2017年04月25日

~【ラブホ遊歩】中国のメディア ラブホ絶賛 インバウンド対策急務か~

 昨年一年間の訪日外客数は、2403万人。うちアジアからは2042万人(約85%)。さらに国・地域別のベスト1は、中国からで637万人を数える。全体に占める割合は約27%だ。今年の3か月間トータルでみても、164万人で韓国(171万人)に次いで、2位の訪日数を誇っている。やはり、人口数――13億7462万人(2015年)・ただし、近年まで続いた「一人っ子政策」によって、無国籍人口が1億人ともいわれている――ということか。

 その中国の大手メディア『今日頭条』が、日本のラブホテルを絶賛する記事を掲げた(4月25日)。

<大きな駅の近く、そして高速道路のインターチェンジ付近でよく見かけるラブホテルの照明は、日本の現代社会におけるシンボルの1つと言えるかもしれない>とし、<日本のラブホテルの利用方法と、その便利さ、快適さについて紹介する記事を掲載した>

 <記事は「日本人のやることは、世界で見ても独特。彼らはさまざまな発明もしてきているが、ラブホテルもその1つだ。このホテルは非常に便利なうえ、利用客のプライバシーも守られている。もし休息する場所を探しているのであれば、ここもいい選択肢の1つになる」と説明したうえで、実際に利用してみた様子を紹介>している。

 <まず、大概のラブホテルには駐車場があり、各駐車スペースには自動車のナンバーを隠すプレートが置いてあり、他人からナンバーを認識されずに済むようになっていると紹介。また、客のプライバシーを保護するため、スタッフと会わずに入室できるシステムが備わっているとし、入口のパネルを操作して好みの部屋を選び、価格を確認するだけでチェックインが完了し、その部屋のロックが解除されて入室できる>としている。

 さらに<「ラブホテルと言えども、部屋の中はとても清潔であり、普通のホテルと何ら変わりない。タオルや洗面用品などのアメニティーが一通り揃っている。異なるのは、コンドームが置いてあったり、成人用品の販売があったりするくらいだ」と説明。備え付けのテレビでは動画やインターネット、カラオケなどを利用することができ、部屋の温度や照明も自由に調整できると紹介している。ルームサービスを頼めば入口のボックスに届けてくれ、浴室は「少なくとも大人2人が入れるほど大きい」と報じた。

 さらに、<チェックアウトや支払いも無人で済ませることができることも紹介し、「本当に便利に感じる。これから、どんどん人間の労力は必要なくなるのではないだろうか」と結んでいる>

 しかし、この記者が今話題の「変なホテル」に行ったら、どう感じるだろうか。腰を抜かす姿が、想像できよう。

 なお、中国の海外旅行デ―タをみると、団体旅行が56.2%。個人旅行は43.8%に止まっている。外客全体では、団体旅行・33.5%、個人旅行・66.5%からみると、中国の個人旅行はまだまだこれからのようだが、アルメックスの海外向けレジャー・ラブホテル専門WEBサイト<Loveinn Japan>の予約機能の一日も早いアップが待たれるところだ。

*どうも、最近の本屋さんはおかしい。もちろん、年間500店舗も閉店しているという、情けない事情は知っているが、それにしても、仕入れは取次任せすぎないか。先日もある単行本を求めて本屋さん回り、3軒目の大型店でやっと購入。“本屋大賞”の時間があるなら、もっと消費者の品揃えに時間を割いてほしいものだ。購入した本ですか。『血と肉』(中山咲・河出書房新社)。その帯に曰く「不倫相手の子どもをひとりで産むと決意し、古ぼけた海辺のラブホテル『コート・ダジュール』に住み込みで働くことになった光海(みつみ)。オーナーの老婆・頼子さんは上品で優しいが、ある日、ホテルの一室で行っているという怪しげなミサに光海を誘う。子どもの父親の家庭をぶち壊したと告白した光海だが、いっぽう頼子さんにも過去に大きな「罪」を犯していた・・・」というもの。読むのはこれからだが、楽しみが増えた。

