構造のオーナーさんは、困っています」。
 一方、九州では、あるオーナーさんは「4日に届出に行ったら、30、40分の面談、それだけで“確認書”はいただけたようです。現地調査ですか? まったくナシ。私もこれから、出しに行きます。ただ、同じ九州内でも、所轄によっては、若干違いはあるようですが、まぁ、それほど煩くはないようですよ」と、オーナーさんは、いう。
 また、大阪のオーナーさんからは、「同地域の所轄であっても、受付けるホテルと受付けないホテルがあるわけですよ。同じ、ビル型ですよ。何の違いがあるのかと考えてみたら、何とオープン時期の問題みたいなのですね。これ、関係ありますかね。既に、どうもその名簿が作成されていて、単純に仕分けされているようです。オープン年でね。大阪では、客室内精算機は認められていますよ。“12月31日の状況”はどうなのですかね」と、所轄の思考を理解するのに躍起だ。
 さらに、北海道と同様な動きを示していたのが、沖縄だ。沖縄では、昨年、12月10日に県警の説明会があったが、その折、「モーテル構造は、一切認められません。したがって、受付けられません」ということであったが、各オーナーさんが所轄に説明を求めたところ、どうやら、受付ける傾向には、あるようだ。北と南の道県警は、“モーテル構造嫌い”のようである。

 今回の「政令改正」における“届出”について、混乱している最大の要因は、“所轄の担当官の無知識さ”ではなかろうか。地域の温度差どころではなく、知識のなさが混乱を助長させ、問題を拡大させているとしか思えない。さらに言えば、“担当官が全て正しい”とは言い難く、簡単な要件を複雑化させているだけでもある。
これらの混乱は、2月に入って、より“現実の状況”を目にすることになろう。

 弊社では、先日の当ブログ、或いはDMでお知らせのように、HPのトップにあるような要領で「LH-NEXT経営セミナー」を開催(2月21日)します。

 メインスピーカーは言うまでもなく、星弁護士による「4号・新法ホテルの『許されること』『許されないこと』」
の全てです。

 今月末に発刊となる『季刊LH-NEXT』vol.7(特集 2011年 新たな経営元年「4号・新法ホテルの法遵守とは」)でも解説を、お願いしておりますが、活字にできない何かが、あるかも知れません。
既に、何人もの参加申し込みをいただいておりますが、皆様に、お会いできることを、楽しみにしております。詳細は、トップページから、セミナー案内をクリックしていただければ、幸いです。

レジャーホテル・ラブホテル経営の情報発信基地
(株)テイダン 店主 湯本隆信・・yumoto@teidan.co.jp


teidan at 09:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月14日

~「政令改正」届出後の不安~

某月某日

 新年から始まった「政令改正」に伴う“4号営業”への届出は、いかがですか。
 先日、連絡があったオーナーさんによると、「三箇日明けに提出したら、すぐに調査に来るというの。いゃー、2月に入ってからだと思っていたから、ちょっと焦っていますよ。早く終わってほしいですけどね」。
 また、あるオーナーさんは「終わりましたよ。楽勝です。4日に出したら、7日に“届出確認書”がでましたよ。調査ですか。ちょっと見て終わり。何にも問題なしです。これからは、4号のメリットを十分に活かしますよ。ありがとう」と、言う。さらに、あるオーナーさんは「こちらは煩くないから、来週にでも行こうと思っています。行政書士さんに作ってもらったので、問題はないと思うけど、正月そうそう、煩わしいですよね。看板ですか。いゃー、半分撤去して、半分は塗り潰しましたけど、意外と皆さん、そのままの所もあるよね。新法でいくのかも知れないけれども、今回の『政令改正』をみると、もうグレーゾーンはないわけで、“4号か新法”でしょう。ちょっと、キケンすぎませんか」という。確かに、看板の変化は少ないようですが、大いに気にする必要があるように思いますね。

