2017年02月22日

~【業界人の墓碑銘】ハーフムーン・山口好孝儀の「前夜式」「お別れ式」決まる~

 20日に死去された、(有)デザインスタジオハーフムーン・代表取締役 山口好孝氏の「前夜式」「お別れ式」が決まったと、関係者から報告を受けましたので、そのまま報告します。

各位
                平成29年2月22日
      有限会社デザインスタジオハーフムーン

  訃 報

弊社代表取締役 山口好孝儀 平成29年2月20日享年49歳にて永眠いたしました。
ここに生前のご厚誼に深く感謝いたしますとともに、謹んでご連絡申し上げます。
つきましては前夜式及びお別れ式を下記日程にて執り行いますので、合わせてお知らせ申し上げます。

  記

一、前夜式   
   平成29年2月28日(火) 18時より
一、お別れ式  
   平成29年3月1日(水)※
一、場所    
   名称:川越市民聖苑やすらぎのさと 第1式場
   住所:埼玉県川越市大字小仙波867番地1
一、喪主    
   山口明子(故人の妻)
一、担当連絡先 
   有限会社デザインスタジオハーフムーン
   斎藤知伸 TEL:090-6123-2669

【前夜式・お別れ式に関してのご案内】
※お別れ式は故人の遺志により親族のみで執り行いますことをお知らせします。
※誠に勝手ながらご供花の儀は固くご辞退申し上げます。

以上

≫≫『LH-NEXT』掲載の山口好孝氏の対談記事(対談相手:デコラボ・佐々木智美氏/vol.11<2012年1月31日発刊>掲載、テイダンHP「百家争論」掲載)
http://www.teidan.co.jp/news/whats-new/next10.html

ご冥福をお祈り申し上げます。



teidan at 10:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月20日

~【業界人の墓碑銘】速報・ハーフムーン・山口好孝氏(49)死去~

 本日、20日早朝、(有)デザインスタジオハーフムーン
代表取締役・山口好孝氏(49)が、死去されたという一報が入りました。氏は1967年、東京生まれ。業界のデザイン事務所・泉デザインに10年、禅デザインに1年勤務後、33歳(2000年)に現事務所を立ち上げている。この数年間、体調宜しくなく、入退院のなか、今朝、病院で亡くなられた模様。

なお、お通夜・葬儀等については、現段階で未定。

ご冥福をお祈り申し上げます。


teidan at 13:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

~【訪日外客遊歩】外客増でも主要ホテル稼働下降~

 昨年、2016年度の訪日外客数は、2403.9万人。これは前年、2015年度よりも400万人(15年・1973.7万人)万人以上増加している。ところが、東京及び大阪の主要ホテルの稼働率は前年を下回っているという、2016年の結果を『日本経済新聞』(2/17)が報じた。

≪ホテル稼働率 上昇一服 16年、東阪で前年下回る≫

<2016年の平均は東京が83%、大阪89%といずれも前年を下回った。年間の訪日外国人客数は過去最高を更新したが、一方でホテルの新設ラッシュや「民泊」など他の宿泊施設の増加で供給余力が高まったことが背景>にあるとみられている。

<日本経済新聞がまとめた16年の東京都内の主要18ホテルの平均客室稼働率は83.0%と前年比1.5ポイント低下した。18ホテル中13ホテルが15年の水準を下回った。15年は14年比プラスだった>

<パレスホテル東京(東京・千代田区)は客室単価を年平均で5千円程度引上げ、客層を絞ることでホテル全体に快適性を持たせる戦略を取った>そのため<客室稼働率は83.2%と0.7ポイントさがった>という。

<帝国ホテル(東京・千代田区)も76.2%で1.8ポイント低下>

<大阪市内の主要12ホテルの平均客室稼働率は89.1%と15年比1.3ポイント下がった。前年割れは5年ぶり>とか。

<帝国ホテル大阪は法人向けの報奨旅行は堅調だったがレジャー需要が減り、16年は82.2%と3.8ポイント低下した。シェラトン都ホテル大阪は改修工事の影響もあったが、稼働率は9割前後で前年より5ポイント程度下がった。「訪日客による宿泊需要が過熱した15年の水準で料金を設定したが団体客が振るわなかった」という。レジャー客の割合が高い大阪では、訪日団体客の減少を個人客で補えなかったことも影響したもようだ>としている。

*昨年、10~12月、「レジャー・ラブホテル」から“インバウンドホテル”に業態変更したホテルでは、団体客がバッタリ減少し、再度、「レジャー・ラブホテル」に変更したホテルもある。また、韓国に見られるように、国家間の政治問題で、渡航先をクローズさせる場合もある。これらのリスクを軽減させるためには、特定の国・地域のみならず、広い国・地域からの来場の策を考慮する必要が急務となろう。予約システムを例にとれば、間口を広くするために、より多くのアプリを採用することであろう。

*この3月1日は、弊社の「セミナー&交流会」。既に多くの方々の参加申込みをいただいております。有難いことです。現在、講師の方々のテキストを編集中ですが、そのなかの一つに、インバウンドを取入れている「レジャー・ラブホテル」もあります。その実態を報告できるのも、今後のラブホテルの有様を示唆するものと思います。ご参考にしていただければ、幸いです。お会いできますことを、楽しみにしております。

≪ラブホ専用・当日予約サービス「Buona notte」≫
当日予約に加え、事前予約も開始。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2905.pdf

≫≫『新ラブホテル経営論』の内容と購入申し込みはこちら

≫≫テイダン・ホームページトップ画面はこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 09:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)【訪日外客遊歩】