2010年03月02日

~高安富蔵さんの一周忌法要~

IMG_2439某月某日

 高安富蔵さんの一周忌法要が、先日(28日)、由緒ある宝塚ホテル(兵庫県宝塚市)で営まれた。参加者は40数名。会場には、祭壇が設けられ、住職による御経まで唱えられた。それはそれは、品のあるこざっぱりした、清楚な“偲ぶ会”でもあった。

 高安富蔵氏が亡くなられたのは、昨年の3月10日。88歳であった。
 老生が故人と始めてお会いしたのは、1980年頃か、30年ほど前である。
 当時、レジャーホテル・ラブホテル(多くはモーテルであったが・・・)の経営情報はほとんどなく、唯一あったのは、前職で開催していた“モーテル・ラブホテルの経営セミナー”であった。その講師の一人として、お会いしたのが、高安氏であったように記憶している。氏は、この2年前の1978年(昭和53年)に、近畿二府四県を対象とした「近畿ホテル旅館協同組合」(当時の厚生省環第427号)を結成し、理事長に就任、80年には第一号の「組合員名簿」を作成している。その組合員名簿をみると、組合員数は328名を数え、出資証券発行は1,200万円(1,200口)、支部数は13支部となっている。特筆すべき点は、組織内の各委員会だ。総務・物資・事業・会勢・保険・省エネルギー対策などの委員会の在り様は、これからのレジャーホテル・ラブホテルの勢いを感じさせるものでもあった。

 老生は前年に初めての業界誌(年鑑誌)、『レジャーホテル百科1982』を担当していた。担当していたとは言っても、内情は一人で創っていた、ともいえなくもない。この創刊号は、今日のレジャーホテル誌の源流とも言えようし、老生の原点ともいえる。この創刊号に高安氏は、巻頭座談会に参加してくださった。他の出席者は、「モテル京浜」の中嶋孝司氏、「目黒エンペラー」の里見耀三氏であったが、高安氏は「ホテル太閤」を始め5店舗のホテルを経営、一方で組合の理事長でもあったからか、随分と鼻息が荒かったことを、記憶している。
 この創刊号を機に、お三方には業界の全てを教わり、面倒を見て頂いて、大いに勉強させていただいた。今でも、感謝の気持ちは、忘れてはいない。何しろ、中嶋孝司氏は日本で初めての“モーテル経営者”であり、里見耀三氏は、いわゆる“ラブホテル”の開発者ともいえるわけであるからだ。
 その後も高安氏とは、たびたびお会いし、多くのホテル経営者・業者等をご紹介いただき、さまざまなアドバイスもいただいていた。

 法要の主催者である奥様の、高安順子(よりこ)さんは「私が高安と出会ったのは、彼が44歳、私が24歳の時でした。それから長い年月が経ちましたが、結婚したのは10年ほど前のことです。私は、三番目の妻でした」と、明るくいう。
 それぞれの人生には、それぞれのドラマがある。日々、大切に生きたいものだ。振り返ればお三方とも、既に今はいない。

 隣家の梅の蕾が大きくなってきました。春ももうすぐですね。お大事に。

 昨年、10月7日から開設したショッピングモール(18社・約1,500アイテム)(https://shop.lh-next.net/)が、お陰さまで好調に推移しております(弊社のネット姫こと、青木由香がニコ~)。そのご注文の時間帯を見て思わず、“お疲れさま”と言いたくなりました。なぜなら、夜中の2時・3時の注文が多いのですから。レジャーホテル・ラブホテル経営の大変さを実感しました。どうぞ、お身体を大切に。

 業界の気になる情報がありましたら、記事下の「コメント」をクリックして投稿、あるいは直接下記にメールいただければ、幸いです。
yumoto@teidan.co.jp

レジャーホテル・ラブホテルの経営情報発信基地
(株)テイダン 店主 湯本隆信



teidan at 12:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月22日

~「もしもしピエロ」2店舗、家宅捜査~

某月某日

 2月21日22時16分配信の産経新聞によれば、
<大阪府警保安課と都島署などは21日、風営法違反(禁止区域営業)の疑いで、「ホテルもしもしピエロ」のNEO桜ノ宮店(大阪市都島区)と泉大津店(大阪府泉大津市)、両店舗の経営会社(同府岸和田市)の事務所を家宅捜査したと発表>した。捜査容疑は<禁止されている区域で、室内にSM器具を設置>していた、とされ<府警によると><行政の立ち入り調査時にはSM器具を隠すよう従業員に指示する内容のメモも押収><実質経営者の男(41)から事情を聴いている>とのこと。

 これらの報道は、YOMIURI ONLINESponichi Annex などでも報じられている。

 この報道の中では触れられていないが、同ホテルは、新法ホテルであったこと。また、一部情報によれば、SMの部屋は“クローズされていた”とのことでもあり、SMの器具等の撤去の予定でもあった、というものでもあった。