 ところで年末のことですが、某県警のトンデモ誤迷解釈が飛び込んできました。あるオーナーさんが、ベランダに来るなり、「○○県警の○○課長は、とんでもないですよ。この県では、たしか11月頃に各ホテルを廻って、調べてはいたんですがね。もちろん、“旅館業の許可書”も見せたわけですよ。その名義をね。その後、こちらは分社化・分割をした訳。そうしたら、何といったと思います。その、11月のときの名義でなければダメだと言うわけ。とんでもないでしょう。“12月31日”の状況でしょう。」と憤懣の渦。まったく、その通りです。

 今回の「政令改正」で散見できる多くの例は、“温度差”どころではなく、所轄の担当者の、いうなれば“無知識”が招いているとも言えると思うのですが、いかがでしょうか。同じ県内であっても、その“知識”の差は、少なくないようです。多くのオーナーさんの報告から、そんな風に感じました。

 ところで、既にお気づきの方々もいらっしゃると思いますが、テイダンのトップページにあるように、弊社・テイダンでは、昨年から準備に入っていた、いくつかの企画を一挙に始動させました。以下に、ご案内させていただきますので、よろしくお願いします。

≪LH-NEXT経営セミナー≫
『2011年・新たな経営元年!』
開催日・2011年2月21日
時 間・14:00~19:00
会 場・ホテルJAL CITY 田町東京
参加費・30,000円(税込)
主 催・(株)テイダン 『季刊LH=NEXT』編集部

<第1講座>
4号・新法ホテルの「許されること」「許されないこと」

講師・弁護士 星 千絵
(星先生は、この2年間「政令改正」の全てに熟知し、弊社の『季刊LH-NEXT』での常連執筆者、セミナーでの講演などで活動。今セミナーでは、グレーゾーンがなく、2つに仕分けされた“ホテルのコンプライアンス”を明確にして頂く予定です。活字にはできない、セミナーならではの話も、でてくるかも。)

<第2講座>
政令改正の対応に続く急務、「雇用・労務管理」の見直し

講師・特定社会保険労務士 柚木 徹
(4号営業店には、多くの規制枠に関連して、“ガイドライン”が存在します。そのガイドラインには、「統括管理者」「従業員に対する指導」「客の年齢確認方法等」等々があります。ここでいうところの「統括管理者」とは、“店長”“支配人”ということになるでしょう。それらの責任度合は、いわゆる新法ホテルとは比べものにならない程の、“責任と義務”が課せられてきます。それらを含めた、「雇用・労務管理」について、講演していただきます。)

<第3講座>
重要度がさらに増す人材教育・育成

講師・従業員・業務改善コンサルタント 三井 裕
(三井氏は、さまざまなサービス業の「従業員サービス研修」「業務改善コンサル」「社員の心理コンサル」等々を手掛けております。従業員のスキルアップには、必要な講演となるでしょう。)

<2011年 賀詞交歓会>
(業界の情報交換・人脈づくりに役立つ交歓会です。時間は1時間30分を予定しております。今年1年、“新たな経営元年”を頑張るために、ご利用ください。なお、各講師の皆さんも、ご参加の予定です。)


≪HOW TO フロント対面接客≫
<DVD映像マニュアル>
発 売・2011年2月1日
価 格・31,500円(税込)
予約特価・27,000円(税込・1月31日まで入金確認に限る)
仕 様・DVD/30分/小冊子:B 6版8頁
企画/制作・(株)テイダン『季刊LH-NEXT』編集部
制作協力・監修・(株)安心オペレーションズ

「政令改正」に伴い、オープンフロントでの対面接客に踏み切るホテルさんが、少なくないといわれております。しかし、これまでは“非対面”であることが、レジャーホテルの“サービス”でもあったわけです。ところが、今回の「政令改正」におけるコンプライアンスは、「いかにお客様のニーズに応える対面接客を行うか」「対面接客のなかでいかにホスピタリティを伝え顧客獲得につなげていくか」が、問題になってきます。その、集客のためのノウハウを集大成したのが、このDVDです。主な項目は、

