2010年05月07日

~神戸で書類送検、今度は“著作権法違反”~

某月某日
 昨日、6日23:35発の「神戸新聞NEWS」によれば、<兵庫県警生活経済課と生田署は6日、著作権法違反(上映権の侵害)の疑いで、神戸市中央区北長狭通、ラブホテル「1985」の運営会社と、経営者の男(43)と従業員ら計4人を書類送検>したと報じた。そのシステムは、著作権者の許諾を受けずに、<客の依頼を受けた従業員が、フロントのビデオデッキと客室のテレビを結ぶ配線を接続し、無料で上映。映画会社3社が2月に告訴したのを受け、同署などが3月の捜査で、映画のビデオテープなど約130本を押収>していた、というもの。このホテルでは<25年前から同様の方法で上映>していたという。

 映画の著作権については、既に10数年前から、業界での調査が進められ、殊に洋画関係の代理協会が活動している。この場合も、代理協会が警告し、金銭的に解決することなく、告訴して県警が動いたものと、推察できる。

レジャーホテル・ラブホテルの経営情報発信基地
(株)テイダン 店主 湯本隆信


teidan at 10:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月06日

(株)広宣・社長 猪狩恵一氏 急死

某月某日
5月3日、午前6時32分。(株)広宣(東京・新宿) 社長 猪狩恵一氏が、急性心不全のため、急死された。57歳。
通夜・葬儀については、以下である。
 
 通夜:10日(月)・時間18:00~19:00

 告別式:11日(火)・時間10:00~11:00

場所:桐ケ谷斎場 鶴の間
        住所:東京都品川区西五反田5-32-20
        TEL:03-3491-0213

 葬儀委員長:猪狩智史  090-3089-4387

 喪主:猪狩宏美


 ご供花についての問合せ:
 みのり生花店 
 TEL 03(3682)2081 FAX 03(3682)2082

 以上

 ご冥福を、お祈り申し上げます


レジャーホテル・ラブホテルの経営情報の発信基地
(株)テイダン 湯本 隆信


teidan at 12:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月23日

中井国家公安委員長VS 井戸正枝議員の国会答弁の中身

 先の当ブログで、中井洽国家公安委員長がラブホテルについて、民主党の井戸正枝議員の質問に答弁したことは、既に配信した。その、当日(3月12日)の議事録がアップされたので、関係個所を以下に抜粋する。

174回 内閣委員会 第3号 平成22年3月12日(金曜日)会議録

「井戸委員 民主党の井戸まさえでございます。」
「きょうは、内閣府の大臣所信のうち、まず、中井大臣がおっしゃった犯罪抑止のための総合政策の推進についてお伺いをしたいと思います。・・・大臣は、所信の中で、・・・防犯カメラというのが犯人特定につながっていったり、抑止もそうですけれども、事件解決のために非常に大きな役割を果たしていると思います。・・・例えばコンビニエンスストアだとか一般のホテルだとか、万引きの防止だったりとか自衛のために防犯カメラを設置しているところはすごく多いと思うんですけれども、問題はそこではなくて、犯人が隠れたりとか身分を明かさないようなところ、こうした防犯カメラをつけにくい、匿名性のより高いところにどうやってカメラを配置していくのかというのが問題だと思っています。・・・例えばインターネットのカフェだとかラブホテルだとか簡易宿泊所だとか、そうした匿名性の高いところに対しての対処、これについて、財政的な措置も含めてどんなふうに考えられていらっしゃるのか、」

 中井国務大臣「・・・所信で防犯カメラ設置をお訴え申し上げました。防犯カメラを設置することによって、予防そして事後の犯人検挙、・・・結果として治安の向上というものにつながって・・・特に・・・匿名性の高い旅館、インターネットカフェ、簡易宿泊所等々に徹底的に警察としてお願いをして、防犯カメラの設置をしていただく。設置はしてあるけれども顔は映らないようにしてあるとかいろいろなことをおやりになるけれども、これはひとつ、どうなんだろうということで、業界団体等も含めて指導を徹底してやっていきたいと考えております。」
 
 井戸委員「私は神戸の出身です。・・・震災から十五年がたちまして、・・・大きなお屋敷がつぶれてしまって、・・・そこのところに偽装ラブホテルというものが建てられて、風営法上のラブホテルの要件に当たるのにもかかわらず、ビジネスホテルとして旅館業法で届け出を出して、それで建てられている、・・・風営法による定義をされている届け出上のラブホテルであれば十八歳未満のお子さんたちは利用ができないんですけれども、ビジネスホテルであれば、そうした未成年のお子さんたち、十八歳以下も利用ができますので、そういう意味では、非常に、児童も含んだ犯罪なども起こっている、または、いろいろな意味で買売春の現場になっているということも指摘をされています。・・・風俗行政研究会において、ラブホテルの要件についての政令改正というものを検討していると聞いております。この政令改正で偽装ラブホテル問題というのは解決がつくのでしょうか。この届け出上のラブホテルの要件を広げることによって、今なかなか届け出ができていないところも届け出をして、きっちりと警察署の管轄の中でそれを見守っていくということになると思うんですけれども、今の取り組みの状況、そして、いつごろこの省令改正というものがなされるのか・・・」

 中井国務大臣「井戸議員の日常活動の中での偽装ラブホテル問題についての取り組み、私どもは類似ラブホテルと言っておりますが、・・・政令改正を、見直すということで取り組みをいたしておりまして、パブリックコメントの手続きがございますので、今春以降改正ができる、このように考えて・・・この改正の中では、施設外周での休憩料金の表示、玄関前における遮へい措置、個室内の自動精算機等、こういったものについて新たな盛り込みをしていきたい、そのことによって多くの偽装ラブホテルというものを排除できるように指導していきたい・・・」

 井戸委員「今、偽装として、届け出をしていないラブホテルのうち大体六割ぐらいが今回の省令改正によってラブホテルとして規定をされるというふうにも聞いているんですけれども、逆にいえば、残り四割は今のような営業形態でそのまま存続をするということは、結果的には、こうした問題、・・・近隣の方々のまさに住宅の資産価値を低めるということも・・・こうした残り四割、当たらないところに関してもしっかりとしたお取り組み・・・」

 中井国務大臣「今回の政令改正を行えば、大体六割を取り込める・・・残り四割については、旅館法あるいは建築基準法、地方の条例、・・・トータルとして対策を進めていく、・・・残されました四割の大半が、・・・防犯カメラを設置しておりません。設置しておりましても、大体、映らないようなところに設置がされておる。これを徹底的に、入り口も、裏口も、会計のところにもきちっと防犯カメラを設置してもらって、一週間保存していただく、こういったことを今指導できるようにお願いをいたしている・・・」

 これが、3月12日の議事録である。
 このニュースは、“神戸新聞ニュース”から配信されたものを、報道したが、
議事録は初めてである。

長文になったが、要点を抜粋してみた。

なお、今月末、発刊予定の『季刊LH-NEXT』Vol.4では、

特集「改めて問う、いま必要な法基準設計とは」
~グレーゾーンを仕分けする~

として、予想される“政令改正”を考えてみた。
ご期待ください。改装・リニューアルの参考になると思います。
詳しくは、後日、配信させていただきます。

なお、中井大臣のいうように、いずれ“パブリックコメント”が始まるでしょう。その時のためにも、当ページの“メルアド”に登録いただければ、いち早く情報を配信します。業界の意見を一人でも多くの方々にお知らせしたいので、知合い、関係者等のメルアド登録に、ご協力の程を。



レジャーホテル・ラブホテルの経営情報発信基地
(株)テイダン 店主 湯本隆信


teidan at 13:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)