2017年08月18日

~【ラブホ遊歩】観光庁、旅館業界に“泊食分離”促す~

「レジャー・ラブホテル」業界に“食”が入ってきてから大分時間は経過した。あれは、関西の業者さんだったか、「レジャー・ラブホテル」用にアレンジした食材を全国的に展開したことにより多くのホテルに導入された。さらには、「休憩=2時間」の定義(?)が壊れたのも大きな要因ともいえようか。

 今日では、画一的な食材に満足せず、特異なメニューを提供するホテルも少なくはない。昨日の「嶋ちゃんのワンポイントアドバイス」ではないが、「レジャー・ラブホテル」の飲食は、仕入れ原価に大幅に上乗せするのではなく、原価に近い価格で提供するのが、“ミソ”のようだ。集客・売上が好調な国立(東京)のあるホテルの場合は、ワインを仕入れで提供し、集客に弾みをつけているとさえ、いわれている。「レジャー・ラブホテル」が飲食で売上を伸ばそうというのは、本末転倒ともいえようか。

 そんな中、観光庁は旅館業界に対して、“泊食”の分離を促しているという。『日刊工業新聞』が報じた。

 <観光庁は16日、旅館業界に対して部屋料金と食事料金を別建てとする「泊食分離」の導入を促していく方針を明らかにした。日本の多彩な食文化を楽しみたい長期滞在の外国人旅行者らのニーズに対応し、旅館の稼働率を上げる狙いがある。将来的にモデル地区を指定し、宿泊客が利用する飲食店の誘致にも取り組む考え>だという。

 <2016年の宿泊旅行統計調査によると、客室稼働率はシティホテルが78.7%、ビジネスホテルが74.4%、であるのに対し、旅館は37.1%>だったという。

 <現在、日本の旅館は「1泊2食付き」が主流。観光スタイルが多様化し、長期滞在の外国人や個人の旅行者が増加する中、似たような食事が続く「1泊2食付き」は敬遠されがちで、稼働率低下の一因となっている。一方、旅館は日本の伝統文化を体験できる上、景観の優れた場所に立地していることが多く、潜在的な集客力は大きい>としている。

 しかし、景観のよろしい旅館集落に、場違いな飲食店の出現は興ざめでもあるが・・・。

≫≫6月30日発刊『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著)の内容と購入申し込みはこちら

≫≫『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

≪ラブホ専用・当日予約サービス「Buona notte」≫
当日予約に加え、事前予約も開始。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2905.pdf

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 12:55|PermalinkComments(0)【ラブホ遊歩】 

~【ラブホ遊歩】最賃 都道府県別概要決まる 橋を渡れば給料3万円増?~

 先月25日、<厚生労働相の諮問機関・中央最低賃金審議会の小委員会は25日夜、地域別最低賃金(時給)の今年度の改正について、全国平均で25円引上げ、848円とする目安をまとめた>としたが、昨日17日、<各都道府県の審議会が取りまとめた今年度の最低賃金の改定額を発表した>と『YOMIURI ONLINE』が報じた。

 <引上げ後の全国平均は前年度比25円増の848円。上げ幅は過去最高だった昨年度と同額。上昇率は3%で、政府目標の「3%程度」が今年も達成された>

 <この結果、新潟、鳥取、宮崎、沖縄の4県で中央が示した目安よりも1円上積みされた。新たな最低賃金の最高は東京都の958円、最低は高知、宮崎、沖縄など8県の737円。10月頃から順次、適用される>としている。

 <賃上げに伴い、非正規労働者の待遇改善が進む一方、地域間の格差が広がる>状態となっている。

 <徳島県の駐車場で早朝、約30人の派遣労働者らが4台のバスに次々と乗り込んだ。約40分かけて向かう先は、大鳴門橋(1629メートル)を渡った兵庫県・淡路島の機械部品工場だ>

 <徳島県の現行の最低賃金は全国で3番目に低い716円なのに対し、兵庫県は819円。時給で100~200円、月給では2万~3万円ほどの差が出る>という。

 政府が「最賃全国平均1000円」をいいだしたのは、2年程前か、その目標に向かって、今ジワジワと進んでいるようだ。この最賃額は、いうまでもなく通常昼間の賃金だ。「レジャー・ラブホテル」の場合、ここに夜間の割増料も加算されることになる。

*久しぶりのお盆休みで、どうも、いつものリズムが取り戻せず、脳活動が停止状態。イケません。

≫≫6月30日発刊『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著)の内容と購入申し込みはこちら

≫≫『新ラブホテル経営論』(嶋野宏見・著)の内容と購入申し込みはこちら

≪ラブホ専用・当日予約サービス「Buona notte」≫
当日予約に加え、事前予約も開始。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2905.pdf

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 09:47|PermalinkComments(0)【ラブホ遊歩】 

2017年08月17日

~【ラブホ遊歩】アルメックス 楽天トラベルとの提携 遂に開始~

 昨年より、アルメックスと楽天トラベルとの提携が話題になっていた当業界。遂に始まったようだ。情報によるとここまで時間が延びた主な理由は、楽天による“ラブホテル”というカテゴリーにあるとか。なかなか難しい面もあるようだ。しかし、業界にとってみれば、あらゆる方法で集客を図ることは、急務ということであろう。「レジャー・ラブホテル」にとってみれば、NET社会の今日、間口を大きく広げ、一組でも多くの集客は必須である。「トラベルボイス」の『観光産業ニュース』も伝えた。

≪楽天トラベル、ラブホテルなど「レジャーホテル」の予約開始へ、専用サイトと業務提携で約300件を掲載≫

 <旅行予約「楽天トラベル」はこのほど、いわゆるラブホテルなどが含まれるレジャーホテル分野の宿泊予約でUSENグループのアルメックス社と業務提携を締結した。アルメックスが手掛けるレジャーホテル検索サービス「ハッピー・ホテル」掲載のレジャーホテル約300施設を楽天トラベルに掲載するもの。9月上旬より順次、予約受付を開始する>という。
 ここでいう300店舗とは、既に楽天トラベルとの提携を承知して申し込まれている「レジャー・ラブホテル」数であり、「ハッピー・ホテル」に加入している全「レジャー・ラブホテル」ではない。

 楽天トラベルのHPをみると、ホテル・ビジネスホテル・旅館などの区分はあるが、「レジャー・ラブホテル」がどの分野に入るのか、または独自の項目を設けるかは、今のところ定かではない。  
 
 今朝のメルマガで配信したが、昨日発表された7月の訪日数268万2000人は、単月で過去最高数を誇っている。このことにより、今年期は、対昨年累計(7カ月)を240万人超えとなった(推計値含む)。政府は2020年までに4000万人としているが、いよいよ現実味は増してきている、ということか。そうなれば、更なる「宿泊施設不足」は鮮明になろう。そこに「レジャー・ラブホテル」の“変革”の意味もあるようだ。売上・組数の右下がり傾向の中、業界が問われている一つである。

≫≫6月30日発刊『地方発 ラブホテル繁盛考』(久保田正義・著)の内容と購入申し込みはこちら

≪ラブホ専用・当日予約サービス「Buona notte」≫
当日予約に加え、事前予約も開始。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2905.pdf

≫≫『新ラブホテル経営論』の内容と購入申し込みはこちら

≫≫テイダン・ホームページトップ画面はこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 10:30|PermalinkComments(0)【ラブホ遊歩】