2011年03月07日

~韓国で“ラブホテル”問題浮上~

某月某日
「YAHOO!ニュースJAPAN」は、3月4日20時15分配信で、<「F1韓国GP、今年も宿泊はラブホテル」>の見出しで、今年で2度目となる韓国開催での宿泊不足から、“ラブホテル”を使用せざる負えないことを、報じた。

<F1 韓国GPでは、2回目の開催となる今年もラブテルに宿泊することになる関係者が出る>ようだという。

<2010年のベスト・プロモーター賞を獲得していた韓国GPだが、サーキットが未完成だったことや、運営面での不手際を指摘する声が多かった。中でも、宿泊施設が足りなかったため、チーム関係者や報道関係者にラブホテルが宿泊施設として割り当てられたことには、各国のメディアから非難が集中。地元韓国のメディアもこの問題を報じて>いた。

<韓国GPの主催者は昨年、「宿泊・交通面の問題などを改善し、来年はさらに素晴らしい大会にしたい」とのコメントを残していたが、運営委員会の責任者ジュー・ドンシクは今年もラブホテルが宿泊施設になることを認め、次のように語った。>

<「既存の宿泊施設の質を向上させた上で使用するという以外、選択肢がない状況に直面している」>

<「しかし、無料のインターネットやケーブルテレビなど、質を向上させることで、来訪者を満足させられる>という。いずれにしても、F1 という大きな大会に宿泊不足となり、“ラブホテル”を使用ということである。

*韓国のラブホテル事情については、十分に知識を持ち合わせていないが、あれは10年ほど前か、韓国の知人がソウルから車で1時間(?)ほどの所に“ラブホテル”を建設することになり、2、3回、訪れたことがあった。そこで見た韓国の“ラブホテル”は、

1)建物が大きく、部屋数が多いこと
2)建物の上部に、いわゆる「温泉マーク」が着いていたこと
3)駐車場入り口に大きな「のれん」があり、遮蔽されていたこと
 さらには、法規制では日本の風営法に非常に類似していたことを、覚えている。また、設計・デザインでは、日本のラブホテルを“部分どり”したところも、少なくなかったようだ。
 日本の場合には、ビジネスホテルなどと比べ、ラブホテルの方が、遥かに広く、快適・清潔・設備の充実した空間と思えるのだが、いかがだろうか。

*昨年から企画進行しておりました「LH-HOTEL」NAVIが、いよいよ始動し、申込み・問合せが殺到しております。
 この「LH-HOTEL」NAVIのコンセプトは、「全国、どこのホテルにも、行きたい時に、すぐ行ける」というもの。特に、4号営業ホテルでは、“野立て・誘導看板”の類は法律で禁止されているわけです。そこで、このNAVIが誘導の“武器”となるでしょう。

 いくつかの特徴を挙げてみると、

1)初めてのホテルでも迷わず行ける、ホテル専用ナビゲーションシステム(GPS機能でルート表示)
2)誰もが手軽にホテルを検索できるサイト・集客アップにつながる
3)「使いやすさ」と「わかりやすさ」を最優先
4)ホテルのアピールポイントを確実に紹介
5)ホテル経営者は手間いらずの運営管理

 というものです。
 いわば、“看板替わりのNAVI”ということですが、携帯電話で、スマートフォンで、利用は可能です。
 ちなみに、いま人気のスマートフォン各種は、年内に2,000万台に達するだろうといわれております。各家電量販店の動きをみれば、納得できますし、テレビ宣伝の量からも、推察できるでしょう。

 なお、販売代理については、弊社・テイダンが行っておりますが、その他、代理店が全国10数社で活動開始です。

 一度、携帯で、スマートフォンで、覗いてみて下さい。
 詳しくは、弊社ホームページのトップ画面の「LH-HOTEL」のQRコードから、見ることができます。

寒暖の差の大きな日々が続きます。
人々の動きが活発になってくれば、皆さんのホテルにも春は、必ずやってきます。頑張りましょう。
お身体を、お大事に。

ラブホテル・レジャーホテル経営の情報発信基地
(株)テイダン 店主 湯本隆信・・yumoto@teidan.co.jp



teidan at 09:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月01日

~社団・関西本部、「勉強会」開催~

某月某日
(社)日本自動車旅行ホテル協会 関西本部(本部長・中濱 博)では、下記の要領にて「勉強会」を開催することになった。

平成23年 第一回「レジャーホテル営業勉強会」のご案内

<1月1日より風営法の政令改正が施行され、風営法の届出を出すか出さないかで、レジャーホテルの営業方法も2分化された今、4号ホテル・新法ホテルが風営法の改正後、「許されること」「許されないこと」についての勉強会を下記のとおり開催>します。とのこと。