≪ラブホ専用・当日予約サービス「Buona notte」≫
当日予約に加え、事前予約も開始。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2905.pdf

≫≫『新ラブホテル経営論』の内容と購入申し込みはこちら

≫≫テイダン・ホームページトップ画面はこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 13:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)【ラブホ遊歩】 

2017年04月21日

~【外客遊歩】訪日外客増の背景 台湾調査から~

 この3月期の「訪日外客数」は、既報(19日)のごとく、220万5700万人(推計値)。このうち、東アジア(中国・韓国・台湾・香港)からは、約150万人だ。割合では、68.1%を占める。この割合は、前年同期(67.7%)とほぼ同率となっている。これは、日本が観光立国に近づきつつある、というよりも単なる地政学的なものともいえよう。

 こんな中『Record China』は、台湾人の「日本好き」調査結果を発表した。

 <台湾メディアは18日、旅行先として日本が人気の理由を報じた。約1000人の台湾人への調査では、86%が「日本旅行が好き」と回答。>その理由として<「治安が良く、秩序があり、清潔」が77%で最多>だったという。

 <台湾メディア・中時電子報は18日の記事で、旅行先として日本が台湾で人気の理由について>報じた。

 <スカイスキャナーが3月に台湾の約1000人を対象に行った調査によると、86%が「日本旅行が好き」だと答えた>という。<過去1年に訪日観光した人は71%で47.7%が複数回訪れたと答えるなど日本の人気度>が見える。

 <日本旅行が好きな理由では、「治安が良く、秩序があり、清潔」の項目を選んだ人が77%に達し、景色や便利な交通、グルメなどが続いた。大型連休では台湾の人のみならず中国人観光客も多く日本を訪れるとみられる>

 ところで、この東アジアの4カ国の人口と訪日数をみると、

<中国:13億7462万人(2014年)・637万人(2016年)>約0.46%
<韓国:5062万人(2015年)・509万人(2016年)>約10.05%
<台湾:2349万人(2015年)・416万人(2016年)>約17.70%
<香港:731万人(2015年)・183万人(2016年)>約25.03%

 という具合だ。当分、東アジアからの訪日割合は、主流となろう。「レジャー・ラブホテル」業界のインバウンドにおいても、対言語・対接客において東アジア4カ国は、中心的存在といえる。今後、変化が見えるということになれば、ツアー客から個人客への移行ということになろうか。

このGWの動きがどうなるか興味があるところといえる。

*お陰さまで、『季刊LH-NEXT』も今月刊行予定で最後の追い込み。明日は、どうにか休日。美味しい本でも読みたいところでもあります。

≪ラブホ専用・当日予約サービス「Buona notte」≫
当日予約に加え、事前予約も開始。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2905.pdf

≫≫『新ラブホテル経営論』の内容と購入申し込みはこちら

≫≫テイダン・ホームページトップ画面はこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 10:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)【訪日外客遊歩】 

2017年04月19日

【訪日外客遊歩】3月期の訪日数発表、220.6万人

 19日、日本政府観光局(JNTO)は、3月期の訪日外客数を発表した。それによると、訪日数は220.6万人。3月期としては、過去最高数を記録(2016年は201万人)した。増加した背景を<航空路線の新規就航・増便、クルーズ船寄港数の増加>等としている。市場別では<米国市場が単月として過去最高を記録。フィリピン、豪州、英国、スペインを除く、15市場が3月として過去最高を記録>している。

◎2017年・月別集計(単位:人/前年同月数・伸率%)
(*推計値・以下同)
1月:2,295,668(1,851,895・23.96)
2月:*2,035,800(1,891,375・7.6)
3月:*2,205,700(2,009,549・9.8)
計:*6,537,200(5,752,819・13.6)

◎出国日本人数(単位:人/前年同月・伸率%)
1月:1,295.059(1,276,297・1.5)
2月:1,493,397(1,330,972・12.2)
3月:*1,739,000(1,550,637・12.1)
計:*4,527,500(4,157,906・8.9)

