2010年03月15日

~“政令改正”今春以降か、国家公安委員長答弁~

 3月12日、15時20分配信の『神戸新聞ニュース』は、衆院内閣委員会で中井洽(ひろし)・国家公安委員長が、“政令の規制強化”の見通しについて、答弁したことを伝えた。

<偽装ラブホ規制強化へ 国家公安委員長答弁>
<「偽装ラブホテル」問題について、中井洽(ひろし)・国家公安委員長は12日の衆院内閣委員会で、ラブホテルの基準を定める政令を「今春以降に改正できると考えている」とし、規制強化の見通しを示した。民主党の井戸正枝議員(44)=兵庫1区=の質問に答えた。>

<風営法上のラブホテルは、政令で定められている基準が回転ベッドや大きな鏡の設置など限定的で、法の不備が、兵庫県など全国での偽装ラブホテル急増の一因として指摘されている。>

<政令の基準について、中井委員長は「施設外周での休憩料金の表示、玄関などの遮へい措置、個室内の精算機設置などを新たに盛り込みたい」と述べた。>

<規制対象となる偽装ラブホテルは6割にとどまることも認め「残る4割については旅館業法や建築基準法、地方の条例などで対策を進めたい」との方針を示した。>

と、『神戸新聞ニュース』は配信したが、12日現在、他のメディアでは見られなかった。このニュースの中で、いくつかチェックしておくべきことは、
1.質問者の井戸正枝議員が、兵庫1区の選挙区であること。
1.中井委員長が挙げた項目「休憩料金の表示、遮へい措置、精算機設置」これら3点は、昨年発表された“提言”8項目の中のものである(詳しくは『季刊LH-NEXT』Vol.2・09年10月31日刊の40ページで、本誌顧問・弁護士星千絵氏が述べている)。

レジャーホテル・ラブホテルの経営情報発信基地
(株)テイダン 店主 湯本 隆信


teidan at 09:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月05日

~(社)日本レジャーホテル協会・関西本部が例会・セミナー・懇親会を開催~

(社)日本レジャーホテル協会・関西本部(本部長・中濱 博)が下記の要領で例会・セミナー・懇親会を開催することを発表した。


平成22年第1回「(社)日本レジャーホテル協会 関西本部」
例会・勉強会及び説明会のご案内

 日時:平成21年3月26日(金)
    開場・14時45分  例会15時~18時
 場所:ハービスOSAKA 6F
    大阪市北区梅田2-5-25
    GARDEN CITY CLUB OSKA
   (TEL06-6343-7770)
 会費:会 員・無料
    非会員・5000円


例 会
 第1部:15時~16時
     「(社)日本レジャーホテル協会・関西本部 例会」
     平成22年度の当協会の運営について

 第2部:16時10分~17時30分
     「対談・近畿地区における旅館業法と条例の最新解釈とは」
     弁護士・・・星 千絵 先生
     関西本部・相談役顧問・・・毒島秀夫 先生

例会終了後、懇親会を予定・・・参加費1人・5000円(業者関係者の方も大歓迎)

*なお、参加ご希望の方は、3月12日までにFAX(072-669-1127)にて、例会・懇親会の別を明記、さらに会社名・お名前・連絡先をご記入の上、お申込み下さい。


とのことである。
なお、講師の弁護士・星 千絵氏は、レジャーホテル業界の法解釈では、もっとも精通している一人であり、業界誌『季刊LH-NEXT』の常連執筆陣でもある。関西本部では、一人でも多くのオーナー・業者の方々に、参加を呼びかけている。


レジャーホテル・ラブホテルの経営情報発信基地
(株)テイダン  店主 湯本隆信


teidan at 14:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月02日

~高安富蔵さんの一周忌法要~

IMG_2439某月某日

 高安富蔵さんの一周忌法要が、先日(28日)、由緒ある宝塚ホテル(兵庫県宝塚市)で営まれた。参加者は40数名。会場には、祭壇が設けられ、住職による御経まで唱えられた。それはそれは、品のあるこざっぱりした、清楚な“偲ぶ会”でもあった。

 高安富蔵氏が亡くなられたのは、昨年の3月10日。88歳であった。
 老生が故人と始めてお会いしたのは、1980年頃か、30年ほど前である。
 当時、レジャーホテル・ラブホテル(多くはモーテルであったが・・・)の経営情報はほとんどなく、唯一あったのは、前職で開催していた“モーテル・ラブホテルの経営セミナー”であった。その講師の一人として、お会いしたのが、高安氏であったように記憶している。氏は、この2年前の1978年(昭和53年)に、近畿二府四県を対象とした「近畿ホテル旅館協同組合」(当時の厚生省環第427号)を結成し、理事長に就任、80年には第一号の「組合員名簿」を作成している。その組合員名簿をみると、組合員数は328名を数え、出資証券発行は1,200万円(1,200口)、支部数は13支部となっている。特筆すべき点は、組織内の各委員会だ。総務・物資・事業・会勢・保険・省エネルギー対策などの委員会の在り様は、これからのレジャーホテル・ラブホテルの勢いを感じさせるものでもあった。

 老生は前年に初めての業界誌(年鑑誌)、『レジャーホテル百科1982』を担当していた。担当していたとは言っても、内情は一人で創っていた、ともいえなくもない。この創刊号は、今日のレジャーホテル誌の源流とも言えようし、老生の原点ともいえる。この創刊号に高安氏は、巻頭座談会に参加してくださった。他の出席者は、「モテル京浜」の中嶋孝司氏、「目黒エンペラー」の里見耀三氏であったが、高安氏は「ホテル太閤」を始め5店舗のホテルを経営、一方で組合の理事長でもあったからか、随分と鼻息が荒かったことを、記憶している。
 この創刊号を機に、お三方には業界の全てを教わり、面倒を見て頂いて、大いに勉強させていただいた。今でも、感謝の気持ちは、忘れてはいない。何しろ、中嶋孝司氏は日本で初めての“モーテル経営者”であり、里見耀三氏は、いわゆる“ラブホテル”の開発者ともいえるわけであるからだ。
 その後も高安氏とは、たびたびお会いし、多くのホテル経営者・業者等をご紹介いただき、さまざまなアドバイスもいただいていた。

 法要の主催者である奥様の、高安順子(よりこ)さんは「私が高安と出会ったのは、彼が44歳、私が24歳の時でした。それから長い年月が経ちましたが、結婚したのは10年ほど前のことです。私は、三番目の妻でした」と、明るくいう。
 それぞれの人生には、それぞれのドラマがある。日々、大切に生きたいものだ。振り返ればお三方とも、既に今はいない。

 隣家の梅の蕾が大きくなってきました。春ももうすぐですね。お大事に。

 昨年、10月7日から開設したショッピングモール(18社・約1,500アイテム)(https://shop.lh-next.net/)が、お陰さまで好調に推移しております(弊社のネット姫こと、青木由香がニコ~)。そのご注文の時間帯を見て思わず、“お疲れさま”と言いたくなりました。なぜなら、夜中の2時・3時の注文が多いのですから。レジャーホテル・ラブホテル経営の大変さを実感しました。どうぞ、お身体を大切に。

 業界の気になる情報がありましたら、記事下の「コメント」をクリックして投稿、あるいは直接下記にメールいただければ、幸いです。
yumoto@teidan.co.jp

レジャーホテル・ラブホテルの経営情報発信基地
(株)テイダン 店主 湯本隆信



teidan at 12:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)