[日 時]
平成23年3月24日(木)
14:00~16:30
(受付開始13:30)

[場 所]
ガーデンシティクラブ大阪(TEL06-6343-7770)
大阪市北区梅田2-5-25 ハービスOSAKA 6 階

[内 容]
第1部 14:00~15:00
「法施行後の関西及び各地域の状況について」
「4号ホテル・新法ホテルの法遵守について」
第2部 15:10~16:30
「エリア別グループディスカッション」

[参加費]
正会員 1名 無料 2名より5,000円
賛助会員 1名 5,000円

<会場設営の都合上、出欠のご返事を3月17日(木)までにFAXにてご送信の方お願いいたします。なお、当日の受付は致しませんのでご了承下さい>とのこと

FAX 072-669-1127
<出席・欠席の連絡には、社名・氏名・連絡先>が必要

※なお、この「勉強会」は正会員・賛助会員向けであるが、非会員・非賛助会員の方々にも、多少の席は用意されているようです。お問い合わせください。
 まだまだ、「4号・新法ホテル」の区分が十分に認識されていないホテルさんもあるようです。勉強されることを、お薦めします。また、この「勉強会」では、地域によって条例が異なるために、「エリア別グループディスカッション」も企画されています。
 どうぞ、参考にしてください。

ラブホテル・レジャーホテル経営の情報発信基地
(株)テイダン 店主 湯本隆信・・yumoto@teidan.co.jp



teidan at 13:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

~社団・関東本部の「勉強会」締切り迫る~

某月某日
 3月に入りました。
 関東では先週、“春一番”ということで、気持ちのいい日々でしたが、昨日の2月最後の日は、何と白いものが・・・。そろそろ、啓蟄でもあるわけですが。

 ところで、既に配信したように今月17日には、「(社)日本自動車旅行ホテル協会 関東本部(本部長・清水祐侍)」主催の「勉強会」が開催されます。ホームページトップ画面の「業界ニュース」にも掲載していますが、その締切りが迫っております。まだ、若干の余裕があるようですので、ご参加をお薦めします。
 といいますのは、ご存知のように1月31日で「届出」が終了しましたが、それ以降、ある地域ではいわゆる“新法ホテル”に対して、査察が続いているようです。現に、関西方面の2つのホテルが摘発を受け、場合によっては“逮捕”までいくのではないかと、業界では噂されております。この2件についての詳細は省きますが、新法ホテルにおける「許されること、許されないこと」は明確になっているわけです。以前のように、“グレーゾーン”はなく、「4号か、新法か」ということだけです。そこに、各条例が加わるというややこしさになるわけです。
 どうぞ、少しでも多くの情報の中から、経営に活かしていただければと思うわけです。
「勉強会」の詳しい内容については、「業界ニュース」にありますので、参考にしてください。

 先日、新法ホテルを経営されている、あるオーナーさんと「フロント」の在り様について話していたら、彼のオーナーさんは「フロントはもちろん、オープンにしなければなりません。新法ホテルですから。そのオープンの状態で、お客さまの心理を少しでも和らげる方法があるわけですよ。それはね。フロントに部屋で使うもの、或いはバスルームで使うものをフロントのカウンターに同種のものを数種類おいて、お客さまに選んでもらうわけです。そうすると気持ちが“選択”の方にいって、和らぐわけです。なるべく多めに置くことが、コツですね」という。なるほどね。いろいろ工夫があるようですね。
 それで思ったのですが、弊社の「LH-NEXTショッピングモール」で人気のお風呂に浮かべる“あひる”があるわけですよ。この“あひる”、カゴに入れて、山積みにしたら、面白いかも。

 先週、弊社主催の「セミナー&賀詞交換会」は、お陰さまで無事終了しました。ありがとうございました。

ラブホテル・レジャーホテル経営の情報発信基地
(株)テイダン 店主 湯本隆信・・yumoto@teidan.co.jp






teidan at 10:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)