(1)プロローグ
対面接客は、ホテルの印象を左右する

(2)オープンフロントにおける業務の流れ
従来のクローズフロントとオープンフロントの流れは、ここが違う。ケース別にみる、オープンフロントのお客様の流れと業務の流れ

(3)フロント対面接客のポイント
フロント対面接客の基本スキル
レジャーホテルゆえの注意ポイント
対面だからできるホスピタリティ
対面型フロント/ロビーの空間づくり
フロント応対でのクレームを未然に防ぐ注意ポイント

(4)オープンフロント業務マニュアルの作り方
マニュアルの作り方
参考マニュアル例

(5)付録(小冊子)
各項目のポイントを掲載


≪女性客が満足する、ワンランク上の画期的イベント企画≫
<手間いらずバレンタインセット>
・ホワイトティラミス:2個
・フローズンストロベリー:2個
・デコレーションピック:2枚
1セット/498円
1パック36セット/17,928円(税込)
※オプション、いろいろあります。

 弊社のショッピングモール姫が、年末年始、酒も飲まず(?)に考えた企画です。バレンタイン対策は、これで集客アップです。よろしく。


≪『季刊LH-NEXT』Vol.7≫
発 刊:1月31日
サイズ:A4版・約135頁
価 格:2,500円(税込・送料、手数料別)

<特集 2011年 新たな経営元年「4号・新法ホテルの法遵守とは」>

弁護士 星千絵氏をメインに「4号・新法ホテルの“許されないこと”」を易しく解説。2月からの必読書になるでしょう。その他に、「各協会・団体の本年度の活動方針」「各設計事務所アンケート」などなど、ただいま鋭意編集中です。

 なお、この1年間、セミナーにご参加あるいはショッピングモールで御買上げいただいた方々には、お手元まで、配送させていただきます。もう、暫くお待ちください。

 また、4号営業に移行されるホテル、あるいは旧4号店においても、「18禁マーク」は必要です。トップページから、ダウンロードして、ご利用ください。

寒くなりました。
風邪などに、お気をつけください。

レジャーホテル・ラブホテル経営の情報発信基地
(株)テイダン 店主 湯本隆信・・yumoto@teidan.co.jp





teidan at 17:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月12日

~新年早々、“ゲーム機”でホテル捜索~

某月某日
 YAHOO!JAPANニュースが昨日(11日)、『神戸新聞』からの報道として、<無許可でWiiなどを遊ばせていたとして神戸のホテルが捜索>されたことを、配信した。
 同ニュースによれば、<兵庫県の生田署は11日、家庭用ゲーム機Wiiなどを宿泊客に遊ばせていたとして、神戸市のホテル>(レジャーホテル)を<著作権法違反の疑いで捜索>したとしている。<ホテルの容疑は、Wiiソフト『マリオカートWii』や、プレイステーション3ソフト『バイオハザード5』などを、著作権者の許可を得ないまま宿泊客に貸し出しTVで上映した>疑い。<これは上映権侵害にあたり、この容疑で捜索を受けるのは兵庫県内で初めてのケース>という。さらに<昨年8月に、生田署が「偽装ラブホテル」の立ち入り調査を実施した際、この著作権法違反が発覚>したことを伝えている。

 かつて、映画上映については厳しく摘発、訴訟が発生したが、ゲーム機及びソフトについては、記憶にない。ゲーム機メーカーの任天堂広報室は「ゲーム機は個人用であって、業務用では一切、許可を出していない。この報道については、知らない」とのことであった。リゾートホテル、温泉旅館などにある、ゲーム機とどのように違うのだろうか、新年早々、鬱陶しい報道である。


レジャーホテル・ラブホテル経営の情報発信基地
(株)テイダン 店主 湯本隆信・・yumoto@teidan.co.jp




teidan at 17:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)