 この件については、詳しく解りしだい、続報も予定している。


レジャーホテル・ラブホテルの経営情報発信基地
(株)テイダン  店主 湯本隆信


teidan at 10:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月12日

あるお見舞い

某月某日
 ある呪縛でもあるのか。実は、どうも病院というところは、好きになれない。
 老生の人生の中で“病院”というものを知ったのは、恐らく、4、5歳のときであったような気がする。当時、母親に手を引かれ、大宮駅(埼玉)の西口を西南に路地を進んだ。今から思えば然したる距離でもないのだが、子供の足には、随分と遠かったように思った。その病院は、突当りの国道の反対側に、周囲の民家を圧倒した異様な広さと大きさの建物で、存在していた。父親が入院していた、“日赤大宮病院”である。今でも、当時の病院の臭いを想い出すが、通い始めて半年もしないうちに、葬儀となったように記憶している。
 二度目は、今から10年ちょっと前。取材やら営業やらで全国を飛跳ねていた時期だ。当日は、ある大手商社が創った“ドッグパーク”の取材に、同僚とオンボロ車で、西那須まで出かけた日だった。山奥までの取材で、訳のわからない仔馬のような犬にまで馬鹿にされて、こちらはグッタリ。斯くなる上は、我が家の貧乏荒屋で一献と気も漫ろに帰宅してみると、愚妻の青白き顔。これには鈍感な老生も、訳が分からず、うろたえました。聞けば、早急に“大学病院に行け”と、紹介状を手に震えている。翌日、高層マンションを想わせる病院に入ると、そのまま入院。周囲には頭にキャップを付けた女性が多く、皆さん不安げだ。そして、愚妻は14カ月後、病院の地下の霊安室からの帰還となった。
 こんなところが、“病院”を嫌いにさせている理由かもしれない。

 ところが、先日の“お見舞い”は、それほど気の重いものでは、なかった。
入院患者には失礼だが、“ヒマつぶし”のお相手に、といったところ。その患者、S 氏は業界の弱電のエライさん。左足を複雑骨折したのだ。
 S氏とはこの2、3年、ゴルフの仲間であり、酒友でもある(我がベランダでワインを片手にゴルフ談議だ)。明るい楽しいゴルフは、酒席とて同様だ。もっとも、ドライバーでいきなり左に引っ掛ける(たびたび)と、腸が煮えくり返っている様子が、よくわかる。老生同様、“セッカチで慌てん坊”ですね。S氏の複雑骨折は、噂によれば、どうやらゴルフ場で起きたらしい。まぁ、左に引っ掛けて土手に這い上がり、下りで滑って骨折と想像するのだが、どうも不明だ。
 お見舞いの日、何を持っていくべきか、大いに悩んだ。まさか花でもあるまいし、ワインは拙いだろう。そこで、ゴルフの書籍を用意してみた。中部銀次郎(1942-2001)3冊と夏坂健(1936-2000)の2冊だ。中部銀次郎は、ご存知、アマゴルファーの神様だ。夏坂健は、“読むゴルフ”を確立させたエッセイストである。ともに“100を切る”だの、“90を切る”だのというようなお子様本ではない。
 特に、夏坂健氏とは、老生にとって想い出深い作家でもある。あれは、1996年頃か、老生がゴルフ雑誌を企画。連載の執筆を依頼したのが始まりだ。いわゆる“小太り”の氏はグルメでもあり、よく六本木の、今はない有名なレストランに連れて行っていただいた。この連載は、音羽方面の大出版社が週刊誌に連載を開始したために、休載となってしまったが、老生にとっては、忘れられない時間ともなった。
 そんな想いの書籍を小脇に抱えながら、病室を覗くと。居りました。ジャージ姿で、天井を徘徊している眼で。退屈すぎてどうしょうもない、S氏が。老生をみると、にっこり笑って、眼が生き返り、立ち上がろうとするも、左足が包帯でグルグル巻き。いゃー、痛々しいのではありますが、日頃の氏を想像すると、いささか滑稽でもありました(ごめん)。面会コーナーでの第一声は、“ところで、退院祝いコンペはいつやります?”との問いに、氏の頭の中は、日程調整に疾走していた。高い確率で、時間が解決してくれる入院、完治が大いに見込める入院は、人生の休暇と思えば、それほど悪いものでもないなー、と思いつつ、夕暮れの病院を後にした。
 なお、氏は近々退院するも、ゴルフは芝に色が着いてからになりそうだ。
 どうぞ、お大事に。

レジャーホテル・ラブホテルの経営情報発信基地
(株)テイダン 店主 湯本隆信


teidan at 17:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)