◎3月期:国・地域別訪日ベスト10(前年同月・伸率%)*
中国:509,000(498,054・2.2)
韓国:488,400(374,057・30.6)
台湾:339,900(328,400・3.5)
香港:164,500(160,954・2.2)
米国:130,900(116,207・12.6)
タイ:111,500(99,692・11.8)
マレーシア:43,700(38,224・14.3)
豪州:40,000(41,763(‐4.2)
インドネシア:36,000(26,764・34.5)
フィリピン:34,900(37,525・‐7.0)

*最近、文庫よりも四六版のいわゆる単行本を購入する機会が多い。もちろん、「書き下ろし文庫本」ということになるとそういうわけにはいかないが、通常、その昔、一つの作品は「雑誌」に連載され、単行本となり、何年か後に文庫本となったが、昨今では即文庫本となって、単行本になる時間もない。先日、『夜の谷を行く』(桐野夏生・文藝春秋)と『犬の報酬』(堂場瞬一・中央公論新社)を購入。共に単行本だ。桐野夏生の作品は、かつて『OUT』(文藝春秋)で感激し、続けて出版された『IN』(集英社)にガッカリし、このところ読まなかったが、『夜の・・・』は、タイトルではないが、空気が重すぎるが、活字人間の団塊世代をターゲットにした作品ともいえる。事の発端は、40年前の1971年。学生運動後期だ、あの「連合赤軍派事件」は勃発し、「あさま山荘」(72年)立て籠りへと続く。それから40年後の今日、60を過ぎた元赤軍の老婆が当時からの40年を振り返る。家族・兄弟と絶縁し、安アパートで独り暮らし。唯一の妹・姪とも切れ、そこに登場してくるのが・・・。
『犬の・・・』は、近未来の自動自動車事故から、物語は展開する。組織の中の個人、正義と言う名の欲。AI・IoTの物語を覗く。それにしても、近年、書店の閉店が続いている。全国で年間500店舗以上とか。書店のない市町村、全国で332地域。そんな街に住みたくはない。

*関東は夏日か。気候の変り目。お体を大切に。

*本日19日は、とても大切な知人の命日。あれは、13年前の2004年だったか。入院中の病院を抜け出し、銀座で合流。顔の黒さが病名を知らせるも、本人は毎週末の海外での海辺での話。3軒ほどのクラブを回って、ニューボトルをキープ。どういうわけか、タッグの名前は小欄に。6丁目と7丁目の交差点で別れたが、彼は、夏には早いのに白のスーツ(冬でもそうだった)で後ろ向きに右手を振った。それが、最後の別れとなった。ありがとう、Iさん。今度の休日には、船橋までドライブの予定。ボトルは禁止だろうから、お花にします。でも、アサヒのビールなら許されるかな。アサヒの顧問弁護士だったか。

*もう少しで、『季刊LH-NEXT』vol.32 の編集作業も無事終わる。ガンバロウ。

≪ラブホ専用・当日予約サービス「Buona notte」≫
当日予約に加え、事前予約も開始。スマホ時代の新誘客サービス!
★掲載ホテル募集中★
≫≫アプリダウンロードはこちら
http://www.notte.me/download
≫≫詳しくはこちら
http://www.teidan.co.jp/wp/wp-content/uploads/2905.pdf

≫≫『新ラブホテル経営論』の内容と購入申し込みはこちら

≫≫テイダン・ホームページトップ画面はこちら

レジャー・ラブホテル経営の情報発信基地
http://www.teidan.co.jp
(株)テイダン 店主 湯本隆信
yumoto@teidan.co.jp



kanban-web02

LH-NEXTショッピングモール

レジャーホテル/ラブホテル/各種ホテル・旅館に関連する商品を掲載する、業務用のネットショッピングサイト

365日・24時間、毎日が展示会・即売会!




teidan at 16:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)【訪日外客遊歩】